講演会情報です。
2018.12.14
労災医療研修会(平成30年度第2回)
(1) 茂松 茂人
(2) 2018年12月14日(金) 14:00〜16:00
(3) 大阪府医師会館(大阪府), 300名
(4)
1.従業員の安全と健康の向上と健康経営の推進[14-5]
大阪ガス(株)人事部大阪ガスグループ健康開発センター統括産業医 岡田 邦夫
2.勤労者の腰痛診断と新しい治療アプローチ[7]
大阪労災病院部長 岩崎 幹季
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位 1,000円
(7) 茂松 茂人
〒567-0851 大阪府茨木市真砂3−12−19 茂松整形外科 (072-633-8801 )
(8) 認定番号18-2422, 2018.08.08受付

2018.12.8
(R)(SS)中津整形外科病診連携の集い(第7回)
(1) 大橋 弘嗣
(2) 2018年12月08日(土) 15:15〜17:15
(3) 梅田スカイビルタワーウェスト(大阪府), 100名
(4)
1.人工股関節全置換術〜より低侵襲で確実な手術を目指して[6]R
大阪府済生会中津病院整形外科医長 南 義人
都市型整形外科クリニックにおけるリウマチ骨粗鬆症診療[6]R
てんじん整形外科リウマチ科院長 史 賢林
2.骨粗鬆症椎体骨折の骨癒合判定と治療[4]SS
市立豊中病院整形外科医長 柏井 将文
(5) 1演題1単位 (演題2) 2演題1単位 (演題1)
(6) 1単位 1,000円
(7) 大橋 弘嗣
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2−10−39
大阪府済生会中津病院 (06-6372-0333 )
(8) 認定番号18-2502, 2018.09.13受付


2018.12.6
日本マイクロサージャリー学会(第45回)
(1) 亀井 譲
(2) 2018年12月06日(木)〜2018年12月07日(金) 08:30〜17:30
(3) 大阪国際交流センター(大阪府), 800名
(4)
1.Microsurgical Approach in Complex Traumas of the Lower Leg[2][12]
Iuliu Hatieganu Cluj Napoca医科大形成・再建外科教授Alexandru Valentin Georgescu
2.Nerve Transfer and Reconstruction for Shoulder Function in Brachial Plexus Injury[8][9]
Chief of Institute of Orthop., Lerdsin hospital, Bangkok, Thailand
Somsak Leechavengvongs
3.外科医とメディカルイラストレーション[14-5]
唐津赤十字病院病理部部長 明石 道昭
4.Muscle, from microsurgeon's veiw point[8]
Prof., Dept. of Plastic Surg., Ajou Univ. Medical School
Myong Chul Park
5.
きれいな指の作り方ーWrap around flapにおける工夫と小技集ー[10]
関西電力病院形成再建外科部長 松末 武雄
一般整形外科医が行う手の外傷治療に必要なマイクロと創外固定のテクニック[10]
正峰会大山記念病院整形外科部長兼形成外科部長 照喜納 光信
6.
基礎研究から見える人工神経の展望[1][8]
大阪市大講師 岡田 充弘
末梢神経損傷及び神経欠損に対する神経再生誘導チューブの適応とその治療経験[1][8]
市立奈良病院四肢外傷センター長 村田 景一
7.手外科医の落し物ー女性の手指の不調と対策ー[10]
四谷メディカルキューブ手の外科マイクロサージャリーセンター長・外来部長
平瀬 雄一
8.Microsurgeonへの道[14-4]
名大形成外科学教授 亀井 譲
9.40 years of Microsurgery through a personal path.[10]
パリ大教授 Alain Gilbert
10.CC7 combined with functioning gracllis muscle transplantion for total brachial plexus avulsion injury[8]
Prof. Dept. of Microsurgery&Orthopedic Trauma, The 1st Affiliated Hospital of Sun Yatsen Univ.GU Li-qiang
11.パーフォマンスからサイエンスへ:末梢神経外科機能評価におけるピットフォール[8]
小郡第一総合病院統括院長 土井 一輝
12.
THE PLACE OF BIONIC LIMBS IN RECONSTRUCTIVE MICROSURGERY[13]
Prof. of Orthop. Surg. and Traumatology, School of Medicine Univ. of Belgrade
Marko Bumbasirevic
13.
MicrosurgeryとIlizarov創外固定の融合への取り組み[2]
秋田大教授 島田 洋一
Ilizarov法とChipping法とHexapod Frameを駆使した難治骨折治療[2]
福島医大教授 松下 隆
14.
手外科領域における超音波装置の重要性[10]
大阪掖済会病院部長 田中 祥貴
形成外科領域における超音波診断の有用性[10]
関西電力病院臨床検査部技師長 佐藤 洋
15.デュプイトラン拘縮に対する酵素注射療法[10]
新潟手の外科研究所病院副理事長・所長・病院長 坪川 直人
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4),(演題7),(演題8),(演題9),(演題10),(演題11),(演題12),(演題15)
2演題1単位 (演題5),(演題6),(演題13),(演題14)
(6) 1単位 1,000円
(7) 佐々木 康介
〒550-0022 大阪府 大阪市西区本田2−1−10
大阪掖済会病院 手外科・外傷マイクロサージャリーセンター (06-6581-2881 )
(8) 認定番号18-2495, 2018.08.25受付

2018.11.30
(Re)なみはや整形外傷21世紀フォーラム(第36回)
(1)佐々木 健陽
(2)平成30年11月30日(金) 18:30〜22:00
(3)ホテルグランヴィア大阪 20階(大阪府), 100名
(4)1.骨質劣化は重度骨折の危険因子ー医療倫理からみた長期治療でも安全な治療薬の選択とはー [14-3]
慈恵医大准教授   斎藤 充
  2.小児先天異常の治療と小児骨折のピットフォールー上肢を中心にー [3][10] Re
琉球大教授   金谷 文則
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)坂中 秀樹
〒590-0064 大阪府大阪府堺市堺区南安井町1丁1−1
清恵会病院
(072-251-8199)
(8)認定番号18-0846, 30.3.8受付

2018.11.17
(S)(SS)大阪臨床整形外科医会(第313回研修会)
(1) 増田 博
(2) 平成30年11月17日(土) 17:00〜19:50
(3) リーガロイヤルホテル大阪(大阪府), 250名
(4) 1. スポーツ現場から医療現場へースポーツ外傷・障害に対する治療戦略ー [2][13] S
順大先任准教授
高澤 祐治
2. 運動器エコーを使いこなすー脊椎疾患編ー [7] SS
和歌山医大准教授
岩 博
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8) 認定番号18-2247, 30.8.2受付

2018.11.15
(R)共に診る整形外科疾患
(1)家口 尚
(2)平成30年11月15日(木) 18:45〜20:30
(3)ホテル・アゴーラリージェンシー堺(大阪府), 50名
(4)骨粗鬆症治療の新たな可能性[4][6] R
名大教授
石黒 直樹
(5)1単位
(6)1,000円
(7)森 舞子
〒594-0076 大阪府和泉市肥子町1−10−17
府中病院
(0725-40-2147)
(8)認定番号18-1747, 30.6.19受付

2018.10.27
大阪臨床整形外科医会(第312回研修会)
(1)増田 博
(2)平成30年10月27日(土) 17:00〜19:50
(3)ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 250名
(4)
1.ips細胞を用いた難治性骨軟骨疾患への挑戦 [1][3]
京大ips細胞研究所増殖分化機構研究部門教授 戸口田 淳也
2.ここまで治せる骨折合併症ー脆弱性骨折・非定型型骨折を含むー [4][5]
帝京大教授  渡部 欣忍
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック (072-288-2001 内072-288-2001)
(8)認定番号18-1960, 30.7.4受付

2018.10.27
(R)大阪ハンドフォーラム(第7回)
(1)高松 聖仁
(2)平成30年10月27日(土) 17:00〜18:00
(3)ホテルグランヴィア大阪(大阪府), 40名
(4)
RA 手関節・手指野再建術と周術期DMARD管理[6][10] R
岡山大准教授  西田 圭一郎
(5)1単位
(6)1,000円
(7)高松 聖仁
〒533-0024 大阪府大阪氏東淀川区柴島1−7−50
淀川キリスト教病院(06-6322-2250 内8623)
(8)認定番号18-1964, 30.7.9受付

2018.10.20
大阪市立大学整形外科開業医会(市整会フォーラム)
(1)天野 祐一
(2)平成30年10月20日(土) 19:00〜20:00
(3)ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 25名
(4)
「大腿骨頭壊死症:最近の話題」 ー骨粗鬆症を背景とした脆弱性骨折・大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折との鑑別ー[4][11]
和泉市立総合医療センター  整形外科 部長 溝川 滋一
(5)1単位
(6)1,000円
(7)小竹 志郎 〔参加事前申込・要〕
〒631-0003 奈良県奈良県奈良市中登美が丘6−3−3 こたけ整形外科
(0742-52-7779)
(8)認定番号18-1921, 30.7.14受付

2018.10.20
城北整形外科フォーラム(第16回)
(1)日高 典昭
(2)平成30年10月20日(土) 16:30〜18:30
(3)大阪リバーサイドホテル(大阪府), 100名
(4)
1.日常診療に必要な小児整形外科の知識 [3]
大阪市立総合医療センター小児整形外科医長 細見 僚

2.超高齢者脆弱性骨折における手術療法と薬物療法の最前線 [2][4]
秋田大学医学部整形外科講師  野坂 光司
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)伊藤 智康
〒535-0031 大阪府大阪市旭区高殿6−3−27 
医療法人成宏会伊藤外科整形外科 (06-6953-0071)
(8)認定番号18-1697, 30.5.21受付

2018.10.19
(S)(R)(Re)日本肩関節学会(第45回)
(1)菅本 一臣
(2)平成30年10月19日(金)〜平成30年10月20日(土) 07:50〜17:00
(3)大阪国際会議場(大阪府), 3000名
(4)
1.上腕骨近位端骨折に対する手術治療 [2][9] Re
日本医科大学千葉北総病院 部長 橋口 宏
2.広範囲腱板断裂の病態解明と新たな治療戦略 [2][9] Re
鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 運動機能修復学講座 整形外科学教授  谷口 昇
3.肩関節エコー新時代  〜ワイヤレス モバイルエコー の可能性〜 [2][9] S
至学館大学 健康スポーツ科学科教授  後藤 英之
4.中高年の肩疾患の診断と治療:最近のトピックス [9] Re
船橋整形外科病院 スポーツ医学・関節センター長  菅谷 啓之

5.形や動きから見る肩関節の不思議 [1][9] Re
大阪大学大学院 医学系研究科 運動器バイオマテリアル 寄附講座教授 菅本 一臣
6.慢性疼痛治療でのオピオイドの有用性と課題 [1][14-5] R
近畿大学医学部 麻酔科学講座教授  森本 昌宏
7.肩の機能解剖、 バイオメカニクス [1][9] R
至学館大学健康科学部 健康スポーツ科学科教授 後藤 英之
肩の診察、画像診断
北新病院 上肢人工関節・内視鏡副センター長  大泉 尚美
8.肩関節不安定症の診断と治療 [6][9] S
東海大学整形外科 准教授  内山 善康
腱板断裂 (cuff tear arthropathy 含む)の診断と治療
慶友整形外科病院  整形外科部長  船越 忠直
9.My strategy for massive Rotator Cuff Tear; Repair vs. Replacement. [2][9] R
Specialties Orthopedic Surgery, Norton Orthopedic Institute  Ryan J Krupp
10.鏡視下腱板修復術(ARCR)の変遷と成功のキーポイント [2][9] Re
北新病院 整形外科 上肢人工関節・内視鏡センター長 末永 直樹
11.The current state of Shoulder Arthroscopy, its history and its future [2][9] S
Professor, Department of Orthopaedic Surgery, Tulane University Felix H Savoie
12.肩関節鏡手技の基本から応用まで ー教科書に載っていないポイントー [2][9] S
大阪赤十字病院 整形外科 副部長  鈴木 隆
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4),(演題5),(演題6),(演題9),(演題10),
(演題11),(演題12)  2演題1単位 (演題7),(演題8)
(6)1単位1,000円
(7)古田 将司
〒541-0042 大阪府大阪市中央区今橋4−4−7 京阪神淀屋橋ビル2階
第45回日本肩関節学会運営事務局 (06-6221-5933)
(8)認定番号18-1902, 30.7.19受付

2018.10.18
(SS)Neuropathic Pain セミナー in OSAKA(第1回)
(1)大坂 芳明
(2)平成30年10月18日(木) 19:30〜20:30
(3)シェラトン都ホテル大阪(大阪府), 50名
(4)
神経障害性疼痛を考える[7][8] SS
大阪市大講師  豊田 宏光
(5)1単位
(6)1,000円
(7) 大坂 芳明
〒559-0012 大阪府大阪市住之江区東加賀屋1−18−18
社会医療法人 景岳会 南大阪病院 (06-6685-0221)
(8)認定番号18-1884, 30.7.2受付

2018.10.13
(SS)南大阪骨折研究会(第43回)
(1) 中村 博亮
(2) 平成30年10月13日(土) 13:00〜18:00
(3) エコルテホール(大阪府), 200名
(4)
1.運動器疾患における超音波検査〜病態が見える外来診療〜 [6][12]
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科 病院講師  岡野 匡志
2.骨粗鬆症性椎体骨折に対する広島風経皮的椎体形成術 [4][7] SS
JA広島総合病院 病院長 藤本 吉範
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)岡田 充弘
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科 (06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号18-1675, 30.6.20受付

2018.9.29
(S)(R)大阪臨床整形外科医会(第311回研修会)
(1)増田 博
(2)平成30年9月29日(土) 17:00〜19:40
(3)ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 250名
(4)1.認知症診療における骨粗鬆症治療の重要性 〜倫理観にもとづく高齢者医療〜 [14-3] R
  大分大学 総合診療科 講師   吉岩 あおい
2.外来で遭遇する上肢疾患の治療 −保存治療を中心にー [9][10] S
 大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科 講師   岡田 充弘
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8)認定番号18-1630, 30.6.6受付

2018.9.29
(S)大阪あべの足の外科研究会(第3回)(1)北野 利夫(2)平成30年9月29日(土) 15:00〜18:00
(3)大阪市立大学医学部学舎18階会議室(大阪府), 60名
(4)足関節・足部のスポーツ傷害に対する鏡視下手術と術後療法[12][13] S
 CARIFAS足の外科センター所長   高尾 昌人
(5)1単位
(6)1,000円
(7)北野 利夫 〔参加事前申込・要〕
〒534-0021 大阪府大阪市都島区都島本通2−13−22
大阪市立総合医療センター
(06-6929-1221)
(8)認定番号18-1174, 30.4.6受付

2018.9.29
(SS)BUB研究会(2018)(1)伊藤 陽一(2)平成30年9月29日(土) 15:50〜18:00
(3)ホテルホントレ グラスミア大阪(大阪府), 50名
(4)骨粗鬆症を伴った脊椎疾患へのアプローチ[4][7] SS
 大阪市大整形外科学、総合医学教育学講師   豊田 宏光
(5)1単位
(6)1,000円
(7)伊藤 陽一 〔参加事前申込・要〕
〒580-0016 大阪府松原市上田1−10−12
伊藤クリニック・大阪ショルダーセンター
(072-332-0045)
(8)認定番号18-1626, 30.5.29受付

2018.9.22
(R)(Re)大阪臨床整形外科医会(ロコモ対策 「運動器疾患/骨・関節フォーラム」大阪会場)(1)増田 博(2)平成30年9月22日(土) 16:00〜19:10
(3)グランフロント大阪(大阪府), 200名
(4)1.関節リウマチ診療の現状ーどんな治療で何を目指すのかー [1][6] R
  NTT西日本大阪病院副院長、アレルギー・リウマチ・膠原病内科部長   緒方 篤
 2.変形性膝・足関節症の診断と治療 [12][13] Re
  広島大教授   安達 伸生
 3.事例から見た整形外科領域における医療倫理 [14-3]
  仁邦法律事務所所長   桑原 博道
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3)
(6)1単位1,000円
(7)西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8)認定番号18-1584, 30.6.15受付

2018.9.21
(Re)南大阪整形外科秋季セミナー(第4回)
(1)中村 博亮(2)平成30年9月21日(金) 18:20〜20:30
(3)ホテル阪急インターナショナル(大阪府), 200名
(4)1.肩関節挙上困難の診断と治療 [8][9] Re
  滋賀医大教授  今井 晋二
2.関節鏡による足部診療の進歩 [12][13]
  聖マ医大教授  仁木 久照
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)星 学
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号18-1360, 30.5.9受付

2018.9.20
大阪運動器疾患学術講演会(第1回)
(1)中村 博亮(2)平成30年9月20日(木) 18:30〜20:10
(3)ホテルグランヴィア大阪(大阪府), 200名
(4)肩関節変性疾患の病態解明を目指してー基礎から臨床へー[1][9]
 鹿児島大教授  谷口 昇
(5)1単位
(6)1,000円
(7)中村 博亮
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号18-1558, 30.6.19受付

2018.9.16
(Re)日本関節運動学的アプローチ医学会学術集会(第40回)
(1)柴田 敏弥(2)平成30年9月16日(日) 09:20〜17:30
(3)大阪国際交流センター(大阪府), 300名
(4)1.整形外科診療と関節運動学的アプローチ [1]
  片田整形外科院長   片田 重彦
2.臨床研究方法と今後の課題 研究における倫理も含めて [14-3]
  佐倉整形外科病院院長   木檜 晃
3.整形外科医による脳卒中初期診断 最先端超急性期治療につなぐ [8]
  近畿大学脳卒中センター教授   大槻 俊輔
4.脳卒中と関節運動学的アプローチ [13] Re
  日本関節運動学的アプローチ医学会会頭   博田 節夫
5.関節運動学的アプローチのエコー [1]
  リハビリテーションクリニック RRHAB TUCHIDA 院長  土田 昌一
6.脳卒中の運動療法の実際 [13] Re
  国立病院機構大阪医療センター 理学療法士   農端 芳之
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4),(演題5),(演題6)
(6)1単位1,000円
(7)柴田 敏弥 〔参加事前申込・要〕
〒596-0821 大阪府岸和田市小松里町928−1
久米田外科整形外科病院
(072-443-1891)
(8)認定番号18-0153, 29.12.1受付

2018.9.13
(R)(SS)大阪関節・疼痛セミナー(第1回)
(1)中村 博亮(2)平成30年9月13日(木) 19:00〜21:00
(3)帝国ホテル大阪(大阪府), 200名
(4)1.整形外科医が行う関節リウマチの薬物治療−全身と局所をみた治療体系ー [6] R
  京大准教授   伊藤 宣
 2.脊椎脊髄疾患に伴う難治性の痛み−中枢感作した患者の痛み像とは?− [7] SS
  浜松医大教授  松山 幸弘
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)中村 博亮
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号18-1501, 30.5.29受付

2018.9.8
(R)大阪市立大学整形外科開業医会(市整会学術文化講演会)
(1)天野 祐一(2)平成30年9月8日(土) 16:15〜17:15
(3)天王寺都ホテル(大阪府), 100名
(4)がんとロコモティブシンドローム(がんロコモ)のトータルケアー「入院から在宅へ」のいま、求められる整形外科医の役割とは?ー[5][13] R
 大阪国際がんセンター 整形外科(骨軟部腫瘍科)副部長 兼 
 リハビリテーション科部長    大島 和也
(5)1単位
(6)1,000円
(7)小竹 志郎 〔参加事前申込・要〕
〒631-0003 奈良県奈良県奈良市中登美が丘6−3−3
こたけ整形外科
(0742-52-7779)
(8)認定番号18-1472, 30.6.1受付

2018.9.8
中津整形外科病診連携の会(第2回)(1)楊 裕健(2)平成30年9月8日(土) 17:00〜19:00
(3)シオノギ製薬 本社(大阪府), 50名
(4)1.脆弱性骨折の治療ー大腿骨頸部骨折・インプラント周囲骨折を中心にー [4][11]
  大阪府済生会中津病院副部長  楊 裕健
2.慢性腰痛症の病態と薬物療法の位置づけ:痛みのメカニズム・エビデンス・臨床経験からの考察 [7][13]
 和歌山医大准教授      橋爪 洋
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)楊 裕健 〔参加事前申込・要〕
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2−10−39
大阪府済生会中津病院
(06-6372-0333 内6536)
(8)認定番号18-1334, 30.4.26受付

2018.9.5
OsakaCity整形外科フォーラム(1)中村 博亮(2)平成30年9月5日(水) 19:00〜21:00
(3)ホテルモントレグラスミア大阪(大阪府), 60名
(4)ロコモティブシンドロームとサルコペニアに関する住民健診コホート研究〜Yakumo study[1][8]
名大講師  今釜 史郎
(5)1単位
(6)1,000円
(7)星野 雅俊
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学
(06-6645-3851)
(8)認定番号18-1146, 30.4.11受付

2018.9.1
(Re)なみはや整形外傷21世紀フォーラム(第35回)
(1)佐々木 健陽
(2)平成30年9月1日(土) 13:45〜19:00
(3)ABC−MART 梅田ビル 8F(大阪府), 150名
(4)1.よくわかる髄内釘の基礎 [1][13] Re
  済生会千里病院主任部長    安原 良典
 2.大腿骨転子部骨折における髄内釘の限界と頚部骨折への可能性 [2][11]
  福山市民病院科長       寺田 忠司
 3.上腕骨近位端骨折用髄内釘 〜求められる機能とその最終型〜 [2][9]
  順大附属静岡病院先任准教授   最上 敦彦
 4.骨折治療における LIPUS の適切な使用法 [1][2]
  自治医大附属病院講師      松村 福広
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4)
(6)1単位1,000円
(7)坂中 秀樹
〒590-0064 大阪府大阪府堺市堺区南安井町1丁1−1
清恵会病院
(072-223-8199)
(8)認定番号18-0830, 30.3.9受付

2018.9.1
(SS)おおさか脊椎カンファレンス(第9回)(1)寺井 秀富(2)平成30年9月1日(土) 15:00〜19:00
(3)ホテルモントレグラスミア大阪 21Fスノーベリー(大阪府), 200名
(4)成人脊柱変形を理解するために必要な基礎知識と手術プランの立て方[7] SS
公益社団法人東京都教職員互助会三楽病院部長   中尾 祐介
(5)1単位
(6)1,000円
(7)寺井 秀富
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号18-1425, 30.5.25受付

2018.9.1
(R)日本リウマチ学会近畿支部学術集会(第28回)
(1) 田中 康仁
(2) 平成30年9月1日(土) 08:40〜18:00
(3) ナレッジキャピタルコングレコンベンションセンター(大阪府), 500名
(4) 1. 病態から理解するウィルス感染症としての帯状疱疹の予防戦略 [14-2]
 奈良医大皮膚科教授   浅田 秀夫
2. あなたはバイオシミラーにスイッチしますか?インフリキシマブBSの使用経験 [6] R
 堺咲花病院院長   菊池 啓
あなたはバイオシミラーにスイッチしますか?バイオシミラーはジェネリック医薬品ではない
 大阪リウマチ・膠原病クリニック院長   西本 憲弘
3. JAK阻害薬はとっておきの奥の手か? [6] R
  大阪市大高齢者運動器変性疾患制御講座教授   小池 達也
4. 積み上げる関節リウマチ治療戦略ー薬物療法から手術療法までー [6] R
  名大講師   小嶋 俊久
RA患者のメンタルヘルスとコミュニケーション
  名市大医学・医療教育学分野准教授   小嶋 雅代
5. 破骨細胞を標的にした関節リウマチ治療戦略 [4][6] R
  東大教授  田中 栄
6. どっちがいいの JAK阻害剤:トファシチニブ vs バリシチニブ〜トファシチニブのポテンシャル [6] R
  松山赤十字病院リウマチ膠原病センターリウマチ科部長   押領司 健介
どっちがいいの JAK阻害剤:トファシチニブ vs バリシチニブ〜バリシチニブのポテンシャル
  名大講師   高橋 伸典
7. 医療安全からみたWoCBA(Women of Child-Bearing Age)患者の現状と治療課題ー 免疫からみた妊娠維持機構とその破綻ー [14-1]
  富山大産婦人科教授   斎藤 滋
8. 関節リウマチの診断と治療ーサリルマブの可能性も含めてー [6] R
聖路加国際病院リウマチ膠原病センター医長   岸本 暢将
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題3),(演題5),(演題7),(演題8)
2演題1単位 (演題2),(演題4),(演題6)
(6) 1単位1,000円
(7) 原 良太 〔参加事前申込・要〕
〒634-8522 奈良県橿原市四条町840
奈良県立医科大学 整形外科学教室
(0744-29-8873)
(8) 認定番号18-1436, 30.6.14受付

2018.8.4
(R)(SS)大阪臨床整形外科医会(第310回研修会)
(1)増田 博
(2)平成30年8月25日(土) 17:00〜19:50
(3)ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 250名
(4)
1.日常診療で役立つ情報−特発性側弯症、腰部脊柱管狭窄症、ロコモについて− [3][7] SS
奈良医大講師 重松 英樹
2.健康寿命延伸を目指す骨粗鬆症治療 [1][4] R
聖隷浜松病院部長 森 諭史
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック(072-288-2001 内072-288-2001)
(8)認定番号18-1275, 30.5.17受付

2018.8.4
(R)(SS)大阪臨床整形外科医会(特別研修会)
(1)増田 博
(2)平成30年8月4日(土) 17:30〜20:00
(3)ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 350名
(4)
1.解剖学的アライメントTKAの概念と臨床成績
−患者満足度を考えた治療戦略− [6][12] R
慶大准教授  二木 康夫
2.医療安全を考慮した日常診療における慢性疼痛の薬物治療 [14-1] SS
杏林大医学部 整形外科学教室 教授市村 正一
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック(072-288-2001 内072-288-2001)
(8)認定番号18-1212, 30.5.7受付

2018.8.4
OCUM整形勤務医会(第17回)
(1)鍵山 博士
(2)平成30年8月4日(土) 17:30〜18:30
(3)大阪新阪急ホテル(大阪府), 150名
(4)
・若手整形外科医が知っておくべき手外科基本手技
−切開・縫合から簡単な皮弁まで−[2][10]
大阪市立総合医療センター医長 山中 清孝
・Zone 2屈筋腱損傷治療の歴史と現況
−no man's landからearly active motionの時代へ−
清恵会病院副部長 金城 養典
(5)2演題1単位
(6)1,000円
(7)坂中 秀樹
〒590-0064 大阪府堺市堺区南安井町1−1−1
清恵会病院 (072-223-8199)
(8)認定番号18-1103, 30.4.1受付


(SS)OCUM整形勤務医会(第17回)
(1)鍵山 博士
(2)平成30年8月4日(土) 17:30〜18:30
(3)大阪新阪急ホテル(大阪府), 150名
(4)
疫学実態に基づいた脊椎加齢変性疾患の治療戦略
−The Wakayama Spine Study−[7][13] SS
和歌山医大教授  山田 宏
(5)1単位
(6)1,000円
(7)坂中 秀樹
〒590-0064 大阪府堺市堺区南安井町1−1−1
清恵会病院 (072-223-8199)
(8)認定番号18-1102, 30.4.1受付

2018.8.4
中津整形外科病診連携フォーラム(第6回)
(1)大橋 弘嗣
(2)平成30年8月4日(土) 14:45〜17:40
(3)エーピー大阪駅前1丁目(大阪府), 100名
(4)橈骨遠位端骨折の手術と骨粗鬆症治療[4][10]
産業医大教授  酒井 典昭
(5)1単位
(6)1,000円
(7)大橋 弘嗣
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2−10−39
大阪府済生会中津病院 (06-6372-0333)
(8)認定番号18-0513, 30.2.6受付

2018.8.2
(R)Practical ECHO Seminar
(1)乾 健太郎
(2)平成30年8月2日(木) 19:00〜20:30
(3)スイスホテル南海大阪(大阪府), 100名
(4)手外科診療における超音波活用の取り組み[6][10] R
奈良医大臨床研修センター助教 仲西 康顕
(5)1単位
(6)1,000円
(7)乾 健太郎
〒558-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学(06-6645-3984)
(8)認定番号18-1201, 30.5.18受付

2018.7.28
(S)(SS)大阪臨床整形外科医会(第309回研修会)
(1)前中 孝文
(2)平成30年7月28日(土) 17:00〜19:50
(3)ホテル阪急インターナショナル(大阪府), 250名
(4)1.患者満足度向上に向けた痛み治療ー脊椎疾患を中心にー [7][13] SS
富山大附属病院診療教授
川口 善治
2.日常診療で遭遇する足部・足関節のスポーツ障害ーその診療と治療ー [12][13] S
大阪医大講師
嶋 洋明
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8)認定番号18-1081, 30.4.12受付

2018.7.21
日本リハビリテーション医学会近畿地方会 専門医・認定臨床医生涯教育研修会(第65回)
(1)勝谷 将史
(2)平成30年7月21日(土) 14:00〜18:00
(3)大阪市立大学医学部附属病院(大阪府), 166名
(4)生物・心理・社会モデルに基づく慢性痛治療[8][13]
愛知医科大学学際的痛みセンター教授
牛田 享宏
(5)1単位
(6)1,000円
(7)池淵 充彦 〔参加事前申込・要〕
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851)
(8)認定番号18-0301, 30.1.13受付

2018.7.21
(R)(SS)真田山セミナー [運動器疼痛を語る会](第6回)
(1)中村 博亮
(2)平成30年7月21日(土) 16:15〜18:15
(3)阪急本社ビルエコルテホール(大阪府), 100名
(4)1.低侵襲脊椎手術の留意点−脊椎外科医として忘れてはいけないことー [1][7] SS
岩手医大准教授
村上 秀樹
2.股関節痛の診断と治療 [1][11] R
佐賀大教授
馬渡 正明
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)中村 博亮
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851)
(8)認定番号18-1005, 30.4.2受付

2018.7.21
(R)リウマチ診療セミナー(第6回)
(1)高松 聖仁
(2)平成30年7月21日(土) 16:00〜17:30
(3)淀川キリスト教病院(大阪府), 100名
(4)関節リウマチ治療の最前線[6][12] R
淀川キリスト教病院副医長
安野 翔平
(5)1単位
(6)1,000円
(7)高松 聖仁
〒533-0024 大阪府東淀川区柴島1−7−50
淀川キリスト教病院整形外科
(06-6322-2250 内8623)
(8)認定番号18-1028, 30.4.19受付

2018.6.30
(SS)阪神運動器疾患セミナー(第8回)
(1)中村 博亮
(2)平成30年6月30日(土) 17:00〜19:15
(3)阪急電鉄本社ビル 1F「エコルテホール」(大阪府), 200名
(4)
1.脊椎靭帯骨化症における病態と治療のUp-to-date [1][7] SS
富山大准教授 川口 善治
2.疫学実態に基づいた脊椎加齢変性疾患の治療戦略ーThe Wakayama Spine Studyー
[4][7] SS
和歌山医大教授  山田 宏
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)中村 博亮
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科 (06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号18-0477, 30.1.24受

2018.6.23
(R)(SS)大阪臨床整形外科医会(第308回研修会)
(1)増田 博
(2)平成30年6月23日(土) 17:00〜19:50
(3)リーガロイヤルホテル(大阪府), 250名
(4)
1.リウマチ診療における関節エコー・MRIの有用性 [6][10] R
長崎大リウマチ・膠原病内科学分野講師  川尻 真也
2.脊柱変形矯正術への挑戦ー最後の難関、成人脊柱変形矯正術への挑戦ー [4][7] SS
関西医大主任教授  齋藤 貴徳
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック(072-288-2001 内072-288-2001)
(8)認定番号18-0464, 30.2.12受付

2018.6.22
南大阪整形外科夏季セミナー(第3回)
(1)中村 博亮
(2)平成30年6月22日(金) 18:00〜20:00
(3)大阪マリオット都ホテル(大阪府), 200名
(4)
1.生体内動態解析から考える人工膝関節置換術 [1][12]
阪大運動器バイオマテリアル学教室准教授  冨田 哲也
2.膝半月板損傷の治療戦略 [2][12]
神戸大教授  黒田 良祐
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)星 学
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科 (06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号18-0281, 30.1.16受付

2018.6.16
(SS)大阪市立大学整形外科開業医会(市整会学術講演会)
(1)天野 祐一
(2)平成30年6月16日(土) 16:00〜19:30
(3)スイスホテル南海大阪(大阪府), 150名
(4)
1.整形外科医にもきいてほしい高脂血症の話 [1]
国立循環器病研究センター研究所部長  斯波 真理子
2.陥入爪、巻き爪の原因と最新の対処法 [2][12]
高田馬場病院講師  町田 英一
3.骨粗鬆性脊椎疾患:注意すべきポイントと対策 [4][7] SS
秋田大准教授  宮腰 尚久
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3)
(6)1単位1,000円
(7)小竹 志郎
〒631-0003 奈良県奈良市中登美が丘6−3−3
こたけ整形外科(0742-52-7779)
(8)認定番号18-0630, 30.3.6受付

2018.6.9
(SS)(Re)北大阪整形外科フォーラム(第9回)
(1)高松 聖仁
(2)平成30年6月9日(土) 16:15〜19:15
(3)大阪新阪急ホテル(大阪府), 50名
(4)
1.がん医療における整形外科医の役割ー日常診療の中で「できる」ことー [5][13] Re
大阪国際がんセンターリハビリテーション科部長  大島 和也
2.頚椎症性神経根症の診断と治療 [7][8] SS
大阪市大准教授 寺井 秀富
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)高松 聖仁
〒533-0024 大阪府大阪市東淀川区柴島1丁目7番50号
淀川キリスト教病院 (06-6322-2250 内8623)
(8)認定番号18-0604, 30.3.16受付

2018.6.9
(S)大阪臨床整形外科医会(特別研修会)
(1)増田 博
(2)平成30年6月9日(土) 17:00〜20:00
(3)ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター(大阪府), 250名
(4)
1.実地医家が知っておいた方が良い薬剤性臓器障害のピットフォールー安全な医療を行うためのリスクマネージメントー [14-1]
独立行政法人労働者健康安全機構九州労災病院 勤労者骨・関節疾患治療研究センターセンター長  今村 寿宏

2.救急外来における上肢スポーツ外傷の治療ースポーツ嗜好の変化に対応するためにー [2][10] S
JCHO大阪病院スポーツ医学科/救急部主任部長  島田 幸造
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23 西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8)認定番号18-0599, 30.3.6受付


2018.6.7
南大阪運動器疼痛治療学術講演会(第7回)
(1)中村 博亮
(2)平成30年6月7日(木) 18:00〜19:40
(3)ホテルニューオータニ大阪(大阪府), 250名
(4)TKAの疼痛管理ー周術期・慢性期ー[12]
東女医大教授 岡崎 賢
(5)1単位
(6)1,000円
(7)中村 博亮
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科 (06-6645-3851)
(8)認定番号18-0577, 30.3.14受付


2018.5.24
(S)(R)(SS)(Re)日本整形外科学会学術総会(第91回)
(1) 遠藤 直人
(2) 平成30年5月24日(木)〜平成30年5月27日(日) 08:00〜16:20
(3) 神戸コンベンションセンター(兵庫県), 7250名
(4) 1. 教1 手術安全チェックリストとノンテクニカルスキル ーカナダ・オンタリオ州の失敗とサウスカロライナ州の成功ー [14-1]
横浜市大附属病院医療安全・医療管理学准教授
菊地 龍明
2. 教5 インプラント術後感染対策 ー予防とインプラントの温存を目指してー [14-2]
川崎市立多摩病院教授(指定管理者:聖マ医大)
松下 和彦
3. 教11 医師に必要な医療倫理 ー法医学の立場からー [14-3]
山口大法医学講座教授
藤宮 龍也
4. 基 日本の14世紀より19世紀中期までの整形外科史的遺産について [14-4]
日本整形外科学会名誉会員
蒲原 宏
5. 教3 膝スポーツ外傷・障害に対する鏡視下手術 [2][12]
兵庫医大教授
吉矢 晋一
6. 教6 骨系統疾患 ー最近の知見ー [3][4]
東北大小児環境医学分野教授
藤原 幾磨
7. 教9 外傷治療のピットフォール [2][11]
福島医大外傷再建学講座教授
伊藤 雅之
8. 教12 運動器障害に対するリハビリテーション治療の活用法 [13] Re
佐賀大附属病院リハビリテーション科教授
浅見 豊子
9. 教14 オートファジーの生理機能 [1]
新潟大医歯学総合研究科遺伝子制御分子生物学教授
小松 雅明
10. 招1 Management of sequelae of osteo-articular infection in children [6] SS
Prof., ENABLE International Centre for Paediatric Musculoskeletal Care, Mumbai, India
Ashok N. Johari
11. 招3 Result of rotator cuff repairs reviewed after 10 and 20 years [2][9]
Prof., Dept. of Orthop. Surg., Hopitaux universitaires de Strasbourg
Jean-François Kempf
12. 招5 International orthopaedic horizons 2018 [14-4]
Dr., Martha's Vineyard Hospital, One Hospital Road, Oak Bluffs, MA USA
David A. Halsey
13. 招7 National incidence of traumatic fractures in China: A retrospective survey of 512,187 individuals [2]
Prof.,Dept. of Orthop. Surg., the 3rd Hospital of Hebei Medical Univ. Shijiazhuang. Hebei
Yingze Zhang
14. 招9 Progress in the management of femoral neck fracture [2][11]
Prof., Dept. of Orthop. Surg., Univ. of Minnesota/TRIA
Marc Swiontkowski
15. 招10 Understanding patient reported outcomes [14-4]
Prof., Norton Leatherman Spine Center, Louisville, KY, USA
Leah Y. Carreon
招10 The research process: From asking to answering
Prof., Norton Leatherman Spine Center, Louisville, KY, USA
Leah Y. Carreon
16. 教4 慢性疼痛の集学的治療 [7][8]
愛知医大学際的痛みセンター教授
牛田 享宏
17. 教7 骨の構造特性と力学特性の評価 [1][4]
長崎大ダイバーシティ推進センター教授
伊東 昌子
18. 教10 足のスポーツ外傷・障害 ー早期復帰のための低侵襲治療ー [2][12] S
早稲田大スポーツ科学学術院教授
熊井 司
19. 教13 脊椎腫瘍に対する治療の変遷 [5][7] SS
日大教授
徳橋 泰明
20. 教15 私の軟骨研究からみた運動器科学の課題 [1]
京大ウイルス・再生医科学研究所教授
開 祐司
21. 招2 Percutaneous treatment of late Achilles tendon rupture treated under endoscopic control without using any graft [2][12]
Prof., Dept. of Orthop. Surg. & Sports Medicine, Hacettepe Univ. Hospital, Ankara, Turkey
Mahmut N. Doral
22. 招4 Stem cells in orthopaedics: Current knowledge and evidence [1]
Prof., Dept. of Orthop. Surg., National Univ. of Singapore, Singapore
Eng Hin Lee
23. 招6 The decade of action for road safety [14-1]
Prof., Istanbul Univ., Cerrahpasa Faculty of Medicine, Dept. of Orthop. and Traumatology
Önder Aydingöz
24. 招8 Vascularized fibular graft in skeletal reconstruction [2]
Prof., Dept. of Orthop. Surg., Kyung Hee Univ. Hospital, Seoul, Korea
Chung Soo Han
25. ラ1 慢性運動器疼痛の薬物治療 ー腎臓専門医の観点からー [8]
日医大腎臓内科学分野教授
鶴岡 秀一
ラ1 運動器疼痛における薬物治療 ー敵を知り,己を知るー
千葉大准教授
折田 純久
26. ラ3 大腿骨近位部骨折,椎体骨折の疫学と胃食道逆流症 [1]
新潟大医歯学総合研究科地域医療長寿学講座准教授
今井 教雄
ラ3 消化器内科医からのNSAIDs起因性消化管粘膜傷害に対する警鐘
神戸大消化器内科学教授
梅垣 英次
27. ラ9 関節リウマチに伴う骨関節破壊におけるACPAの役割とその対策 [6] R
阪大附属病院学内講師
蛯名 耕介
ラ9 整形外科からみた最近のRA治療 アバタセプトの実力と可能性 ーTsurumai Biologics Communication Registry studyをふまえてー
名大附属病院講師
高橋 伸典
28. ラ2 超細径ファイバースコープによる新たな関節鏡検査技術の開発 [1][12]
広島大教授
安達 伸生
29. ラ4 骨粗鬆症の薬物療法に関する最新の知見 [4]
近畿大教授
宗圓 聰
30. ラ5 運動器慢性痛治療のup-to-date [8]
山口大教授
田口 敏彦
31. ラ6 運動器慢性疼痛治療のup to date ー慢性疼痛治療ガイドライン2018の心理, リハ診療を中心にー [8][13] R
新潟大医歯学総合病院リハビリテーション科教授
木村 慎二
32. ラ7 TKA後遺残性疼痛と患者満足度 [12]
慶大准教授
二木 康夫
33. ラ8 関節リウマチの骨破壊と骨粗鬆症対策 [6] R
岡山大准教授
西田 圭一郎
34. ラ10 ACL-PCL温存型TKA(BCR-TKA)は患者満足度を高められたのか [12]
苑田会人工関節センター病院院長
杉本 和隆
35. ラ11 脊柱変形手術における要点とピットフォール [7] SS
北里大教授
相 晶士
36. 特1 日本医師会の医療政策  ー現在の医療の状況と今後の展望ー [14-4]
公益社団法人 日本医師会会長
横倉 義武
37. 特2 骨形態学から見た骨リモデリング研究の過去・現在・将来 ー脆弱性骨折の治療と予防に向けてー [4]
医療法人愛広会新潟リハビリテーション病院新潟骨の科学研究所顧問
橋 栄明
38. 教2 運動器とリハビリテーション医学・医療 [13] Re
京府医大教授
久保 俊一
39. 教8 医療放射線の適正管理について [14-1]
厚生労働省医政局地域医療計画課課長補佐
稲木 杏吏
40. シ1 整形外科とリハビリテーション医学のさらなる協働を目指して [13]
座長:
京府医大教授 久保俊一 筑波大教授 山崎正志
41. シ10 整形外科医の医療被曝の現状と対策 [1]
座長:
昭和大教授 平泉 裕 青森県中央病院部長 伊藤 淳二
42. 教16 骨粗鬆症性椎体骨折受傷後早期予後予測と治療的介入 [4][7] SS
大阪市大教授
中村 博亮
43. 教18 開放骨折治療の標準化 ーJapan strategyー [2]
湘南鎌倉総合病院 外傷センター副院長
土田 芳彦
44. 教20 人工肩関節置換術の現状と課題 [9]
整形外科北新病院上肢人工関節・内視鏡センターセンター長
末永 直樹
45. 教21 肘関節周辺の外傷に対する人工肘関節全置換術 [2][9]
東邦大(大橋)教授
池上 博泰
46. 教22 人工股関節の歴史 [11]
阪大運動器医工学治療学寄附講座教授
菅野 伸彦
47. 教24 『たかが足首の捻挫』をこじらせないための知識と実践 [2][12] S
獨協医大越谷病院准教授
栃木 祐樹
48. 教26 手外科診療 ー最近の知見とピットフォールー [8][10]
琉球大教授
金谷 文則
49. 教28 膝複合靭帯損傷の治療戦略 [2][12]
弘前大教授
石橋 恭之
50. 教30 関節リウマチにおける骨・関節破壊機序とその対策 [1][6] R
阪大附属病院助教
蛯名 耕介
51. 教32 解剖学的ACL再建術 2018 [2][12] S
社会医療法人行岡医学研究会行岡病院スポーツ整形外科センターセンター長
史野 根生
52. 教34 骨肉腫治療の歴史 [5]
阪大教授
吉川 秀樹
53. 教36 フレイルとサルコペニア ーその臨床的意義ー [4][13]
国立研究開発法人国立長寿医療研究センター副院長
荒井 秀典
54. ラ12 Mako total hip - robotic-arm assisted system -: Transform orthopaedics with Mako today [11]
Dr., Swedish Medical Center - First Hill, Seattle, WA, USA
Sean D. Toomey
ラ12 3D画像を駆使した股関節外科学 ー「鉄腕アトム」や「攻殻機動隊」は実現するのかー
医療法人愛仁会亀田第一病院新潟股関節センターセンター長
徳永 邦彦
55. ラ13 人工関節置換術におけるSSIの機能損失, 医療損失とその予防 [14-2]
医療法人大植会葛城病院整形外科人工関節センターセンター長・院長
中島 幹雄
ラ13 難治例から学ぶ人工関節周囲感染の診断・治療の問題点と対応
横浜市大准教授
稲葉 裕
56. ラ15 後発型taper-wedgeステムの開発と短期臨床経験 ーデザインコンセプトー [11]
広島大医歯薬保健学研究科 人工関節・生体材料学講座准教授
山崎 琢磨
ラ15 後発型taper-wedgeステムの開発と短期臨床経験 ー短期臨床経験から得た手術適応・手術手技・術中判断ー
慈恵医大講師・附属病院 診療医長
藤井 英紀
57. ラ16 New bicruciate retaining and bicruciate substituting total knee arthroplasty [12]
Prof., Dept. of Orthop. Surg., Univ. of California, San Francisco, USA
Michael D. Ries
ラ16 New generation TKA ー両十字靱帯機能温存TKAの臨床成績と靱帯温存TKAへの期待ー
東大附属病院特任講師
乾 洋
58. ラ17 高齢の関節リウマチ患者の治療 [6] R
新潟大講師・総括医長
近藤 直樹
ラ17 生物学的製剤選択基準をどう考えるか ーとくにトシリズマブの選択についてー
医療法人松緑会松野リウマチ整形外科院長
松野 博明
59. ラ23 MIStにおけるチームビルディング [7] SS
青森県立中央病院整形外科部長
富田 卓
ラ23 医療はチームで行うのに決まっている
名古屋第二赤十字病院整形外科副院長
佐藤 公治
60. ラ35 整形外科医だからこそ気付かなければならない「‘普通と違う」 腰背部痛 [6][7] SS
東邦大(佐倉)准教授
中島 新
ラ35 意外と身近な末梢性脊椎関節炎を見逃さないために ー関節エコーを用いてその病態を理解するー
大阪市大病院講師
岡野 匡志
61. ラ14 Short hip stem: What we have learned from over 10-year clinical experiences ーMetaphyseal型ショートステム10年の経験から学ぶ手術適応・手術手技・術中判断ー [11]
Prof., Dept. of Orthop., Herzogin Elisabeth Hospital, Braunschweig, Germany
Karl-Dieter Heller
62. ラ18 手部複合損傷の治療 [2][10]
湘南鎌倉総合病院外傷センター副院長
土田 芳彦
63. ラ19 Mobile TKA [12]
独立行政法人労働者健康福祉機構大阪労災病院整形外科関節整形外科部長
中川 滋
64. ラ20 乾癬性関節炎の診断と最新治療戦略 [6] R
埼玉医大教授
門野 夕峰
65. ラ21 骨形態計測学への回帰 ー臨床に役立つ骨組織の世界を知るー [4]
医療法人愛広会新潟リハビリテーション病院整形外科院長
山本 智章
66. ラ22 変形性膝関節症に対する保存療法の有効性と課題 [12][13]
島根大教授
内尾 祐司
67. ラ24 骨粗鬆症治療における課題と展望 [4]
東大教授
田中 栄
68. 教17 超高齢社会の脊椎脊髄損傷 [4][7] SS
群馬大教授
筑田 博隆
69. 教19 私の見てきた整形外傷医の世界 [2]
日医大付属病院救急・総合診療センター教授
川井 真
70. 教23 股関節外科に必要な股関節の解剖 [1][11]
医療法人社団明芳会板橋中央総合病院整形外科診療部長
湯朝 信博
71. 教25 小児の足部診療update ー痛みと変形を中心にー [3][12]
聖マ医大教授
仁木 久照
72. 教27 肘関節不安定症の最新知見 ー機能解剖と臨床ー [1][9]
岡山済生会総合病院整形外科診療部長
今谷 潤也
73. 教29 変形性膝関節症の病態と治療 [12]
順大准教授
石島 旨章
74. 教31 リウマチ前足部変形 ー骨頭温存手術の実際ー [6][12] R
長岡赤十字病院リウマチ科リウマチセンター長
羽生 忠正
75. 教33 半月板損傷の生物学的影響 ー力学負荷による早期膝OA発症の病態ー [2][12] S
阪大健康スポーツ科学講座(スポーツ医学)教授
中田 研
76. 教35 これでわかる! 癌と免疫 [1][5]
札幌医大病理学第一講座准教授
塚原 智英
77. 教37 運動器疾患患者の腎障害対策 [1]
新潟大腎研究センター腎・膠原病内科学教授
成田 一衛
78. 教38 整形外科と医療安全 ー世界標準に学ぶー [14-1]
千葉大附属病院医療安全管理部教授
相馬 孝博
79. 教49 データベース研究が診療と社会に与えるインパクト [14-4]
京大社会健康医学系専攻医療疫学分野教授
福原 俊一
80. 教53 脊柱靭帯骨化症研究の最前線 [1][7]
医科歯科大教授
大川 淳
81. 教55 手指屈筋腱損傷新鮮例とその続発症に対する治療 [8][10]
一般財団法人新潟手の外科研究所整形外科研究部長
森谷 浩治
82. 教58 協働により進歩する骨・軟部腫瘍治療 [5][13]
福井大附属病院教授
松峯 昭彦
83. 招11 The global challenge of fragility fractures [2][4]
Prof., Fragility Fracture Network
David R. Marsh
84. 招15 Have we misinterpreted the human knee? [1][12]
Prof., Dept. of Orthop. Surg., Univ. of Michigan, ANN ARBOR MI USA
John D. Blaha
85. 招19 Anatomical parameters contributing to degenerative arthritis and the impact of aberrant pelvic incidence on the spine and hip [7][11]
Prof., Rainbow Babies and Children's Hospital at Case Western Reserve Univ., Cleveland, OH, USA
Raymond W. Liu
86. 招23 Anterior decompression of cervical ossification of posterior longitudinal ligament: When, why, and how? [7] SS
Prof., Dept. of Orthop. Surg., Asan Medical Center, Seoul, Korea
Dong-Ho Lee
87. 招27 Advances in the treatment of Ewing sarcoma in mice and men [1][5]
Prof., Division of Surg., the Univ. of Texas MD Anderson Cancer Center, Houston, TX
Patric P. Lin
88. 招31 Geriatric hip fracture pathway and FLS in Thailand [4][11]
Prof., Dept. of Orthop. Surg., Phramongkutklao College of Medicine, Bangkok, Thailand
Thawee Songpatanasilp
招31 Organization of orthopaedic care in the Krasnoyarsk region
Assistant Prof., Krasnoyarsk State Medical Univ. Voino-Yasenetsky, Krasnoyarsk
Olga A. Belova
89. 教39 周術期感染対策はどう変わるのか ーWHO, ACS, CDC 3つのガイドラインの発表にともなってー [14-2]
NTT東日本関東病院副院長、外科外科部長
針原 康
90. 教45 麻酔科医からみた高齢者の周術期管理 [1]
東北医科薬科大麻酔科学教授
河野 達郎
91. 教51 フレイル高齢者を診る [4][8]
東邦大リハビリテーション医学講座教授
海老原 覚
92. 教56 運動器疾患コホート研究の進め方 [14-4]
新潟大環境予防医学分野教授
中村 和利
93. 招12 Current status and potential applications of parathyroid hormone in treating osteoarthritis, intervertebral disc degeneration and diabetic fracture [4][7]
Prof., The Affiliated Hospital of North China Univ. of Science and Technology, Tangshan, China
Liu Zhang
94. 招16 Musculoskeletal infections in the elderly [6]
Dr., Department of Medicine, Hennepin County Medical Center, Minneapolis
Dean T. Tsukayama
95. 招20 Development of the pharmacological treatment modalities for controlling of endochondral ossification [1] R
Prof., Dept. of Orthop., Univ. of Maryland School of Medicine, Baltimore, MD, USA
Masahiro Iwamoto
96. 招24 Optimizing the functional and esthetic result in toe-to-hand transplantations [10][12]
Prof., Dept. of Plastic and Reconstructive Surg., Chang Gung Memorial Hospital, Taoyuan
Fu-Chan Wei
97. 招28 Medium to long-term outcome of periacetabular osteotomy [11]
Prof., Dept. of Orthop. Surg.. Univ. of Aarhus, Denmark
Kjeld Soballe
98. 教46 学びと協働から医師のキャリアデザインを考える [14-4]
参議院議員
自見 はなこ
99. 招13 MIS spine surgery: The good, the bad and the surgical learning curve [7] SS
Prof., Dept. of Orthop. Surg., Rush Univ. Medical Center, Chicago, IL USA
Kern Singh
100. 招17 New trends in orthopaedics rehabilitation: Patient profiling as pain biomarkers [13] Re
Prof., Univ. of Sao Paulo School of Medicine, Sao Paulo, BRAZIL
Marta Imamura
101. 招21 1. Update on open fracture management 1979-2016 2. The axis knee system [2][12]
Dr., Dept. of Orthop., Philippine Orthopedic Institute, Makati City, Phils
Ramon B. Gustilo
102. 招25 The application of safe surgical dislocation in paediatric hip disorders [3][11]
Honorary Clinical Associate Prof., Dept. of Orthop. & Traumatology Univ. of Hong Kong
Wang Chow
103. 招29 A brief history of evidence-based orthopaedics [14-4]
Prof., Division of Orthop. Surg., McMaster Univ., Canada
Mohit Bhandari
104. ラ25 運動器慢性疼痛と治療薬の使い分け ー医療倫理とこころに着目した痛み治療ー [8]
阪大疼痛医学寄附講座准教授
三木 健司
105. ラ26 整形外科外来の常識・非常識2020 [14-4]
医療法人城東整形外科診療部長
皆川 洋至
106. ラ27 大腿骨頚部骨折に対するTHAの適応 ーDual mobility cupによって適応は広がるかー [2][11]
大阪府済生会中津病院整形外科副院長
大橋 弘嗣
107. ラ28 変形性膝関節症における疼痛コントロール ー病態に応じた薬物の選択ー [12]
帝京大教授
中川 匠
108. ラ29 脊椎関節炎の診断と治療 [6][7] R
大阪南医療センター リウマチ・膠原病・アレルギー科医長
辻 成佳
109. ラ30 変形性膝関節症の病態と治療戦略 [12]
京大教授
松田 秀一
110. ラ31 A short history of the medial pivot knee [12]
Prof., Dept. of Orthop. Surg., Univ. of Michigan, ANN ARBOR MI USA
John D. Blaha
111. ラ32 関節リウマチにおける薬物治療 [6] R
東女医大東医療センター整形外科准教授
神戸 克明
112. ラ33 慢性疼痛から患者を救うオピオイド治療を目指して ーガイドラインを読み解くー [8]
獨協医大麻酔科学講座教授
山口 重樹
113. ラ34 量子メスが切り拓く新たながん治療の可能性 ー骨・軟部腫瘍への応用ー [5]
放射線医学総合研究所病院院長
鎌田 正
114. ラ36 脊椎脊髄疾患の慢性疼痛 ー神経障害性疼痛と慢性腰痛を中心にー [7][8] SS
名大総合医学専攻運動・形態外科学講師
今釜 史郎
115. 文 「スポーツ行政」, 「スポーツが社会に果たす役割」 [14-4]
スポーツ庁長官
鈴木 大地
116. 教47 地域包括ケアシステムにおける整形外科医の役割 [14-4]
厚生労働省保健局医療課
中谷 祐貴子
117. 招14 Pain in osteoarthritis: Causes and new treatments [6]
Prof., Boston Univ. School of Medicine, Clinical Epidemiology Unit, Boston, MA, USA
David T Felson
118. 招18 Pathology and surgical strategy for cervical spine deformity [7] SS
Prof., Dept. of Neurological Surg., Univ. of California, San Francisco
Christopher P. Ames
119. 招22 Current status and future perspectives of Chinese orthopedic surgery : Looking ahead to an aging society [14-4]
Prof., Beijing JISHUITAN Hospital, The 4th Clinical Medical College of Peking Univ.. Beijing
Wei Tian
120. 招26 Tumor microenvironment: Influence on local and systemic treatment [1][5]
Prof., Weill Cornell Medical College
John H. Healey
121. 招30 Feasibility study to replace sockets with percutaneous osseointegrated prosthesis in patients with above knee amputation [12][13]
Prof., Dept. of Orthop., Univ. of Utah, Salt Lake City, UT, USA
Roy D. Bloebaum
122. I1 Epidemiology and clinical significance of osteoporotic vertebral compression fractures [4][7] SS
Assistant Prof., Dept. of Orthop. Surg., NYU Langone Orthopedic Hospital, New York, NY, USA
Afshin E. Razi
I1 Diagnosis and treatment of osteoporotic vertebral fractures in 2018 overview
Dr., Dept. of Orthop. Surg., Univ. of Mississippi Medical Center, Jackson, Ms. USA
Robert A. McGuire
123. I2 Preoperative evaluation and care for osteoporosis in the aging spine [4][7] SS
Assistant prof., Orthop. Surg.,Harvard Medical School
Louis G. Jenis
I2 Intraoperative techniques to enhance fixation in the osteoporotic spine
Prof., Dept. of Orthop. Surg., Univ. of Missouri, Columbia, MO USA
Theodore J. Choma
124. 教40 人工膝単顆置換術の適応と手術手技 [12]
京大教授
松田 秀一
125. 教41 発育性股関節形成不全の多様性と治療への応用 [3][11]
九大教授
中島 康晴
126. 教42 骨粗鬆症患者の顎骨壊死 ー改定ポジションペーパー2016の問題点と新規予防法の効果ー [4]
松本歯科大歯学部歯科放射線学講座教授
田口 明
127. 教43 肩関節不安定症の治療戦略 [2][9]
東北大教授
井樋 栄二
128. 教44 股関節温存術 [11]
旭川医大教授
伊藤 浩
129. 教48 末梢神経疾患の診断と治療 [8]
名大教授
平田 仁
130. 教50 医療技術の費用対効果評価 ー基本手法と事例ー [14-4]
神戸薬科大医療統計学研究室講師
森脇 健介
131. 教52 これって神経内科の病気? ー整形外科外来に紛れ込む神経疾患の最近の話題ー [7][13] Re
新潟大脳研究所神経内科教授
小野寺 理
132. 教54 がん疼痛治療 ー実践的オピオイド・スイッチングー [5][8]
帝京大緩和医療学講座教授
有賀 悦子
133. 教57 運動器疾患と痛み ー非整形外科医から見たピットフォールとその避け方ー [1][8]
横浜市大附属市民総合医療センターペインクリニック准教授
北原 雅樹
134. 教59 安全で衛生的な医療環境を保つために [14-1]
宇部フロンティア大人間健康学部看護学科教授
尾家 重治
135. シ65 ロコモの認知度向上のためにーロコモの社会貢献と整形外科医の役割ー [8][13]
座長:
筑波大教授 山崎 正志 医療法人社団順公会 佐藤整形外科理事長 佐藤 公一
136. CS How to treat the aging spine with osteoporosis [4][7]
座長:
新潟大准教授 平野 徹 Louis G. Jenis
137. 教60 ビッグデータ時代における臨床研究プロジェクトの評価基準 [14-4]
慶大医療政策・管理学教授
宮田 裕章
138. 教62 運動器疾患の疼痛の病態と治療 [8]
東大附属病院緩和ケア診療部/麻酔科・痛みセンター准教授
住谷 昌彦
139. 教65 小児の骨折治療 ー悩ましい初期治療とやむを得ない後遺症ー [2][3]
千葉県こども病院整形外科部長
西須 孝
140. 教71 RA治療における実臨床データの活用 [6] R
名大教授
石黒 直樹
141. 教79 今日の変形性股関節症の診断と治療 [11]
保健衛生大教授
山田 治基
142. 教84 高齢者脊椎疾患に対する運動療法 [7][13] SS
秋田大教授
島田 洋一
143. 教86 脊椎低侵襲手術の現状と近未来展望 [7] SS
岩井医療財団岩井整形外科内科病院院長
高野 裕一
144. 教61 整形外科領域における手術部位感染(SSI)対策 [14-2]
兵庫医大感染制御学教授
竹末 芳生
145. 教66 骨系統疾患の治療 ー現状と展望ー [3][13]
名大准教授
鬼頭 浩史
146. 教72 脊髄再生医療の確立に向けて [1][7] SS
慶大教授
中村 雅也
147. 教80 変形性関節症の疫学研究 ー病態の自然経過と発症進行因子の解明ー [1][12]
新潟医療福祉大健康科学部健康スポーツ学科教授
大森 豪
148. 教85 手関節再建術の適応と有効性 [10]
北大教授
岩崎 倫政
149. 教87 骨・軟部腫瘍における自然史の解析 ー骨・軟部肉腫は先天性かー [5]
新潟大医歯学総合病院魚沼地域教育センター教授
生越 章
150. 教81 レジリエンス・エンジニアリング理論と医療安全への実装 ー変動する複雑適応系の制御ー [14-1]
阪大附属病院中央クオリティマネジメント部教授
中島 和江
151. ラ37 バイオシミラー開発の道と期待される効果 [6] R
医療法人松緑会松野リウマチ整形外科院長
松野 博明
152. ラ38 関節リウマチ治療の最新知見と類縁疾患に対する臨床的アプローチ [6] R
慶大リウマチ・膠原病内科教授
竹内 勤
153. ラ39 高齢者の橈骨遠位端骨折に対する手術とその後の骨粗鬆症治療 [4][10]
産業医大教授
酒井 昭典
154. ラ40 関節リウマチ診療のピットフォールとその対応 [6] R
岡山大准教授
西田 圭一郎
155. ラ41 フレイルと人参養栄湯 ー健康長寿に向けてー [4][8]
鹿児島大医歯学総合研究科社会・行動医学講座心身内科学分野教授
乾 明夫
156. ラ42 腰痛の薬物治療 ー改訂版ガイドラインの紹介ー [8]
保健衛生大病院准教授
辻 崇
157. 教63 腰椎疾患の診断と治療 ー過去・現在・未来ー [7] SS
岩手医大教授
土井田 稔
158. 教67 膝前十字靭帯損傷の治療 [2][12] S
神戸大教授
黒田 良祐
159. 教69 頚椎変性疾患に対する手術治療 ー低侵襲化への工夫ー [7] SS
東大講師
大島 寧
160. 教73 人工関節マテリアルに対する生体反応 [1]
慶大准教授
二木 康夫
161. 教75 骨転移に対する治療 ー集学的治療における整形外科医の役割ー [5]
静岡県立静岡がんセンター整形外科院長
高橋 満
162. 教77 分娩麻痺の診断と治療 [3][8]
大阪発達総合療育センター南大阪小児リハビリテーション病院整形外科院長
川端 秀彦
163. 教82 MRSA-SSIの予防, 診断と治療 [14-2]
独立行政法人労働者健康安全機構関東労災病院医長
山田 浩司
164. 教74 加齢と慢性疼痛 ー高齢者慢性腰痛におけるサルコペニアー [8][13]
国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター整形外科部長
酒井 義人
教74 加齢による下肢体幹筋の筋萎縮および腰痛と筋萎縮・筋硬度の関係
京大人間健康科学系専攻臨床バイオメカニクス研究室教授
市橋 則明
165. 教64 慢性腰痛 ー診断と治療ー [7] SS
福島医大教授
紺野 愼一
166. 教68 要介護者逓減のための取り組み [4][13]
藤野整形外科医院院長
藤野 圭司
167. 教70 三次元アライメントから見えてくる膝疾患 ー病態解明と治療戦略への活用ー [1][12]
新潟県厚生農業協同組合連合会新潟医療センター部長
佐藤 卓
168. 教76 膝関節軟骨損傷治療 ー現状と将来展望ー [2][12] S
広島大教授
安達 伸生
169. 教78 良悪性境界領域の骨・軟部腫瘍 [5]
名大准教授
西田 佳弘
170. 教83 股関節疾患の診断と治療 ーReviewー [11]
山形大主任教授
高木 理彰
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4),(演題5),(演題6),(演題7),(演題8),(演題9),(演題10),(演題11),(演題12),(演題13),(演題14),(演題16),(演題17),(演題18),(演題19),(演題20),(演題21),(演題22),(演題23),(演題24),(演題28),(演題29),(演題30),(演題31),(演題32),(演題33),(演題34),(演題35),(演題36),(演題37),(演題38),(演題39),(演題40),(演題41),(演題42),(演題43),(演題44),(演題45),(演題46),(演題47),(演題48),(演題49),(演題50),(演題51),(演題52),(演題53),(演題61),(演題62),(演題63),(演題64),(演題65),(演題66),(演題67),(演題68),(演題69),(演題70),(演題71),(演題72),(演題73),(演題74),(演題75),(演題76),(演題77),(演題78),(演題79),(演題80),(演題81),(演題82),(演題83),(演題84),(演題85),(演題86),(演題87),(演題89),(演題90),(演題91),(演題92),(演題93),(演題94),(演題95),(演題96),(演題97),(演題98),(演題99),(演題100),(演題101),(演題102),(演題103),(演題104),(演題105),(演題106),(演題107),(演題108),(演題109),(演題110),(演題111),(演題112),(演題113),(演題114),(演題115),(演題116),(演題117),(演題118),(演題119),(演題120),(演題121),(演題124),(演題125),(演題126),(演題127),(演題128),(演題129),(演題130),(演題131),(演題132),(演題133),(演題134),(演題135),(演題136),(演題137),(演題138),(演題139),(演題140),(演題141),(演題142),(演題143),(演題144),(演題145),(演題146),(演題147),(演題148),(演題149),(演題150),(演題151),(演題152),(演題153),(演題154),(演題155),(演題156),(演題157),(演題158),(演題159),(演題160),(演題161),(演題162),(演題163),(演題165),(演題166),(演題167),(演題168),(演題169),(演題170)
2演題1単位 (演題15),(演題25),(演題26),(演題27),(演題54),(演題55),(演題56),(演題57),(演題58),(演題59),(演題60),(演題88),(演題122),(演題123),(演題164)
(6) 1単位1,000円
(7) 川島 寛之 〔参加事前申込・要〕
〒951-8510 新潟県新潟市中央区旭町通一番町757
新潟大学大学院医歯学総合研究科 機能再建医学講座 整形外科学
(025-227-2272)
(8) 認定番号18-0128, 29.12.4受付

2018.5.19
(R)大阪臨床整形外科医会(第307回研修会)
(1) 前中 孝文
(2) 平成30年5月19日(土) 17:00〜19:50
(3) ホテル阪急インターナショナル(大阪府), 250名
(4) 1. 見逃せない小児の関節炎 [3][6] R
大阪医大小児科助教
岡本 奈美
2. 医療制度の激変期と整形外科の将来 [14-4]
大阪行岡医療大特任教授
米延 策雄
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8) 認定番号18-0363, 30.1.26受付

2018.5.12
(SS)北大阪 骨を考える会
(1) 高松 聖仁
(2) 平成30年5月12日(土) 16:00〜18:00
(3) ガーデンシティクラブ大阪(大阪府), 40名
(4) 1. 脊椎感染症の制圧ー早期診断,治療,その後ー [6] SS
淀川キリスト教病院副部長
笹岡 隆一
2. 骨粗鬆症性椎体骨折の手術加療、どこまで治せるか? [7][4] SS
大阪市大准教授
寺井 秀富
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 高松 聖仁
〒533-0024 大阪府大阪市東淀川区柴1−7−50
淀川キリスト教病院整形
(06-6322-2250 内8623)
(8) 認定番号18-0325, 30.2.13受付

2018.5.11
(SS)(Re)南大阪整形外科春季セミナー(第3回)
中村 博亮
平成30年5月11日(金) 18:00〜20:00
ホテルグランヴィア大阪(大阪府), 200名
1. 高齢者脊椎疾患の診断と治療 腰部脊柱管狭窄症と成人脊柱変形を中心に [4][7] SS
山梨大准教授
江幡 重人
2. 運動器のリハビリテーション医学・医療の現状と課題 [13] Re
京府医大教授
久保 俊一
1演題1単位 (演題1),(演題2)
1単位1,000円
星 学
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科
(06-6645-3851 内3851)
認定番号18-0238, 30.1.16受付

2018.4.28
(SS)おおさか脊椎カンファレンス(第8回)
(1)寺井 秀富
(2)平成30年4月28日(土) 14:00〜18:30
(3)大阪市立大学医学部大講義室(大阪府), 200名
(4)圧迫性頚髄症 −診断・治療の最前線−[7][8] SS
和歌山医大講師  湯川 泰紹
(5)1単位
(6)1,000円
(7)寺井 秀富
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号18-0232, 30.1.17受付

2018.4.14
(S)(R)大阪臨床整形外科医会(第306回研修会)
(1)前中 孝文
(2)平成30年4月14日(土) 17:00〜19:50
(3)ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 250名
(4)
1.関節リウマチ治療の進歩と今後の課題ー分子標的治療を中心にー [1][6] R
近畿大奈良病院准教授  神谷 正人

2.膝蓋大腿関節痛の病態と治療 [2][12] S
愛知医大主任教授  出家 正隆
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8)認定番号18-0188, 30.1.12受付

2018.4.7
(R)城北整形外科フォーラム(第15回)
(1)日高 典昭
(2)平成30年4月7日(土) 16:30〜18:30
(3)ホテルグランヴィア大阪(大阪府), 100名
(4)
1.我々の取り組んでいるリウマチチーム医療の考え方 
―外科的治療の適応・方法の変化に対応する連携―[6] R
独立行政法人国立病院機構 大阪南医療センター 整形外科
免疫疾患センター部長  橋本 淳
2.末梢神経傷害の種々相 [2][8]
清恵会三宝病院 名誉院長 清恵会病院 大阪マイクロサージャリーセンター長
山野 慶樹
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 伊藤 智康
〒535-0031 大阪府大阪市旭区高殿6−3−27
医療法人成宏会伊藤外科整形外科
(06-6953-0071)
(8) 認定番号18-0167, 30.1.6受付


2018.3.31
北大阪神経を学ぶ会(第5回)
日高 典昭
平成30年3月31日(土) 16:00〜19:30
淀川キリスト教病院講義室(大阪府), 80名
1. 末梢神経障害と薬物療法 [8][10]
大阪大学講師
田中 啓之
人工神経 基礎と臨床Up to date
大阪市立大学講師
上村 卓也
2. 脊椎疾患と間違われる絞扼性神経障害の診断と治療  −胸郭出口症候群と梨状筋症候群− [7][8]
関西医科大学教授
齋藤 貴徳
3. その症状、末梢?脊髄?はたまた脳? [1][8]
亀田総合病院神経内科部長
福武 敏夫
1演題1単位 (演題2),(演題3)
2演題1単位 (演題1)
1単位1,000円
日高 典昭
〒534-0021 大阪府大阪市都島区都島本通2−13−22
大阪市立総合医療センター
(06-6929-1221)
認定番号17-3279, 29.11.2受付

2018.3.31
(R)(Re)大阪京阪生物学的製剤を学ぶ会(第20回)
和田 孝彦
平成30年3月31日(土) 15:30〜18:00
関西医科大学附属病院 13階合同カンファレンスルーム(大阪府), 100名
1. 生物学的製剤時代におけるDeep remissionへの挑戦 [10][12] Re
大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科学 病院講師
岡野 匡志
2. コホート研究から考える生物学的製剤の特徴 [6][13] R
京都大学医学部附属病院 リウマチセンター 助教
橋本 求
1演題1単位 (演題1),(演題2)
1単位1,000円
上田 祐輔 〔参加事前申込・要〕
〒573-1191 大阪府枚方市新町2−3−1
関西医科大学附属病院
(072-804-0101 内56185)
認定番号17-3020, 29.9.16受付

2018.3.24
(Re)大阪臨床整形外科医会(第305回研修会)
前中 孝文
平成30年3月24日(土) 17:00〜19:50
帝国ホテル大阪(大阪府), 250名
1. 老年医学医からみたサルコペニアの現状と課題 [1][13] Re
大阪大学大学院医学系研究科 老年・総合内科講師
杉本 研
2. 知っててよかった災害時医療の基礎知識 [2]
大阪急性期・総合医療センター 救急診療科主任部長
藤見 聡
1演題1単位 (演題1),(演題2)
1単位1,000円
西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
認定番号17-3228, 29.9.21受付

2018.3.10
(S)(R)大阪市立大学整形外科開業医会(市整会学術講演会)
天野 祐一
平成30年3月10日(土) 17:00〜19:30
ホテルモントレグラスミア大阪(大阪府), 150名
1. 『関節エコーを用いた運動器・関節リウマチ診療の実際』 [6][10] R
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学病院講師
岡野 匡志
2. 『野球医学〜高分解能MRIからコーチングまで〜』 [2][13] S
国立病院機構 西別府病院 スポーツ医学センター 副長
馬見塚 尚孝
1演題1単位 (演題1),(演題2)
1単位1,000円
小竹 志郎
〒631-0003 奈良県奈良県奈良市中登美が丘6−3−3
こたけ整形外科
(0742-52-7779)
認定番号17-3112, 29.9.28受付

2018.3.10
(R)(Re)淀川リウマチカンファレンス(第9回)
(1) 高松 聖仁
(2) 平成30年3月10日(土) 16:00〜18:10
(3) 大阪新阪急ホテル(大阪府), 50名
(4) 1. 寛解を目指したRA治療 [6][13] Re
淀川キリスト教病院整形外科 医員
安野 翔平
リウマチ性疾患における栄養と管理のポイント
淀川キリスト教病院 リウマチ膠原病内科 医長
磯田 健太郎
2. 高齢化が進むRA患者の最適治療を考える [6] R
株式会社麻生 飯塚病院 膠原病・リウマチ内科 部長
永野 修司
(5) 1演題1単位 (演題2)
2演題1単位 (演題1)
(6) 1単位1,000円
(7) 高松 聖仁
〒533-0032 大阪府大阪市東淀川区柴島1丁目7番50号
淀川キリスト教病院
(06-6322-2250 内8623)
(8) 認定番号17-3123, 29.10.11受付

2018.3.3
(SS)(Re)大阪南整形外科フォーラム(第12回)
(1) 大坂 芳明
(2) 平成30年3月3日(土) 17:00〜19:00
(3) ホテル日航大阪 4階 孔雀(大阪府), 50名
(4) 1. 骨粗鬆症患者の転倒・骨折と筋肉〜体組成を用いた取り組み〜 [1][4] Re
独立行政法人 大阪市民病院機構 大阪市立総合医療センター 整形外科 医長
多田 昌弘
2. LIFを用いた成人脊柱変形に対する手術〜SSI発生ゼロへの当院における取り組み〜 [14-2] SS
京都大学大学院医学研究科・運動器機能再建学講座 特任教授
藤林 俊介
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 大坂 芳明
〒559-0012 大阪府大阪市住之江区東加賀屋1−18−18
景岳会 南大阪病院
(06-6685-0221)
(8) 認定番号17-3046, 29.9.28受付

2018.3.3
(Re)近畿足の外科症例検討会(第31回)
(1) 北野 利夫
(2) 平成30年3月3日(土) 15:00〜18:30
(3) 久光製薬株式会社大阪支店 5階会議室(大阪府), 100名
(4) 二分脊椎の足部変形に対する治療[3][8] Re
神奈川県立こども医療センター 病院長
町田 治郎
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 北野 利夫
〒534-0021 大阪府大阪市都島区都島本通2−13−22
大阪市立総合医療センター
(06-6929-1221)
(8) 認定番号17-2971, 29.8.31受付

2018.2.17
(S)大阪市立大学整形外科フォーラム(第9回)
(1)中村 博亮
(2)平成30年2月17日(土) 17:00〜19:00
(3)帝国ホテル大阪(大阪府), 300名
(4)膝スポーツ外傷・障害の治療ー変形性関節症予防の観点からー[2][12] S
医療法人永広会島田病院整形外科部長  富原 朋弘
(5)1単位
(6)1,000円
(7)星 学
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科 (06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号17-2481, 29.7.4受付

2018.2.17
(S)(Re)大阪臨床整形外科医会(第304回研修会)
(1)前中 孝文
(2)平成30年2月17日(土) 16:00〜18:50
(3)ホテルグランヴィア大阪(大阪府), 250名
(4)
1.外来診療に役立つ手関節周囲骨折の診断時のピットフォールと治療の実際 −スポーツ障害を含めてー [2][10] S
北摂総合病院 整形外科部長 手外科センター長 植田 直樹

2.肩挙上困難の診断と治療 −手術療法からリハビリテーションまでー [9][13] Re
滋賀医科大学 整形外科学教室 教授 今井 晋二
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック(072-288-2001 内072-288-2001)
(8)認定番号17-2881, 29.9.10受付

2018.2.10
(S)(Re)大阪臨床整形外科医会(第5回大阪臨床整形外科医会リハビリテーション研修会)
(1)前中 孝文
(2)平成30年2月10日(土) 17:00〜19:30
(3)ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 250名
(4)
1.高齢者の医療安全 [14-1] Re
大阪大学医学系研究科大学院 老年・総合内科学 講師
杉本 研
2.野球肩の診療のポイント [2][9] S
愛知医科大学医学部 整形外科学 特任教授 岩堀 裕介
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック(072-288-2001 内072-288-2001)
(8)認定番号17-2824, 29.9.14受付

2018.2.3
城北脊椎カンファレンス(第3回城北脊椎カンファレンス)
(1)松村 昭
(2)平成30年2月3日(土) 16:00〜18:30
(3)ヴィアーレ大阪(大阪府), 60名
(4)
1.小児脊柱変形の診断と手術治療 [3][7]
大阪市立総合医療センター整形外科副部長  松村 昭

2.痛みの発生メカニズムに基づいた慢性痛に対する薬物療法 [8][7]
なかつか整形外科リハビリクリニック 院長 中塚 映政
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)松村 昭
〒534-0021 大阪府大阪市都島区都島本通2−13−22
大阪市立総合医療センター (06-6929-1221 内6431)
(8)認定番号17-2648, 29.8.4受付

2018.1.27
(Re)近畿小児整形外科懇話会(第61回近畿小児整形外科懇話会・第8回近畿小児整形外科研修会)
(1) 北野 利夫
(2) 平成30年1月27日(土) 10:00〜17:30
(3) 大阪市立総合医療センター さくらホール(大阪府), 100名
(4) 1. 診療の中にモルキオ病が潜む [1][3]
BioMarin Pharmaceutical Japan, Medical Affairs部, Director
吉田 茂
2. 小児整形外科診療に役立つ骨軟部腫瘍の知識 [3][5]
奈良医科大学 講師
藤井 宏真
3. 小児整形外科における創外固定法 [2][3] Re
京都府立医科大学 講師
岡 佳伸
4. 小児代謝内分泌異常による骨疾患 [1][4]
大阪市立総合医療センター小児代謝内分泌科部長
依藤 亨
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4)
(6) 1単位1,000円
(7) 北野 利夫
〒534-0021 大阪府大阪市都島区都島本通2−13−22
大阪市立総合医療センター
(06-6929-1221)
(8) 認定番号17-2608, 29.8.5受付

2018.1.27
(R)関節リウマチ治療の最前線(第10回)
(1) 大坂 芳明
(2) 平成30年1月27日(土) 17:30〜18:30
(3) ヴィアーレ大阪 5階 レガート(大阪府), 50名
(4) 高齢関節リウマチ患者の問題点[6] R
大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科学准教授
乾 健太郎
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 大坂 芳明
〒559-0012 大阪府大阪市住之江区東加賀屋1−18−18
景岳会 南大阪病院
(06-6685-0221)
(8) 認定番号17-2606, 29.8.3受付

2018.1.27
(S)(Re)大阪臨床整形外科医会(第303回研修会)
(1) 前中 孝文
(2) 平成30年1月27日(土) 17:00〜19:50
(3) ホテル阪急インターナショナル(大阪府), 250名
(4) 1. 整形外科と、脳性麻痺の一生 [1][3] Re
社会医療法人 大道会 森之宮病院 副院長
柴田 徹
2. コンタクト・コリジョンスポーツ選手における肩関節痛の診断と治療 [2][9] S
東海大学 外科学系 整形外科学 准教授
内山 善康
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8) 認定番号17-2620, 29.8.19受付

2018.1.20
(SS)大阪脊椎外科フォーラム(第52回)
(1) 海渡 貴司
(2) 平成30年1月20日(土) 14:00〜18:00
(3) リーガロイヤルNCB(大阪府), 100名
(4) 1. 胸腰椎破裂骨折に対するtemporary short-segment fixationの有用性と限界 [2][7] SS
国立病院機構 大阪医療センター 整形外科 医員
古家 雅之
脊椎外科による骨盤輪骨折の治療
市立東大阪医療センター 整形外科 副部長
松森 裕生
2. 骨粗鬆症性椎体骨折後遅発性麻痺の発生危険因子の検討-骨癒合群と遅発性麻痺群間の検討- [4][7] SS
市立豊中病院 整形外科 医長
柏井 将文
骨粗鬆症性新鮮椎体骨折の治療戦略-大阪市大整形外科の取り組み-
大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科教室 講師
星野 雅俊
3. 高エネルギー外傷に伴う脊椎・骨盤外傷に対する治療戦略 [7][11] SS
神戸赤十字病院 整形外科 部長
伊藤 康夫
(5) 1演題1単位 (演題3)
2演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 横畠 里奈
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2−2
大阪大学医学部整形外科
(06-6879-3552)
(8) 認定番号17-2445, 29.7.19受付

2018.1.12
(Re)南大阪整形外科冬季セミナー(第3回)
(1) 中村 博亮
(2) 平成30年1月12日(金) 18:30〜20:30
(3) あべのハルカス会議室(大阪府), 200名
(4) 1. 人工膝関節全置換術における現状と課題 [12][13] Re
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学 講師
箕田 行秀
2. 寛骨臼形成不全の病態と治療 [3][11]
九州大学大学院医学研究院 整形外科 教授
中島 康晴
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 星 学
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8) 認定番号17-2506, 29.8.16受付

2017.12.16
なにわ手外科・マイクロサージャリー懇話会(第5回)
(1)五谷 寛之
(2)平成29年12月16日(土) 15:00〜18:00
(3)ホテルアウィーナ大阪(大阪府), 100名
(4)
1.橈骨遠位端骨折診療ガイドライン2017 を紐解く [2][10]
済生会下関病院整形外科科長
安部 幸雄
2.手指爪変形の治療 [2][10]
塩之谷整形外科 副院長  塩之谷 香
3.小児における四肢再建 [2][3]
国立病院機構弘前病院 特別統括病院長  藤 哲
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3)
(6)1単位1,000円
(7)五谷 寛之
〒590-0024 大阪府大阪市西区本田2丁目1番10号
大阪掖済会病院 手外科・外傷マイクロサージャリーセンター
(06-6581-2881)
(8)認定番号17-2419, 29.7.19受付

2017.12.7
(R)臨床リウマチupdate(第16回)
(1)中村 博亮
(2)平成29年12月7日(木) 18:30〜20:00
(3)スイスホテル南海大阪(大阪府), 60名
(4)T2Tの先を見据えたRA診療 〜痛みのケアの重要性〜[6][12] R
埼玉医科大学病院 整形外科・脊椎外科 教授 門野 夕峰
(5)1単位
(6)1,000円
(7)乾 健太郎
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学 (06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号17-2351, 29.7.12受付

2017.12.2
S)中津整形外科病診連携の集い(第6回)
(1)大橋 弘嗣
(2)平成29年12月2日(土) 15:00〜18:00
(3)大阪府済生会中津病院(大阪府), 100名
(4)外来で役立つ肩の治療のポイント[2][9]
大阪市大病院講師 間中 智哉
(5)1単位
(6)1,000円
(7)大橋 弘嗣
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2−10−39
大阪府済生会中津病院 (06-6372-0333)
(8)認定番号17-2332, 29.7.20受付

2017.12.1
労災医療研修会(平成29年度第2回)
(1)茂松 茂人
(2)平成29年12月1日(金) 14:00〜16:00
(3)大阪府医師会館(大阪府), 300名
(4)
1.勤労者の股関節疾患up to date [11]
大阪急性期・総合医療センター整形外科主任部長 西井 孝

2.治療と仕事の両立支援について [1]
大阪労災病院治療就労両立支援センター部長 久保田 昌詞
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)坂本 徳成
〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町2−3−13 大阪国際ビル16階
(医)坂本整形外科
(06-6266-0666)
(8)認定番号17-1908, 29.4.26受付



2017.11.25
(S)(SS)大阪臨床整形外科医会(第302回研修会)
(1) 前中 孝文
(2) 平成29年11月25日(土) 17:00〜19:50
(3) リーガロイヤルホテル大阪(大阪府), 250名
(4) 1. スポーツ医学:2020年、そしてその先に向けて 〜スポーツ外傷と障害、その予防と治療〜 [2][13] S
慶應義塾大学 スポーツ医学総合センター 教授
松本 秀男
2. 腰椎椎間孔狭窄症の診断と治療 [7][8] SS
和歌山県立医科大学 整形外科学教室 教授
山田 宏
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8) 認定番号17-2197, 29.6.15受付

2017.11.18
大阪市立大学整形外科開業医会(市整会学術文化講演会)
(1) 天野 祐一
(2) 平成29年11月18日(土) 16:15〜17:15
(3) ホテルモントレ グラスミア大阪(大阪府), 100名
(4) 腎障害患者における薬物治療の注意点−安全性を考慮した整形外科領域の薬剤選択−[14-1]
名古屋大学大学院医学系研究科 循環器・肝臓・糖尿病(CKD)先進診療システム学寄付講座
安田 宜成
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 小竹 志郎 〔参加事前申込・要〕
〒631-0003 奈良県奈良県奈良市中登美が丘6−3−3
こたけ整形外科
(0742-52-7779)
(8) 認定番号17-1879, 29.5.10受付

2017.11.18
中津整形外科病診連携の会(第1回)
(1) 楊 裕健
(2) 平成29年11月18日(土) 17:00〜19:00
(3) 久光製薬株式会社大阪支店(大阪府), 30名
(4) 1. 人工股関節周囲感染(PJI)の治療戦略 [11]
大阪府済生会中津病院 整形外科 副部長
楊 裕健
2. DDH小児股関節疾患の診断と治療ーDDHを中心にー [3]
大阪医科大学 整形外科 講師
藤原 憲太
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 楊 裕健
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2−10−39
大阪府済生会中津病院
(06-6372-0333 内6536)
(8) 認定番号17-2107, 29.5.31受付

2017.11.18
(Re)大阪ハンドフォーラム(第6回)
(1) 高松 聖仁
(2) 平成29年11月18日(土) 17:00〜18:00
(3) クラウンプラザホテル大阪(大阪府), 50名
(4) 手関節鏡視下手術の実際−術後の疼痛管理も含めて[2][10] Re
国際医療福祉大学整形外科教授
中村 俊康
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 高松 聖仁 〔参加事前申込・要〕
〒533-0024 大阪府大阪氏東淀川区柴島1−7−50
淀川キリスト教病院
(06-6322-2250 内8623)
(8) 認定番号17-1875, 29.4.26受付

2017.11.11
南大阪骨折研究会(第42回)
(1) 中村 博亮
(2) 平成29年11月11日(土) 13:00〜18:00
(3) エコルテホール(大阪府), 200名
(4) 1. 上腕骨近位端骨折に対する最近の治療戦略ー関節鏡手術と人工骨頭置換術を中心にー [2][9]
大阪市大病院講師
間中 智哉
2. 大腿骨近位部骨折治療の変遷と最終章ー医療安全を踏まえた内固定法ー [14-1]
久留米大教授
白濱 正博
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 岡田 充弘
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8) 認定番号17-2008, 29.5.26受付

2017.11.9
(SS)OSAKA Bone Anabolic Symposium
(1) 中村 博亮
(2) 平成29年11月9日(木) 18:20〜20:30
(3) 帝国ホテル大阪(大阪府), 100名
(4) 1. 脆弱性椎体骨折に対する我々の取り組み [4][7] SS
独立行政法人労働者健康安全機構長崎労災病院副院長
小西 宏昭
2. 人工関節置換術における進歩と今後の課題ー術後疼痛管理を含めてー [1][12]
大阪市大講師
箕田 行秀
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 中村 博亮
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8) 認定番号17-1975, 29.6.13受付

2017.11.4
近畿手外科症例検討会(第115回)
(1) 村瀬 剛
(2) 平成29年11月4日(土) 15:00〜18:15
(3) 大阪リバーサイドホテル(大阪府), 150名
(4) 筋肉移植術による腕神経叢損傷機能再建の基礎と実際ー術後の疼痛管理も含めてー[2][9]
小郡第一総合病院整形外科副院長
服部 泰典
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 五谷 寛之 〔参加事前申込・要〕
〒550-0022 大阪府大阪市本田2丁目1番10号
大阪掖済会病院
(06-6581-2881)
(8) 認定番号17-1947, 29.6.12受付

2017.10.28
(SS)城北整形外科フォーラム(第14回)
(1) 日高 典昭
(2) 平成29年10月28日(土) 16:30〜18:30
(3) 太閤園(大阪府), 200名
(4)
1.
思春期特発性側弯症の診断と治療 [3][7] SS
大阪市立総合医療センター副部長
並川 崇

2.
骨粗鬆症治療におけるビタミンDとビスホスホネートの役割 [1][4]
秋田大学医学部附属病院准教授
宮腰 尚久
(5)
1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 伊藤 智康
〒535-0031 大阪府大阪市旭区高殿6−3−27
医療法人成宏会伊藤外科整形外科
(06-6953-0071)
(8) 認定番号17-1801, 29.5.12受付

2017.10.27
(R)(SS)(Re)日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会(第1回)
(1)菅本 一臣
(2)平成29年10月27日(金)〜平成29年10月29日(日) 09:00〜17:00
(3) 大阪国際会議場(大阪府), 2000名
(4)
1.
運動器の機能解剖学 [14-4] Re
福岡大学病院 リハビリテーション科 教授
塩田 悦仁

2.
リハビリテーションで役立つ膝関節の臨床 [14-4] Re
防衛医科大学校病院 リハビリテーション部 部長
小林 龍生

3.
リハビリテーションと医療安全〜日頃からの注意が紛争を予防します〜 [14-1] Re
大阪A&M法律事務所 弁護士、医師
小島 崇宏

4.
リハビリテーション医療における倫理 [14-3] Re
医療法人社団 輝生会 理事長
石川 誠

5.
周術期における感染対策 [14-2] Re
社会医療法人生長会 ベルランド総合病院 整形外科 副院長
倉都 滋之

6.
関節リウマチ治療の考え方とその実際 [6][13] R
富山大学 医学部 整形外科 教授
松下 功

7.
心と体のレジリエンスを高める漢方医学 漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について [8][13] Re
大阪大学大学院 医学系研究科 教授
萩原 圭祐

8.
外傷性末梢神経障害の治療とそのリハビリテーションの実際 [8][10] Re
近畿大学 医学部 整形外科学教室 教授
柿木 良介


外傷性末梢神経障害の治療とそのリハビリテーションの実際
淀川キリスト教病院整形外科部長
松 聖仁

9.
脳卒中片麻痺歩行に対する機能的電気刺激装置(ウォークエイド)を用いた歩行訓練 [8][13] Re
鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 リハビリテーション医学 講師
松元 秀次


電気刺激治療 -その機序と効果
順天堂大学大学院 医学研究科 リハビリテーション医学 教授
藤原 俊之

10.
分子標的薬による関節リウマチ治療の最前線 [6][13] R
産業医科大学病院 膠原病リウマチ内科 助教
久保 智史


関節リウマチのリハビリテーションと装具治療
神戸大学大学院 医学研究科外科系講座 リハビリテーション機能回復学 教授
酒井 良忠

11.
慢性痛に対する多角的(集学的)治療—現状と未来— [7][13] Re
福島県立医科大学 医学部 整形外科学講座 教授
矢吹 省司

12.
超高齢社会を迎えた運動器の慢性疼痛治療 [12][13] Re
東京大学医学部附属病院 緩和ケア診療部 部長
住谷 昌彦

13.
すべてがかわるリハビリテーション [9][13] Re
大阪大学大学院医学系研究科 運動器バイオマテリアル寄附講座 教授
菅本 一臣

14.
慢性腰痛の病態と治療 [7][8] SS
福島県立医科大学 医学部 整形外科学講座 教授
紺野 愼一


成人脊柱変形に対する外科的治療ー手術方法と術後リハビリテーションの問題点
独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院 副院長
岩 幹季

15.
人工股関節全置換術 〜有効なリハビリテーションのために〜 [11][12] Re
医療法人社団ケアリージェンシー 六本木ヒルズクリニック 副院長
野本 聡


早期リハビリテーションを可能にする人工膝関節置換術の周術期管理
金沢大学附属病院 整形外科 准教授
加畑 多文

16.
歩行再建における下肢装具両方とその施設間連携 [12][13] Re
関西医科大学付属病院 総合リハビリテーションセンター 部長
長谷 公隆

17.
人工膝関節全置換術の話題:エビデンスに肯定されたもの・されなかったもの [12][13] Re
北水会記念病院 水戸人工膝関節センター 部長
塚田 幸行

18.
チームで取り組む関節リウマチのリハビリテーションとケア [6][13] R
神戸大学大学院 保健学研究科 リハビリテーション科学領域 准教授
三浦 靖史

19.
医療倫理と医師の責務  −疼痛治療と医事紛争を含むー [14-3] Re
医療法人寺西報恩会 長吉総合病院 院長
梁瀬 義章

20.
骨粗鬆症治療update [1][4] R
東京大学医学部附属病院 整形外科 教授
田中 栄

21.
TKAで良好な可動域を獲得するには [11][12] Re
社会医療法人大雄会 人工関節センター 部長
中根 邦雄


THAで合併症を回避するためには
東京医科歯科大学医学部附属病院 リハビリテーション部  部長
神野 哲也

22.
手関節のキネマティクスから考えるリハビリテーション [9][10] Re
大阪行岡医療大学 医療学部 教授
森友 寿夫


肩のキネマティクスから考えるリハビリテーション
大阪大学医学部附属病院 リハビリテーション部 助教
佐原 亘

23.
健康寿命延伸の具体策としてのロコモティブシンドローム予防 [7][8] Re
医療法人社団愛友会 伊奈病院整形外科 部長
石橋 英明


高齢者の身体機能と転倒
藤田保健衛生大学 医学部 リハビリテーション医学工講座 准教授
大高 洋平

24.
慢性疼痛の治療とリハビリテーション [13] Re
広島大学病院 リハビリテーション科 教授
木村 浩彰

25.
医療政策の動向〜地域医療構想を中心に〜 [14-5]
厚生労働省 医政局 地域医療計画課長
佐々木 健

26.
膝、足部のキネマティクスから考えるリハビリテーション [11][12] Re
大阪大学 運動器バイオマテリアル学講座 准教授
冨田 哲也


股関節のキネマティクスから考えるリハビリテーション
大阪大学大学院 医学系研究科 器官制御外科学(整形外科) 講師
坂井 孝司

27.
悪性骨腫瘍切除後の機能再建手術 [5][13] Re
岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 生体機能再生・再建学講座 整形外科 教授
尾 敏文


骨転移における四肢機能の温存と再建
帝京大学 医学部 整形外科学講座 教授
河野 博隆

28.
整形外科の立場から見た最近の関節リウマチ治療 [6][13] R
名古屋大学医学部付属病院 整形外科 講師
高橋 伸典

29.
神経機能変化と運動器慢性痛 [7][8] Re
愛知医科大学 学際的痛みセンター 部長
牛田 享宏
(5)
1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4),(演題5),(演題6),(演題7),(演題11),(演題12),(演題13),(演題16),(演題17),(演題18),(演題19),(演題20),(演題24),(演題25),(演題28),(演題29)

2演題1単位 (演題8),(演題9),(演題10),(演題14),(演題15),(演題21),(演題22),(演題23),(演題26),(演題27)
1日最高4単位、2日以上で6単位まで取得可
(6) 1単位1,000円
(7) 市川 百合野 〔参加事前申込・要〕
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2−2
大阪大学
(06-6210-8444 内8444)
(8) 認定番号17-1788, 29.5.20受付

2017.10.21
大阪臨床整形外科医会(第301回研修会)
(1) 前中 孝文
(2) 平成29年10月21日(土) 15:00〜17:30
(3) ザ・リッツカールトン大阪(大阪府), 250名
(4)
変形性膝関節症と骨粗鬆症の病態関連からみた同時治療の実際 −保存療法から関節術後フォローまでー[4][12]
東京慈恵医科大学 整形外科学講座 准教授
斎藤 充
(5)
1単位
(6) 1,000円
(7) 西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8) 認定番号17-1754, 29.5.17受付
※ 備考
お知らせ:会の都合により、時間が15:00-17:30に変更になりました。(2017.7.1.)


2017.10.14
(S)大阪整形外科症例検討会(第53回)
(1) 上田 孝文
(2) 平成29年10月14日(土) 17:00〜18:00
(3) 北浜フォーラム(大阪府), 100名
(4)
足関節果部骨折の治療[2][12] S
福山市民病院整形外科部長
小川 健一
(5)
1単位
(6) 1,000円
(7) 富原 光雄 〔参加事前申込・要〕
〒543-8555 大阪府大阪市天王寺区筆ヶ崎町5−30
大阪赤十字病院整形外科
(06-6774-5111)
(8) 認定番号17-1531, 29.4.7受付


2017.9.30
(R)大阪臨床整形外科医会(第300回研修会)
(1) 前中 孝文
(2) 平成29年9月30日(土) 17:00〜19:50
(3) ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 250名
(4) 1. 実地医における骨粗鬆症のマネジメント [4][7] R
松野リウマチ整形外科 院長 東京医科大学医学総合研究所 整形外科学講座 客員准教授
松野 博明
2. 医療安全 −見果てぬ夢ー [14-1]
東京慈恵会医科大学 整形外科学講座 教授
丸毛 啓史
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8) 認定番号17-1468, 29.3.22受付

2017.9.29
(Re)南大阪整形外科秋季セミナー(第3回)
(1) 中村 博亮
(2) 平成29年9月29日(金) 18:20〜20:30
(3) ホテル阪急インターナショナル(大阪府), 200名
(4) 1. 鎮痛剤による臓器障害の回避ー医療安全の観点からー [14-1]
独立行政法人労働者健康安全機構九州労災病院整形外科第二脊椎部長
今村 寿宏
2. 骨・軟部腫瘍治療:次の一手 [5][13] Re
福井大教授
松峯 昭彦
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 星 学
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8) 認定番号17-1458, 29.4.6受付

2017.9.27
OsakaCity整形外科フォーラム
(1) 中村 博亮
(2) 平成29年9月27日(水) 19:00〜21:00
(3) ホテルモントレグラスミア大阪(大阪府), 100名
(4) 骨粗鬆症性骨折を予防するための運動・栄養・薬物治療の役割[4][7]
秋田大准教授
宮腰 尚久
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 星野 雅俊 〔参加事前申込・要〕
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学
(06-6645-3851)
(8) 認定番号17-1434, 29.3.28受付

2017.9.16
(S)(R)(SS)大阪臨床整形外科医会(ロコモ対策 「運動器疾患/骨・関節フォーラム」大阪会場)
(1) 前中 孝文
(2) 平成29年9月16日(土) 16:00〜19:10
(3) グランフロント大阪 北館B2 コングレコンベンションセンター(大阪府), 250名
(4) 1. 臨床データから考える関節リウマチにおけるIL-6阻害療法の有効利用マニュアル [1][6] R
豊橋市民病院リウマチ科部長
平野 裕司
2. 投球障害肩の診断と治療ー診断・治療のポイントとパフォーマンス向上の取り組みー [2][9] S
東北労災病院スポーツ整形外科部長
田中 稔
3. 大阪地区での骨粗鬆症検診・治療率を上昇させる取り組み −「大阪骨粗鬆症検診を考える会」を如何に活用するか?− [4][7] SS
大阪市大代謝内分泌病態内科学(第二内科)教授
稲葉 雅章
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3)
(6) 1単位1,000円
(7) 西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8) 認定番号17-1377, 29.4.17受付

2017.9.16
(S)(R)(SS)大阪臨床整形外科医会(ロコモ対策 「運動器疾患/骨・関節フォーラム」大阪会場)
(1) 前中 孝文
(2) 平成29年9月16日(土) 16:00〜19:10
(3) グランフロント大阪 北館B2 コングレコンベンションセンター(大阪府), 250名
(4) 1. 臨床データから考える関節リウマチにおけるIL-6阻害療法の有効利用マニュアル [1][6] R
豊橋市民病院リウマチ科部長
平野 裕司
2. 投球障害肩の診断と治療ー診断・治療のポイントとパフォーマンス向上の取り組みー [2][9] S
東北労災病院スポーツ整形外科部長
田中 稔
3. 大阪地区での骨粗鬆症検診・治療率を上昇させる取り組み −「大阪骨粗鬆症検診を考える会」を如何に活用するか?− [4][7] SS
大阪市大代謝内分泌病態内科学(第二内科)教授
稲葉 雅章
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3)
(6) 1単位1,000円
(7) 西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8) 認定番号17-1377, 29.4.17受付

2017.9.16
(R)石切-大東整形外科病診連携懇話会(第2回)
(1) 河野 浩
(2) 平成29年9月16日(土) 16:30〜18:00
(3) ヴィアーレ大阪(大阪府), 50名
(4) 医療安全の観点からみた関節リウマチのタイトコントロール[14-1] R
公益財団法人 白浜医療福祉財団骨リウマチ疾患探索研究所 所長
小池 達也
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 河野 浩 〔参加事前申込・要〕
〒579-8026 大阪府東大阪市 弥生町18−28
石切生喜病院
(0743-75-5726)
(8) 認定番号17-1376, 29.4.16受付

2017.9.16
OCRA会(第33回)
(1) 多田 昌弘
(2) 平成29年9月16日(土) 15:00〜18:00
(3) ナレッジキャピタル カンファレンスルーム(大阪府), 30名
(4) リウマチ手指の変形の治療[6][10]
市立岸和田市民病院整形外科部長
大谷 和裕
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 多田 昌弘
〒543-0021 大阪府大阪市都島区都島本通2−13−22
大阪市立総合医療センター整形外科
(06-6929-1221)
(8) 認定番号17-1368, 29.4.6受付
※ 備考
お知らせ:連絡先が変更になりました。大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学教室→大阪市立総合医療センター整形外科(2017.6.14.)

2017.9.2
(SS)おおさか脊椎カンファレンス(第7回)
(1) 寺井 秀富
(2) 平成29年9月2日(土) 15:00〜19:00
(3) ホテルモントレグラスミア 大阪(大阪府), 200名
(4) 腰椎分離症〜なにをどうすべきか〜[7][13] SS
徳島大学大学院医歯薬学研究部 脊椎関節機能再建外科学(整形外科)准教授
酒井 紀典
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 寺井 秀富
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8) 認定番号17-1138, 29.2.28受付

2017.8.19
(Re)なみはや整形外傷21世紀フォーラム(第33回)
(1) 佐々木 健陽
(2) 平成29年8月19日(土) 13:00〜19:00
(3) ABC−MART梅田ビル8FAルーム(大阪府), 100名
(4)
1.
よくわかる髄内釘の基礎 [1][13] Re
大阪府済生会千里病院 整形外科主任部長兼リハビリテーション科部長
安原 良典

2.
上腕骨近位骨折に関する髄内釘治療 [2][9]
済生会千里病院整形外科副部長
草開 義治

3.
大腿骨近位部骨折に対する髄内釘骨接合術−ガンマネイル法− [2][11]
東北労災病院 東北人工関節センター長 関節外科部長
井上 尚美

4.
外傷治療 −難治例、成績不良例から学ぶ、安全な手術のために− [14-1] Re
兵庫県立西宮病院 整形外科 部長 四肢外傷センター センター長
正田 悦朗
(5)
1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4)
(6) 1単位1,000円
(7) 坂中 秀樹
〒590-0064 大阪府大阪府堺市堺区南安井町1丁1−1
清恵会病院
(072-251-8199)
(8) 認定番号17-1041, 29.3.3受付

2017.8.19
(S)大阪臨床整形外科医会(第299回研修会)
(1) 前中 孝文
(2) 平成29年8月19日(土) 17:00〜19:50
(3) ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 250名
(4)
1.
足部疾患の診断と治療 ースポーツ障害を含むー [2][12] S
市立東大阪医療センター副院長・整形外科
佐本 憲宏

2.
成人脊柱変形(骨粗鬆性椎体骨折後後彎を含む)の病態 [4][7]
独協医大教授
種市 洋
(5)
1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8) 認定番号17-1048, 29.3.13受付

2017.8.10
(S)健康スポーツ医学再研修会(平成29年度)
(1) 茂松 茂人
(2) 平成29年8月10日(木) 15:00〜16:00
(3) 大阪府医師会館(大阪府), 320名
(4)
運動器のスポーツ傷害−中高年者の傷害を中心に−[2][13] S
畷生会脳神経外科病院整形外科部長
小田 明彦
(5)
1単位
(6) 1,000円
(7) 茂松 茂人 〔参加事前申込・要〕
〒567-0851 大阪府茨木市真砂3−12−19
茂松整形外科
(072-633-8801)
(8) 認定番号17-1026, 29.3.6受付

2017.8.5
(SS)大阪臨床整形外科医会(特別研修会)
(1)前中 孝文
(2)平成29年8月5日(土) 17:30〜20:05
(3)ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 200名
(4)
1.
日常臨床に潜んでいる倫理的ジレンマに気づく [14-3]
箕岡医院 院長
箕岡 真子

2.
高齢者腰椎疾患の病態と治療 [4][7] SS
慶應義塾大学医学部 整形外科学教室 教授
松本 守雄
(5)
1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8) 認定番号17-1014, 29.3.15受付

2017.8.5
(S)(R)OCUM整形勤務医会(第16回)
(1) 鍵山 博士
(2) 平成29年8月5日(土) 16:00〜18:30
(3) 大阪新阪急ホテル(大阪府), 100名
(4)
1.正常膝を再現するTKA [6][12] R
独立行政法人 労働者健康安全機構 大阪労災病院 整形外科 関節外科部長
中川 滋
人工膝関節におけるセメンティングテクニック
社会医療法人渡邊高記念会 西宮渡辺病院 人工関節センター長兼整形外科部長
福岡 慎一
2.
スポーツ膝関節障害から早期OA−新しい診断と治療に向けて− [2][12] S
大阪大学大学院医学系研究科 健康スポーツ科学講座スポーツ医学 教授
中田 研
(5)
1演題1単位 (演題2)
2演題1単位 (演題1)
(6) 1単位1,000円
(7) 坂中 秀樹
〒590-0064 大阪府堺市堺区南安井町1−1−1
清恵会病院 (072-223-8199)
(8)認定番号17-0940, 29.2.15受付

2017.7.29
大阪臨床整形外科医会(第298回 研修会)
(1) 前中 孝文
(2) 平成29年7月29日(土) 16:30〜18:20
(3) ホテル阪急インターナショナル(大阪府), 250名
(4) 1. 医療安全の視点から抗炎症を考える -運動器疼痛の薬物療法- [14-1]
東京大学医学部付属病院 麻酔科・痛みセンター部長 准教授
住谷 昌彦
2. 整形外科診療に役立つ神経内科の知識 [7][8]
大阪医科大学 神経内科 講師
中嶋 秀人
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8) 認定番号17-0929, 29.2.19受付

2017.7.16
(S)(R)(SS)(Re)日本臨床整形外科学会学術集会(第30回)
(1) 子田 純夫
(2) 平成29年7月16日(日)〜平成29年7月17日(月) 08:00〜19:00
(3) 京王プラザホテル(東京都), 1500名
(4) 1. 変形性膝関節症の保存療法 [12][13] Re
大分大教授
津村 弘
腎臓専門医からみた薬物治療戦略ーNSAID処方の工夫ー
筑波大医学医療系臨床医学域腎臓内科学教授
山縣 邦弘
2. 小児と成人の肘関節疾患の診療 [9][3] Re
昭和大主任教授
稲垣 克記
3. 投球障害に対する実践的アプローチ -何をどう診てどう治す?- [2][9] S
東京明日佳病院院長
渡邊 幹彦
4. 股関節治療に対する最新の考え方 −運動療法・関節鏡手術・人工関節− [11][13] Re
神奈川リハビリテーション病院 病院長
杉山 肇
5. 骨粗鬆症治療における活性型ビタミンD併用の意義 [4][7]
阪大助教
蛯名 耕介
ビスホスホネートによる骨粗鬆症治療戦略と実践
鶴上整形外科リウマチ科院長
鶴上 浩
6. 膝靭帯損傷膝の診断と治療 [12][13] S
弘前大教授
石橋 恭之
7. 慢性腰痛の診断と病態に応じた治療ー神経障害性疼痛を中心にー [7][8] SS
山口大助教
鈴木 秀典
8. 日常診療における慢性痛の治療ーペインクリニック医の立場からー [1][8]
みつはたペインクリニック院長
光畑 裕正
9. 骨粗鬆症治療体系におけるPTH製剤の役割ーインスリンのない糖尿病治療体系がある?自己注射のない骨粗鬆症治療は? ー [4][7]
骨粗鬆症・脊椎疾患センター かみむらクリニック 院長
上村 幹男
10. 超音波診療の新展開ー今、脂肪が面白い!ー [1][2]
医療法人城東整形外科診療部長
皆川 洋至
11. わが国における大腿骨近位部骨折の現状と予防戦略 [11][4] Re
鳥取大教授
萩野 浩
12. 関節リウマチ治療の革進 [6] R
埼玉医大病院整形外科・脊椎外科主任教授
織田 弘美
13. 外来で必要な陥入爪、巻き爪の治療と合併する足の疾患について [12][6]
高田馬場病院
町田 英一
14. 上肢の末梢神経損傷ー肩甲帯を中心にー [8][9] Re
東邦大医療センター大橋病院整形外科教授
池上 博康
15. 医療安全:見果てぬ夢ー医療事故調査制度の現況ー [14-1]
慈恵医大主任教授
丸毛 啓史
16. 肩関節挙上困難の疼痛管理と手術療法 [9][8]
滋賀医大教授
今井 晋二
17. 医師の法的責任と医療倫理 [14-3]
木之元法律事務所
木之元 直樹
18. 骨粗鬆診療の最新の話題 [4][7]
近畿大奈良病院整形外科・リウマチ科 教授
宗圓 聰
19. 幼児期・学童期における運動器障害の診療 [3][13] Re
東大リハビリテーション医学教授
芳賀 信彦
20. 主な脊椎変性疾患の診断と治療 [7][8] SS
自治医大教授
竹下 克志
21. 整形外科脊椎領域における感染症治療 [14-2]
国際医療福祉大主任教授
石井 賢
22. 外来診療で押さえておきたい骨・軟部腫瘍の知識 [5]
東邦大主任教授
土谷 一晃
23. 鎮痛薬の適正使用を考えるーCKD、CVDの観点からー [7][1] SS
松山赤十字病院腎臓内科部長
上村 太朗
腰下肢痛に対する保存療法の実際
愛媛大准教授
尾形 直則
24. 変形性関節症:国内外の最新ガイドラインと治療法のパラダイムシフト [12][13] Re
JCHO東京新宿メディカルセンター  脊椎脊髄センター センター長
川口 浩
25. 変形性膝関節症の診断と治療 -保存療法から再生医療まで- [12][13] Re
広島大学大学院 医歯薬保健学研究院 統合健康科学部門医学分野 整形外科学 教授
安達 伸生
26. 先生、骨の薬いつまで続けるのですか? −RA・骨折・骨粗鬆症の病態と、薬剤代謝から考える使い分け− [4][6] R
沖本クリニック 院長
沖本 信和
27. デュロキセチン60mgの今後の位置づけについてー中長期的な使用成績を含めてー [12][7]
医療法人全心会寝屋川ひかり病院 整形外科部長
習田 武史
28. 運動器慢性疼痛と治療薬の使い分けー医療倫理とこころに着目した痛み治療ー [14-3]
阪大疼痛医学講座特任准教授
三木 健司
29. 骨粗鬆症と変形性関節症の病態連関からみた同時治療の実際−骨質劣化は関節症の危険因子− [4][12]
慈恵医大准教授
斉藤 充
(5) 1演題1単位 (演題2),(演題3),(演題4),(演題6),(演題7),(演題8),(演題9),(演題10),(演題11),(演題12),(演題13),(演題14),(演題15),(演題16),(演題17),(演題18),(演題19),(演題20),(演題21),(演題22),(演題24),(演題25),(演題26),(演題27),(演題28),(演題29)
2演題1単位 (演題1),(演題5),(演題23)
(6) 1単位1,000円
(7) 中川 種史
〒158-0097 東京都世田谷区用賀4−13−8
中川整形外科
(03-3707-4388)
(8) 認定番号17-0815, 29.2.17受付

2017.7.15
(R)中津整形外科病診連携フォーラム(第5回)
(1) 大橋 弘嗣
(2) 平成29年7月15日(土) 14:45〜17:40
(3) AP大阪駅前 Aルーム(大阪府), 100名
(4) 1. 関節リウマチに対する内科的治療 [6] R
大阪府済生会中津病院膠原病内科部長
中澤 隆
2. 最新の骨粗鬆症治療の動向 [4]
大阪大学大学院医学研究科整形外科助教
蛯名 耕介
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 大橋 弘嗣
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2−10−39
大阪府済生会中津病院
(06-6372-0333)
(8) 認定番号17-0621, 29.1.12受付

2017.7.1
真田山セミナー [運動器疼痛を語る会](第5回)
(1) 中村 博亮
(2) 平成29年7月1日(土) 16:00〜18:15
(3) 阪急電鉄本社ビル エコルテホール(大阪府), 120名
(4) 1. 難治性頚椎疾患の治療戦略 -上位頚椎を中心に- [7][6]
群馬大教授
筑田 博隆
2. 変形性膝関節症の治療 保存療法から軟骨再生を含めて [12][13]
愛知医大教授
出家 正隆
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 中村 博亮
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851)
(8) 認定番号17-0679, 29.2.10受付

2017.7.1
(R)リウマチ診療セミナー(第5回)
(1) 高松 聖仁
(2) 平成29年7月1日(土) 16:30〜17:30
(3) 淀川キリスト教病院 3階 会議室(大阪府), 50名
(4) リウマチ合併症管理のテクニック[6] R
淀川キリスト教病院 リウマチ膠原病内科 副部長
庄田 武司
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 高松 聖仁
〒533-0024 大阪府東淀川区柴島1−7−50
淀川キリスト教病院整形外科
(06-6322-2250)
(8) 認定番号17-0689, 29.2.19受付

2017.6.30
労災医療研修会(平成29年度第1回)
(1)茂松 茂人
(2)平成29年6月30日(金) 14:00〜16:00
(3)大阪府医師会館(大阪府), 300名
(4)
1.高次脳機能障害の理解と就労支援 [1]
なやクリニック院長  納谷 敦夫
2.職場における感染症対策 [14-2]
関西医大公衆衛生学講座教授  西山 利正
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)坂本 徳成
〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町2−3−13 大阪国際ビル16階
(医)坂本整形外科 (06-6266-0666)
(8)認定番号17-0329, 28.12.7受付


2017.6.29
(SS)南大阪整形外科夏季セミナー(第2回)
(1)中村 博亮
(2)平成29年6月29日(木) 17:50〜20:00
(3)大阪マリオット都ホテル(大阪府), 300名
(4)
1.科学に基いた脊椎固定術の変化と革新 [7] SS
大阪大学大学院医学系研究科 器官制御外科学 (整形外科)助教 海渡 貴司
2.股・膝関節疾患における新知見 -軟骨下脆弱性骨折の観点から- [11][12]
福岡大学医学部整形外科学教室教授
山本 卓明
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)星 学
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科(06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号17-0552, 28.12.28受付


2017.6.24
(S)大阪臨床整形外科医会(第297回研修会)
(1)前中 孝文
(2)平成29年6月24日(土) 17:00〜19:50
(3)リーガロイヤルホテル(大阪府), 250名
(4)
1.骨折予防におけるスポーツ医学の役割 [2][13] S
慶應義塾大学医学部 スポーツ医学総合センター講師
岩本 潤
2.人工関節周囲感染治療のtips,tricks and traps [6]
関西医科大学 整形外科学教室講師
䯨 賢一
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック (072-288-2001 内072-288-2001)
(8)認定番号17-0528, 29.1.10受付

2017.6.23
(S)(Re)日本小児股関節研究会(第56回)
(1)北野 利夫
(2)平成29年6月23日(金)〜平成29年6月24日(土) 10:00〜19:00
(3)大阪市中央公会堂(大阪府), 300名
(4)
1.小児稀少疾患の骨盤X線像 [1][11]
東京都立小児総合医療センター 放射線科部長
西村 玄
2.小児骨盤骨切り術のあれこれ [3][11] Re
千葉こどもとおとなの整形外科 病院長
亀ヶ谷 真琴
3.オートファジー研究の発展から見えること [1]
阪大生化学・分子生物学講座 遺伝学教室教授
吉森 保
4.思春期から若年成人における股関節治療ー股関節鏡手術から骨切り術・人工関節置換術までー [11][13] S
市立ひらかた病院 部長
大原 英嗣
5.乳児期の股関節脱臼はエコーで診断出来る [1][3]
大阪医大講師
藤原 憲太
6.股関節形成不全スペクトラム−乳幼児健診医を惑わす様々な病態とその臨床像− [3][11] Re
大阪市立総合医療センター小児整形外科部長
北野 利夫
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4),(演題5),(演題6)
(6)1単位1,000円
(7)北野 利夫
〒534-0021 大阪府大阪市都島区都島本通2−13−22
大阪市立総合医療センター (06-6929-1221)
(8)認定番号17-0518, 29.1.11受付

2017.6.17
(S)関西臨床スポーツ医・科学研究会(第27回)
(1)田中 繁宏
(2)平成29年6月17日(土) 09:00〜18:00
(3)大阪リバーサイドホテル(大阪府), 100名
(4)
1.ラグビーに関わるドクターやコーチとして楽しむ [2][7] S
大学愛染橋病院 整形外科 部長 中村 夫左央
2.糖尿病の運動療法-ガイドラインUpdate [1] S
大阪市立総合医療センター 糖尿病内科 部長 細井 雅之

認知症予防最前線
関西大学 人間健康学部  教授 弘原海 剛
3.加速度センサーによる日常生活での身体活動量の評価 [13] S
流通科学大人間社会学部人間健康学科教授  大島 秀武

加齢による体の変化を考慮した体つくり
宮田医院院長 宮田 重樹
(5)
1演題1単位 (演題1)
2演題1単位 (演題2),(演題3)
(6)1単位1,000円
(7)小川 宗宏
〒634-8522 奈良県橿原市四条町840
奈良県立医科大学整形外科 (0744-22-3051 内2324)
(8) 認定番号17-0497, 29.1.18受付

2017.6.10
(R)(Re)大阪市立大学整形外科開業医会(市整会学術講演会)
(1)天野 祐一
(2)平成29年6月10日(土) 16:00〜19:30
(3)スイスホテル南海大阪(大阪府), 150名
(4)1.筋膜リリースの基礎と応用 [13] Re
首都大学東京大学院理学療法科学域教授 竹井 仁
2.交通事故診療の問題点 [14-4] Re
やました整形外科 院長 山下 仁司
3.骨代謝回転を考慮した骨折・リウマチ・骨粗鬆治療薬の使い分けと、医療連携 [4][6] R
沖本クリニック 院長 沖本 信和
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3)
(6)1単位1,000円
(7)小竹 志郎
〒631-0003 奈良県奈良県奈良市中登美が丘6−3−3
こたけ整形外科(0742-52-7779)

2017.6.3
(R)南大阪 関節リウマチ Expert Meeting(第1回)
(1)大坂 芳明
(2)平成29年6月3日(土) 17:00〜18:00
(3)リーガロイヤルホテル大阪 2階(大阪府), 80名
(4)
生物学的製剤は術後感染に影響を及ぼすか?[6] R
大阪市立総合医療センター 整形外科 医長
多田 昌弘
(5)1単位
(6)1,000円
(7)大坂 芳明
〒559-0012 大阪府大阪市住之江区東加賀屋1−18−18 南大阪病院
(06-6685-0221)
(8)認定番号17-0384, 29.1.12受付


2017.5.13
(SS)おおさか脊椎カンファレンス(第6回)
(1) 寺井 秀富
(2) 平成29年5月13日(土) 14:00〜18:30
(3) 大阪市立大学医学部大講義室(大阪府), 200名
(4) 転移性脊椎腫瘍の治療戦略 −骨転移Cancer Boardの活用ー[7][14-5] SS
神戸大助教
角谷 賢一朗
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 寺井 秀富
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8) 認定番号17-0199, 28.12.14受付

2017.5.13
(R)大阪臨床整形外科医会(第296回研修会)
(1) 前中 孝文
(2) 平成29年5月13日(土) 16:30〜19:20
(3) ホテルグランヴィア大阪(大阪府), 250名
(4) 1. 関節リウマチの患者背景より考えるcsDMARDsの使いどころ [6][12] R
豊橋市民病院リウマチ科部長
平野 裕司
2. 医療チームの安全を支えるノンテクニカルスキルースピークアップとリーダーシップー [14-1]
阪大付属病院 中央クオリティマネジメント部 病院教授
中島 和江
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8) 認定番号17-0191, 28.12.1受付

2017.4.21
SS)南大阪整形外科春季セミナー(第2回)
(1)中村 博亮
(2)平成29年4月21日(金) 18:20〜20:30
(3)ホテルグランヴィア大阪(大阪府), 200名
(4)1.骨粗鬆症患者における種々の整形外科手術とテリパラチドーその有用性の検討ー [4][10]
淀川キリスト教病院部長  高松 聖仁

2.知っておきたい「がん」と「骨転移」の現状ー整形外科医の役割」 [5] SS
帝京大主任教授  河野 博隆
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)星 学
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科 (06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号17-0118, 28.11.15受付

2017.4.15
(S)(Re)大阪臨床整形外科医会(第295回研修会)
(1)前中 孝文
(2)平成29年4月15日(土) 17:00〜19:50
(3)ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 250名
(4)1.投球肘障害の診断と治療 [2][9] S
医療法人川崎病院整形外科部長  戸祭 正喜

2.整形外科医の行う運動器リハビリテーション [4][13] Re
近畿大リハビリテーション医学教授  福田 寛二
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック (072-288-2001 内072-288-2001)
(8)認定番号17-0100, 28.11.14受付

2017.4.1
R)城北整形外科フォーラム(第13回)
(1)日高 典昭
(2)平成29年4月1日(土) 16:30〜18:30
(3)ホテルグランヴィア大阪(大阪府), 200名
(4)
1.小児整形外科診療におけるピットフォール〜虐待の推知とその倫理的考察も含めて〜 [14-3]
大阪市立総合医療センター 小児整形外科医長 中川 敬介

2.整形外科リウマチ専門医が考える関節リウマチを中心としたRheumatology [6] R
豊橋市民病院リウマチ科部長 平野 裕司
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)伊藤 智康
〒535-0031 大阪府大阪市旭区高殿6−3−27
医療法人成宏会伊藤外科整形外科 (06-6953-0071)
(8)認定番号17-0063, 28.11.16受付

2017.3.25
(SS)北大阪神経を学ぶ会(第4回)
(1) 日高 典昭
(2) 平成29年3月25日(土) 15:00〜18:30
(3) 淀川キリスト教病院3階講義室(大阪府), 80名
(4) 1. 診断に苦労した上肢麻痺〜手外科医の立場から〜 [1][8] SS
大阪市立総合医療センター部長
日高 典昭
上肢麻痺の診断で知っておきたいサイン・テスト
大阪市立大学大学院医学研究科講師
豊田 宏光
神経内科医からみた上肢麻痺の鑑別診断
関西電力病院神経内科部長
濱野 利明
2. 頚椎症・頚椎ヘルニアをどう診るか [7][8] SS
三井記念病院部長
星地 亜都司
(5) 1演題1単位 (演題2)
3演題2単位 (演題1)
(6) 1単位1,000円
(7) 日高 典昭
〒534-0021 大阪府大阪市都島区都島本通2−13−22
大阪市立総合医療センター
(06-6929-1221)
(8) 認定番号16-3560, 28.11.19受付

2017.3.18
(R)大阪臨床整形外科医会(第294回研修会)
(1) 前中 孝文
(2) 平成29年3月18日(土) 17:00〜19:50
(3) 帝国ホテル大阪(大阪府), 250名
(4) 1. 実臨床整形外科医の立場から骨の治療を考える [4][6] R
沖本クリニック院長
沖本 信和
2. 医療経済からみた関節リウマチ治療 [14-4] R
大阪市大高齢者運動器変性疾患制御講座特任教授
小池 達也
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8) 認定番号16-3516, 28.11.15受付

2017.3.11
(R)(SS)大阪市立大学整形外科開業医会(市整会学術講演会)
(1) 天野 祐一
(2) 平成29年3月11日(土) 17:00〜19:30
(3) ホテルモントレグラスミア(大阪府), 100名
(4) 1. リウマチ診療における最新の知見 [6][10] R
阪大運動器バイオマテリアル学准教授
冨田 哲也
2. 肩こりに対する枕調節の理論と実践−至適臥位姿勢解明を目指して− [7][9] SS
16号整形外科院長
山田 朱織
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 小竹 志郎
〒631-0003 奈良県奈良県奈良市中登美が丘6−3−3
こたけ整形外科
(0742-52-7779)
(8) 認定番号16-3456, 28.11.4受付

2017.3.11
(R)リウマチ病診連携の会(第19回)
(1) 藤井 敏之
(2) 平成29年3月11日(土) 17:00〜19:00
(3) ブリーゼプラザ(大阪府), 200名
(4) RA合併症としてのロコモとRA病診連携の重要性[6] R
大阪市立大学大学院医学部附属病院 整形外科 病院教授
乾 健太郎
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 藤井 敏之
〒564-0013 大阪府吹田市川園町1−2
大阪府済生会吹田病院
(06-6382-1521 内4020)
(8) 認定番号16-3140, 28.10.31受付

2017.3.4
(R)淀川リウマチカンファレンス(第8回)
(1) 高松 聖仁
(2) 平成29年3月4日(土) 16:00〜18:10
(3) ホテルグランヴィア大阪(大阪府), 50名
(4) 1. 関節リウマチ治療と手術 [6][13] R
淀川キリスト教病院整形外科医員
安野 翔平
骨粗鬆症合併リウマチ患者に対する生物学的製剤の有用性検討
大阪市大講師
岡野 匡志
2. 高齢化時代におけるRA治療の最適化ーMTX診療ガイドライン2016改定を踏まえてー [6] R
淀川キリスト教病院副部長
庄田 武司
(5) 1演題1単位 (演題2)
2演題1単位 (演題1)
(6) 1単位1,000円
(7) 高松 聖仁
〒533-0032 大阪府大阪市東淀川区柴島1丁目7番50号
淀川キリスト教病院
(06-6322-2250)
(8) 認定番号16-3396, 28.11.6受付

2017.2.23
(R)RAネット(第13回)
(1)乾 健太郎
(2)平成29年2月23日(木) 19:00〜21:10
(3)スイスホテル南海大阪(大阪府), 100名
(4)1.RA治療における生物学的製剤の選択ーTNFα阻害薬の可能性を再考するー [6] R
香川大内科学講座血液・免疫・呼吸器内科学講師 土橋 浩章
2.関節リウマチ治療におけるリハビリテーションの役割 [6][13] R
大阪医大総合医学講座 リハビリテーション医学教室 教授 佐浦 隆一
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)乾 健太郎 〔参加事前申込・要〕
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学(06-6645-3851)
(8)認定番号16-3328, 28.11.4受付

2017.2.18
(S)大阪市立大学整形外科フォーラム(第8回)
(1)中村 博亮
(2)平成29年2月18日(土) 16:00〜18:00
(3)帝国ホテル大阪(大阪府), 300名
(4)離断性骨軟骨炎を中心とした投球障害肘治療ー肘変形性関節症に至らせないためにー[9][13] S
清恵会病院整形外科部長 松浦 健司
(5)1単位
(6)1,000円
(7)星 学
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科 (06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号16-3304, 28.11.16受付

2017.2.18
(S)大阪臨床整形外科医会(第293回研修会)
(1)前中 孝文
(2)平成29年2月18日(土) 16:00〜18:50
(3)ホテルグランヴィア大阪(大阪府), 250名
(4)1.臨床倫理と医療安全 実務と司法の間 [14-3]
弁護士 田邉 昇
2.今更ながら見逃してしまう足病変(スポーツ傷害・障害の後遺症を含む) −医原性慢性疼痛をつくらないためにもー [2][12] S
南大阪病院整形外科部長   森川 潤一
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック(072-288-2001 内072-288-2001)
(8)認定番号16-3046, 28.10.12受付

2017.2.10
労災医療研修会(平成28年度第3回)
(1)茂松 茂人
(2)平成29年2月10日(金) 14:00〜16:00
(3)大阪府医師会館(大阪府), 300名
(4)1.医療安全への二つのアプローチ:Safety-1とSafety-2 [14-1]
阪大附属病院中央クオリティマネジメント部部長・病院教授  中島 和江
2.中高年労働者の視覚障害 [1]
関西医大附属病院病院教授  山田 晴彦
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)坂本 徳成
〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町2−3−13 大阪国際ビル16階
(医)坂本整形外科 (06-6266-0666)
(8)認定番号16-3238, 28.11.4受付

2017.2.4
(R)(Re)大阪臨床整形外科医会(第4回リハビリテーション研修会)
(1)前中 孝文
(2)平成29年2月4日(土) 17:00〜19:30
(3)ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 200名
(4)1.RA薬物療法と注意すべき合併症について(感染症を含む) [14-2] R
大阪市大准教授 乾 健太郎
2.リハビリテーションと医療倫理 [14-3] Re
横浜労災病院副院長・運動器センター長 三上 容司
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック (072-288-2001 内072-288-2001)
(8)認定番号16-2618, 28.8.28受付

2017.1.28
(SS)城北脊椎カンファレンス(第2回)
(1) 松村 昭
(2) 平成29年1月28日(土) 16:00〜18:30
(3) ヴィアーレ大阪 5階 レガート(大阪府), 100名
(4) 1. 腰部脊柱管狭窄症に対する手術治療 [7][4] SS
大阪市立総合医療センター整形外科副部長
加藤 相勲
骨粗鬆症性椎体骨折に対する手術治療
大阪市立総合医療センター整形外科副部長
並川 崇
2. 痛みを考える -ペインクリニックでの腰下肢痛治療を含めて- [7][8] SS
近畿大学医学部麻酔科学講座教授
森本 昌宏
(5) 1演題1単位 (演題2)
2演題1単位 (演題1)
(6) 1単位1,000円
(7) 松村 昭
〒534-0021 大阪府大阪市都島区都島本通2−13−22
大阪市立総合医療センター
(06-6929-1221 内6431)
(8) 認定番号16-2937, 28.10.3受付

2017.1.14
(Re)堺市医師会整形外科医会(平成29年度堺臨床整形外科医会新年学術講演会)
田村 友彦
平成29年1月14日(土) 16:45〜17:55
ホテル・アゴーラリージェンシー堺 26階「クリスタル」(大阪府), 50名
RA足部の治療ーリハビリを含めた戦略ー[13] Re
大阪労災病院 整形外科 リウマチ科部長
坪井 秀規
踵骨骨折の治療ーリハビリを含めた戦略ー
清恵会病院 副院長
坂中 秀樹
2演題1単位
1,000円
田村 友彦
〒593-8322 大阪府堺市西区津久野町1丁8−12
医療法人 嘉祥会 田村外科
(072-273-1381)
認定番号16-2594, 28.8.3受付

2017.1.14
(S)(SS)大阪臨床整形外科医会(第292回研修会)
(1) 前中 孝文
(2) 平成29年1月14日(土) 17:00〜19:50
(3) ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 250名
(4) 1. これからの腰痛マネジメント -明日から役立つ運動療法、認知行動療法、薬物治療の実際- [7][13] SS
東大付属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座長
松平 浩
2. 肩関節疾患の診断と治療・スポーツ傷害から高齢者まで [2][9] S
阪大助教
佐原 亘
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8) 認定番号16-2868, 28.10.12受付

2017.1.12
(Re)南大阪整形外科冬季セミナー(第2回)
(1) 中村 博亮
(2) 平成29年1月12日(木) 18:20〜20:30
(3) ホテル日航大阪(大阪府), 200名
(4) 1. 患者のリスクレベルに応じた静脈血栓塞栓症の予防対策 [14-1] Re
北里大医療衛生学部リハビリテーション学科、大学院医療系研究科整形外科学教授
高平 尚伸
2. 肘部管症候群の病態と治療 [8][9]
信州大運動機能学教室教授
加藤 博之
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 星 学
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8) 認定番号16-2741, 28.9.13受付

2016.12.17
(R)大阪リウマチカンファレンス(第39回)
(1)村田 紀和
(2)平成28年12月17日(土) 14:30〜17:00
(3)北浜フォーラム(大阪府), 120名
(4)
1.全身性自己免疫疾患としての関節リウマチ −特に自己抗体の重要性について− [1][6] R
和歌山医大リウマチ膠原病科学講座 教授 藤井 隆夫
2.医療経済からみた適切な生物学的製剤の使い方 [14-4] R東医大客員准教授 松野 博明
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7) 村田 紀和
〒530-0021 大阪府大阪市北区浮田2−2−3
社会医療法人行岡医学研究会 行岡病院リウマチ科
(06-6371-9921)
(8)認定番号16-2726, 28.9.16受付


2016.12.10
なにわ手外科・マイクロサージャリー懇話会(第4回)
(1)五谷 寛之
(2)平成28年12月10日(土) 15:00〜17:00
(3)大阪国際交流センター(大阪府), 100名
(4)
1.顕微鏡下手術のすすめ [8][10]
聖隷浜松病院 手外科・マイクロサージャリーセンター センター長 大井 宏之

2.手根骨骨折(舟状骨骨折、偽関節を中心に)の治療 [2][10]
(財)新潟手の外科研究所所長、副理事長 坪川 直人
(5)
1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 五谷 寛之
 〒550-0022 大阪府大阪市西区本田2丁目1番10号
大阪掖済会病院手外科外傷マイクロサージャリーセンター
(06-6581-2881)
(8)認定番号16-2694, 28.9.19受付

2016.12.2
労災医療研修会(平成28年度第2回)
(1)茂松 茂人
(2)平成28年12月2日(金) 14:00〜16:00
(3)大阪府医師会館(大阪府), 300名
(4)
1.職場におけるC型肝炎の予防と最新の治療法 [14-2]
(独)労働者健康安全機構 大阪労災病院副院長、消化器内科部長 平松 直樹
2.勤労者の肩関節疾患 [9]
伊藤クリニック 院長 伊藤 陽一
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)坂本 徳成
〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町2−3−13 大阪国際ビル16階 (医)坂本整形外科
(06-6266-0666)
(8)認定番号16-2544, 28.8.17受付

2016.12.1
(R)臨床リウマチupdate(第15回)
(1)中村 博亮
(2)平成28年12月1日(木) 18:30〜20:00
(3)スイスホテル南海大阪(大阪府), 80名
(4)
当院での肺炎球菌ワクチンの接種状況ー500例以上接種の経験からー[14-2] R
松山赤十字病院リウマチ膠原病センター副部長
押領司 健介
(5)1単位
(6)1,000円
(7)乾 健太郎
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学
(06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号16-2651, 28.9.2受付

2016.11.26
(R)骨・関節懇話会(第9回)
本城 昌
平成28年11月26日(土) 17:30〜19:00
ウエスティンホテル大阪(大阪府), 40名
RAおよびSpA治療におけるDMARDs(cs,bo)の位置付け[6][7] R
大阪市大准教授
乾 健太郎
1単位
1,000円
本城 昌 〔参加事前申込・要〕
〒550-0024 大阪府大阪府大阪市西区境川1−1−31 境川メディカルセンタービル
本城整形外科
(06-6536-8011)
認定番号16-2476, 28.8.1受付

2016.11.26
S)(SS)大阪臨床整形外科医会(第291回研修会)
前中 孝文
平成28年11月26日(土) 17:00〜19:50
リーガロイヤルホテル(大阪府), 250名
1. 変形性膝関節症(軟骨・半月板)の再生医療 [1][12] S
医科歯大再生医療センター、大学院応用再生医学分野教授
関矢 一郎
2. 脊椎疾患に対する脊椎低侵襲手術からの治療概念の変化 [7][8] SS
和歌山医大講師
南出 晃人
1演題1単位 (演題1),(演題2)
1単位1,000円
西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
認定番号16-2232, 28.7.25受付

2016.11.25
(Re)なみはや整形外傷21世紀フォーラム(第32回)
佐々木 健陽
平成28年11月25日(金) 18:30〜21:30
ホテルグランヴィア大阪 20階 『名庭』(大阪府), 100名
1. 骨盤脆弱性骨折 その病態と治療 [4][11] Re
岡山大医歯薬学総合研究科運動器外傷学講座准教授
野田 知之
2. iPS細胞を用いた新しい軟骨疾患治療方法の開発 [1]
京大iPS細胞研究所 増殖分化機構研究部門細胞誘導制御学分野教授
妻木 範行
1演題1単位 (演題1),(演題2)
1単位1,000円
坂中 秀樹 〔参加事前申込・要〕
〒590-0064 大阪府大阪府堺市堺区南安井町1丁1−1
清恵会病院
(072-251-8199)
認定番号16-1910, 28.6.22受付

2016.11.12
大阪ハンドフォーラム(第5回)
高松 聖仁
平成28年11月12日(土) 17:00〜18:00
ホテルモントレグラスミア大阪(大阪府), 50名
手外科医が知っておきたい超音波診療 〜診断と痛みへのアプローチ〜[1][10]
広島大学整形外科 診療講師
中島 祐子
1単位
1,000円
高松 聖仁
〒533-0024 大阪府大阪氏東淀川区柴島1−7−50
淀川キリスト教病院
(06-6322-2250 内8623)
認定番号16-2182, 28.7.30受付

2016.11.10
(Re)人工関節手術と骨粗鬆症治療の繋がりと医療連携を考える
日高 典昭
平成28年11月10日(木) 18:50〜21:00
帝国ホテル大阪4階「牡丹の間」(大阪府), 100名
1. 当院における股関節疾患の治療についてーTHAの最近の話題を中心にー [11] Re
大阪市立総合医療センター整形外科副部長
松浦 正典
2. 骨粗鬆症患者における人工股関節置換術後の大腿骨近位部に対する薬剤の影響 [4][11] Re
札幌医大生体工学・運動器治療開発講座特任教授
名越 智
1演題1単位 (演題1),(演題2)
1単位1,000円
松浦 正典
〒534-0021 大阪府大阪市都島区都島本通2−13−22
大阪市立総合医療センター
(06-6929-1221 内6080)
認定番号16-2321, 28.8.18受付

2016.11.4
(S)(R)(Re)日本股関節学会学術集会(第43回)
(1) 飯田 寛和
(2) 平成28年11月4日(金)〜平成28年11月5日(土) 08:00〜17:00
(3) 大阪国際会議場(大阪府), 2000名
(4) 1. 広範囲展開法(田邊法) [3][11]
川崎医大骨・関節整形外科教授
三谷 茂
小児股関節手術のWindow’s of opportunity:発育性股関節形成不全に対する補正手術
千葉県こども病院整形外科部長
西須 孝
2. 骨盤骨切り術のピットフォールとトラブルシューティング:寛骨臼回転骨切り術 [3][11]
旭川医大教授
伊藤 浩
Chiari骨盤骨切り術の術中ピットホール
久留米大医療センター整形外科・関節外科センター教授
大川 孝浩
3. 人工関節周囲感染の予防と早期診断の試み [6][11] R
北里大准教授
内山 勝文
人工関節周囲感染治療の定石
関西医大講師
おおえ 賢一
4. Dual Mobilityを選択すべき症例:Primary THA [11][13] Re
順大非常勤助教
本間 康弘
Dual Mobilityを選択すべき症例:Revision THA
北水会記念病院股関節センター院長
平澤 直之
5. 日本人の大腿骨髄腔形状とセメントレスステム [1][11]
長崎大教授
尾 誠
大腿骨髄腔形態解析によって開発された新しいテーパーウェッジ型ステムの基本概念と短期臨床成績の報告
筑波大准教授
三島 初
6. 術前計画ソフトと仰臥位連携ジグを用いた手術の実際−カップ設置精度向上のために− [11]
社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部 新潟県済生会 済生会新潟第二病院 整形外科部長
伊藤 知之
術前計画ソフトと側臥位連携ジグを用いた手術の実際−カップ設置精度向上のために−
医療法人社団 松下会 白庭病院人工関節センター 股関節班長
岩切 健太郎
7. Anterior Total Hip Replacement: No Table Required [6][11] R
Rothman Institute Assistant Professor of Orthopaedic Surgery, Thomas Jefferson University Hospital
Zachary Douglas Post
8. セメントTHAルネサンス [11][13] Re
浜松医療センター下肢関節再建・人工関節センターセンター長
岩瀬 敏樹
9. 骨粗鬆症性椎体骨折が脊柱アライメントに与える影響 [4][7]
近畿大講師
池田 光正
10. 新モジュラーネック解剖学的ショートステムの特徴と適応 [1][11]
阪大運動器医工学治療学教授
菅野 伸彦
11. The management of FAI (i.e. PAO, surgical dislocation and arthroscopy) [2][11] S
Head of Orthopaedics, Schulthess Clinic, Zürich, Switzerland
Michael Leunig
Return to sports after hip surgery for femoroacetabular impingement
Head of Orthopaedics, Schulthess Clinic, Zürich, Switzerland
Michael Leunig
12. 人工股関節手術のpros and cons:セメントTHA [11]
関西医大講師
おおえ 賢一
人工股関節手術のpros and cons セメントレスTHA
九大准教授
中島 康晴
13. Experiences from the Norwegian Hip Arthroplasty Register 1987-2016 [11]
Department of Orthopaedics, Haukeland University Hospital, Bergen, Norway  Professor
Ove Nord Furnes
14. 股関節鏡の歴史 [11] S
健康科学大健康科学学部作業療法学科教授
山本 泰宏
股関節鏡視下手術の基本手技とトラブルシューティング
浜松医大准教授
星野 裕信
15. 人工関節再置換術ー備えあれば憂いなしー寛骨臼側再建 [11][13] Re
慈恵医大附属第三病院整形外科教授
大谷 卓也
大腿骨側再建の準備と実際
金沢医大教授
兼氏 歩
16. より良い股関節医によるより良い治療を目指して [11][14-5]
英国Wrightington病院 John Charnley Research Institute  Associate Specialist Orthopaedic Surgeon
長井 肇
17. 股関節治療の歴史を振り返って [11][14-5]
関西医大教授
飯田 寛和
18. レジストリ分析とセラミック・インプラントの長期成績 [1][11]
Middlemore Hospital, Universtiy of Auckland  Professor
Rocco P. Pitto
フレッティング腐食−機械的および生物学的影響
Universita' degli studi dell'Insubria, Faculty of Medicine and Surgery, Varese, Italy  Professor
Robert M. Streicher
19. MIS世代のための今更きけない股関節解剖 [11]
阪大運動器医工学治療学講師
高尾 正樹
人工股関節置換術における周術期疼痛対策ー関節周囲多剤カクテル療法のすすめー
大阪市大病院講師
洲鎌 亮
20. 整形外科手術後のマルチモーダル鎮痛におけるアセトアミノフェンの立ち位置 [11][13] Re
札幌医大麻酔科学講座准教授
新山 幸俊
人工股関節置換術後のマルチモーダル鎮痛法ーアセトアミノフェン(静注用アセリオ)定時投与の効果についてー
福島医大教授
青田 恵郎
21. 本邦における地域骨バンクの現状と未来 - 東海骨バンクについて - [11]
医療法人蜂友会はちや整形外科病院院長
蜂谷 裕道
わが国では大きな同種骨は使えないとはもう言わせない−北里大学病院骨バンクのこれまでの取り組みと保険収載後のこれから−
北里大助教
福島 健介
22. 形成不全股に対する骨切り術および人工股関節置換術の問題点と対策 [3][11]
金沢医大教授
兼氏 歩
23. 人工関節感染症 PJI - 病態理解のための基礎知識 - [14-2] R
山形大教授
高木 理彰
PJIの診断と治療の最前線
横浜市大准教授
稲葉 裕
24. Bone impaction grafting and cemented hips [1][11]
Dept. of Orthop., Radboud Univ. Nijmegen Medical Centre, Nijmegen, Netherlands Associate prof.
Berend Willem Schreurs
25. 関節症の病態と診断法を理解するための関節の組織構造 [1][11]
岐阜大教授
秋山 治彦
人工股関節摺動面のトライボロジーと材料学の基礎
東医大教授
山本 謙吾
(5) 1演題1単位 (演題7),(演題8),(演題9),(演題10),(演題13),(演題16),(演題17),(演題22),(演題24)
2演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4),(演題5),(演題6),(演題11),(演題12),(演題14),(演題15),(演題18),(演題19),(演題20),(演題21),(演題23),(演題25)
1日最高4単位、2日以上で6単位まで取得可
(6) 1単位1,000円
(7) 中東 千惠子
〒573-1010 大阪府枚方市新町2−5−1
関西医科大学整形外科学教室
(072-804-0101 内2600)
(8) 認定番号16-2289, 28.8.26受付

2016.11.3
S)(Re)日本股関節学会 教育研修セミナー(第2回)
(1) 久保 俊一
(2) 平成28年11月3日(木) 09:45〜15:15
(3) 大阪国際会議場(大阪府), 258名
(4) 1. 小児股関節: 発育性股関節形成不全(DDH) [3][11]
        川崎医大教授              三谷 茂
小児股関節: 大腿骨頭すべり症
        千葉県こども病院整形外科部長      西須 孝
2. 基礎:股関節の解剖 [1][2] Re
        医科歯科大准教授            神野 哲也
外傷:寛骨臼骨折
        富山市民病院関節再建外科副院長     澤口 毅
3. 股関節鏡: 適応と基本手技1 [11] S
        札幌羊ヶ丘病院整形外科股関節外科部長  加谷 光規
股関節鏡: 適応と基本手技2
        広島大准教授              山崎 琢磨
4. 骨切り術: 変形性股関節症に対する外反骨切り術 [4][13] Re
        北里大医療衛生学部リハビリテーション学科教授
                           高平 尚伸
骨切り術: 大腿骨頭壊死症に対する骨切り術
        福岡大教授               山本 卓明
5. 人工股関節: セメントTHAの機種の変遷と技術の進歩 [6][11] Re
          浜松医療センター整形外科科長      岩瀬 敏樹
人工股関節: セメントレスTHAの機種の変遷と技術の進歩
        大阪府立急性期・総合医療センター整形外科主任部長
                           西井 孝
(5) 2演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4),(演題5)
1日最高4単位まで取得可
(6) 1単位1,000円
(7) 中山 尚子
〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町3−6−13
株式会社コングレ
(06-6229-2555)
(8) 認定番号16-1877、28.6.28受付
2016.10.29

(Re)大阪臨床整形外科医会(第290回研修会)
(1)前中 孝文
(2)平成28年10月29日(土) 17:00〜19:50
(3)ウェスティンホテル大阪(大阪府), 250名
(4)1.変形性膝関節症の病態・診断・治療 [12][13] Re
帝京大教授  中川 匠
  2.人工関節の感染治療と予防策 [14-2]
        京大准教授  伊藤 宣
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)西澤 徹
 〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8)認定番号16-2098, 28.7.3受付

2016.10.27
南大阪整形外科秋季セミナー(第2回)
(1)中村 博亮
(2)平成28年10月27日(木) 18:30〜20:30
(3)ホテル阪急インターナショナル(大阪府), 300名
(4)1.変形性股関節症に対するTHAの合併症とその治療ー感染対策を中心にー [14-2]
大阪府済生会中津病院 副院長
大橋 弘嗣
2.骨軟部腫瘍の治療ー最新の進歩ー [5]
岡山大学大学院医薬学総合研究科
        整形外科学 教授 尾崎 敏文
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)星 学
  〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号16-2071, 28.7.5受付

2016.10.22
(Re)大阪市立大学整形外科開業医会(市整会学術文化講演会)
(1)鳴嶋 眞人
(2)平成28年10月22日(土) 16:15〜17:15
(3)ホテルモントレグラスミア大阪(大阪府), 100名
(4)超高齢社会におけるロコモティブ症候群対策としての運動器疼痛治療[4][8] Re
 東大附属病院緩和ケア診療部部長 住谷 昌彦
(5)1単位
(6)1,000円
(7)小竹 志郎 〔参加事前申込・要〕
〒631-0003 奈良県奈良県奈良市中登美が丘6−3−3
こたけ整形外科
(0742-52-7779)
(8) 認定番号16-1850, 28.6.24受

2016.10.15
南大阪骨折研究会(第41回)
(1)中村 博亮
(2)平成28年10月15日(土) 13:00〜18:00
(3)阪急電鉄本社ビル エコルテホール(大阪府), 250名
(4)1.Polyaxial locking plateを用いた橈骨遠位端関節内骨折に対する手術治療の理論と実践 [2][10]
清恵会病院 整形外科 副部長
金城 養典
2.超微小外科技術を用いた四肢骨・軟部組織再建 [5][8]
 東京大学医学部付属病院 形成外科・美容外科教授
                      光嶋 勲
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)岡田 充弘
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号16-1978, 28.7.6受付

2016.10.9
(Re)JCOA美し国三重研修会 in 伊勢志摩(第43回)
(1)山添 好宏
(2)平成28年10月9日(日) 16:00〜18:30
(3)賢島宝生苑(三重県), 200名
(4)1.骨粗鬆症最新の知見 [4][11] Re
 三重大学整形外科教授  湏藤 啓広
 2.忍術書を探る〜〜医療倫理に通じる忍びの精神 [14-3] 三重大学人文学部教授  山田 雄司
 常若の森・伊勢神宮とアンチエイジング〜〜高齢化社会の医療倫理について
 神宮司庁文化部長 河合 真如
(5)1演題1単位 (演題1)
  2演題1単位 (演題2)
(6)1単位1,000円
(7)藤井 英治 〔参加事前申込・要〕
〒516-0014 三重県伊勢市楠部町乙139−2
藤井整形外科クリニック
(0596-26-2001)
(8)認定番号16-1265, 28.4.24受付

2016.10.1
(R)(Re)骨関節修復再建フォーラム(第14回)
(1)吉川 秀樹
(2)平成28年10月1日(土) 17:00〜20:00
(3)ホテルグランヴィア大阪(大阪府), 100名
(4)1.薬物治療についてー生物学的製剤の使い方ー [6] R
 阪大助教  平尾 眞
 関節リウマチの早期診断・早期治療における関節エコーの役割 大阪市大病院講師  岡野 匡志
2.フレイル [4][13] Re
国立研究開発法人国立長寿医療研究センター副院長 荒井 秀典
(5)1演題1単位 (演題2) 2演題1単位 (演題1)
(6)1単位1,000円
(7)竹内 彩子
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2−2
大阪大学 整形外科
(06-6879-3552)
(8) 認定番号16-1745, 28.6.20受付

2016.8.27
OSAKA疼痛治療セミナー
(1) 中村 博亮
(2) 平成28年8月27日(土) 16:30〜18:40
(3) シェラトン都ホテル大阪(大阪府), 100名
(4) 1. 変形性膝関節症の保存療法 (MRIによる最新の知見と治療戦略) [12][13]
東千葉メディカルセンター リハビリテーション科 部長
渡辺 淳也
2. 慢性痛に対する集学的アプローチ [1][8]
大阪大学大学院医学系研究科 疼痛医学寄附講座教授
柴田 政彦
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 中村 博亮
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851)
(8) 認定番号16-1379, 28.5.30受付

2016.8.26
(Re)第27回日本末梢神経学会学術集会
(1) 楠 進
(2) 平成28年8月26日(金)〜平成28年8月27日(土) 08:00〜17:00
(3) 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)(大阪府), 2000名
(4) 1. 末梢神経・中枢・Hybrid Assistive Limbのinteractve BiofeedbackによるCybernic neurorehabilitationとは何かー治験結果を通してー [8][13] Re
国立病院機構新潟病院神経内科副院長
中島 孝
2. 人工神経の臨床と将来展望 [8][10]
京府医大准教授
藤原 浩芳
神経再生誘導チューブ(ナーブリッジ)における神経再生能についての基礎研究 :徐放化Fibroblast growth factorを用いたDrug Delivery Systemの応用
近畿大形成外科講師
楠原 廣久
3. 四肢神経血管損傷、再建のコンセプト、手の造形手術も含めて [2][10]
大阪掖済会病院手外科外傷マイクロサージャリーセンター長
五谷 寛之
4. Challenges in the reconstructions for total arm type BPI - CC7 or FFMT? [2][10]
I-shou University教授、E-Da病院院長
Tu Yuan-kun
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題3),(演題4)
2演題1単位 (演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 柿木 良介
〒589-8511 大阪府大阪狭山市大野東377−2
近畿大学医学部整形外科
(072-366-0221)
(8) 認定番号16-1349, 28.5.16受付

2016.8.20
Re)なみはや整形外傷21世紀フォーラム(第31回)
(1) 佐々木 健陽
(2) 平成28年8月20日(土) 13:00〜19:00
(3) 帝人ビル 2階 会議室(大阪府), 100名
(4) 1. よくわかる髄内釘の基礎 [1][13] Re
済生会千里病院整形外科主任部長 兼 リハビリテーション科部長
安原 良典
2. 上腕骨近位骨折における適応と治療方法 [2][9]
淀川キリスト教病院整形外科部長
高松 聖
3. 大腿骨近位部骨折の診断と治療について [2][11]
東住吉森本病院 整形外科 医長
大疁 武
4. 外傷治療 難治例・成績不良例から学ぶ [2][13] Re
兵庫県立西宮病院 整形外科 部長 四肢外傷センター センター長
正田 悦朗
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4)
(6) 1単位1,000円
(7) 坂中 秀樹
〒590-0064 大阪府大阪府堺市堺区南安井町1丁1−1
清恵会病院
(072-251-8199)
(8) 認定番号16-1198, 28.4.6受付

2016.8.20
(S)(R)大阪臨床整形外科医会(第288回 大阪臨床整形外科医会研修会)
(1) 前中 孝文
(2) 平成28年8月20日(土) 17:00〜19:50
(3) リーガロイヤルホテル(大阪府), 250名
(4) 1. 高齢者骨粗鬆症の特徴と骨折治癒促進 [4] R
北里大学メディカルセンター 整形外科部長
成瀬 康治
2. 手・手関節の痛みの診断と治療ー関節症からスポーツ外傷までー [2][10] S
奈良県立医科大学 手の外科学講座教授
面川 庄平
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 西澤 徹
〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町1−15−23
西沢整形外科クリニック
(072-288-2001 内072-288-2001)
(8) 認定番号16-1319, 28.5.18受付

2016.8.6
(R)中之島関節リウマチフォーラム
(1) 乾 健太郎
(2) 平成28年8月6日(土) 17:30〜19:40
(3) リーガロイヤルホテル(大阪府), 120名
(4) 1. リウマチと妊娠について -妊娠前・妊娠中・産褥の管理- [6] R
大阪医大産婦人科学教室講師
藤田 太輔
関節リウマチ診療における結核
大阪府結核予防会大阪病院副院長
松本 智成
2. Biologicsによる関節リウマチの最新治療 [6] R
慶大リウマチ内科教授
竹内 勤
(5) 1演題1単位 (演題2)
2演題1単位 (演題1)
(6) 1単位1,000円
(7) 乾 健太郎
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科学
(06-6646-6260)
(8) 認定番号16-1182, 28.4.19受付

2016.8.6
(SS)OCUM整形勤務医会(第15回)
(1) 鍵山 博士
(2) 平成28年8月6日(土) 16:00〜18:30
(3) 大阪新阪急ホテル(大阪府), 100名
(4) 1. 腰曲り(成人脊柱変形)をどう治すか [4][7] SS
大阪市立総合医療センター整形外科副部長
松村 昭
骨粗鬆症性椎体骨折の診断と低侵襲手術
白庭病院整形外科・脊椎センター医長
辻尾 唯雄
2. これからの腰痛マネジメント [7][13] SS
東大附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座長特任准教授
松平 浩
(5) 1演題1単位 (演題2)
2演題1単位 (演題1)
(6) 1単位1,000円
(7) 坂中 秀樹 〔参加事前申込・要〕
〒590-0064 大阪府堺市堺区南安井町1−1−1
清恵会病院
(072-223-8199)
(8) 認定番号16-0913, 28.3.4受付

2016.7.23
(SS)(Re)大阪臨床整形外科医会(第287回研修会)
(1) 前中 孝文
(2) 平成28年7月23日(土) 16:30〜19:20
(3) ホテル阪急インターナショナル(大阪府), 250名
(4) 1. 背骨の病気と痛みの不思議 [7][8] SS
昭和大教授   豊根 知明
2. 学校健診で整形外科医が見逃してはならない疾患 [3][11] Re
大阪医大小児科講師   島川 修一
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 宮島 茂夫
〒573-0064 大阪府枚方市北中振3−23−15
みやしまリウマチ整形外科クリニック
(072-837-3100 内072-837-3100)
(8) 認定番号16-1103, 28.4.19受付

2016.7.20
(R)日本骨代謝学会学術集会(第34回)
(1) 宗圓 聰
(2) 平成28年7月20日(水)〜平成28年7月23日(土) 09:20〜16:40
(3) 大阪国際会議場(大阪府), 1290名
(4) 1. Glucocorticoid actions in bone and beyond [1][4]
Professor Medicine, Concord Clinical School ANZAC Research Institute, The University of Sydney
Markus J Seibel
2. Pre-osteoclasts Induce Angiogenesis during Bone Modeling and Remodeling [1][4]
Professor of Department of Orthopaedic Surgery, Johns Hopkins University School of Medicine
Xu Cao
3. Effects of osteoporosis drugs on bone structure and bone strength as seen in the results of new analytical methods of CT imaging [1][4]
Department of Endocrinology Austin Health, University of Melbourne
Roger Zebaze
4. Bone-Multiorgan Interactions and Regulation of Bone [1][4]
徳島大学 藤井節郎記念医科学センター センター長
松本 俊夫
5. 関節リウマチ診療の新しい動き−医療連携を含めて− [6] R
佐川昭リウマチクリニック 院長
佐川 昭
6. 薬効から考える骨粗鬆症の薬物治療 [4]
徳島大学先端酵素学研究所 特任教授
福本 誠二
7. 骨吸収抑制薬による骨粗鬆症治療−新たな展開− [1][4]
東京大学医学部整形外科 教授
田中 栄
8. 骨粗鬆症と慢性疼痛〜超高齢社会におけるあらたな運動器疼痛 [4][7]
千葉大学大学院整形外科学 助教
折田 純久
9. Marrow Mesenchymal Stem Cells in Bone Remodeling and Osteoarthritis [1][4]
Department of Orthopaedic Surgery, Johns Hopkins University School of Medicine
Xu Cao
10. ゲノム編集技術の基本原理と医学分野での応用 [1][4]
広島大学 大学院理学研究科 数理分子生命理学専攻 教授
山本 卓
11. 関節リウマチ患者における骨形成異常に対する治療戦略 [4][6] R
大阪大学 医学系研究科 整形外科 助教
蛯名 耕介
関節リウマチ患者の骨質に対するサイトカインの関与
群馬大学大学院整形外科学 助教
米本 由木夫
12. 低ホスファターゼ症(HPP)の臨床像と最近の治療 [3][4]
大阪大学大学院医学系研究科小児科学 助教
窪田 拓生
石灰化と骨化の機序 − ALPの基礎
埼玉医科大学ゲノム医学研究センター 病態生理部門 部門長・教授
片桐 岳信
13. Should anabolic agents be first line therapy in osteoporosis? [4]
Professor of Austin Health University of Melbourne, Melbourne, Australia
Ego Seeman
14. ビスホスホネート治療の光と影 [4]
鳥取大学医学部保健学科 教授
萩野 浩
15. 骨質劣化は重度椎体・大腿骨近位部骨折の危険因子−骨質に優しいBP剤としてのミノドロン酸の位置付けも含めて− [1][4]
東京慈恵会医科大学 整形外科 准教授 診療副部長
斎藤 充
16. 超高齢社会における骨折予防戦略の実際 [4]
虎の門病院 内分泌センター 部長
竹内 靖博
17. 副甲状腺ホルモン:PTHの分子シグナルと薬理効果 [1][4]
愛媛大学 学術支援センター・プロテオサイエンスセンター 部門長
飯村 忠浩
18. 健康長寿向上に向けた骨対策 [4]
信州大学 医学部 整形外科 助教
中村 幸男
19. 腸管での免疫調節と炎症性疾患 [1] R
順天堂大学大学院医学研究科 免疫学講座 教授
三宅 幸子
20. Hematopoietic stem cell niche regulation [1][4]
Ruth L. and David S. Gottesman Institute for Stem Cell and Regenerative Medicine Research, Albert
Paul Sylvain Frenette
21. 骨を基軸とする代謝ネットワーク ー全身疾患としての骨粗鬆症ー [1][4]
東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 細胞生理学分野 教授
竹田 秀
22. 大腿骨近位部骨折発生抑制のための薬物治療 [4]
慶應義塾大学 医学部 スポーツ医学総合センター 講師
岩本 潤
23. Treating rheumatoid arthritis to the target- 関節リウマチの治療戦略をここまで変えたものは何か - [6] R
和歌山県立医科大学 医学部 リウマチ・膠原病科学講座 教授
藤井 隆夫
24. IFMRS Big Data Work Groupの紹介:Wet研究者ができるBig Dataの活用 [1][4]
愛媛大 PROS 教授
今井 祐記
25. ステロイド性骨粗鬆症の病態と治療 [1][4]
近畿大学医学部奈良病院整形外科・リウマチ科
宗圓 聰
26. 骨の生体イメージングで明らかになった骨代謝ダイナミクス研究の新展開 [1][4]
大阪大学 医学系研究科 免疫細胞生物学 教授
石井 優
27. 顎骨壊死ポジションペーパー2016 [1][4]
インディアナ大学 医学部 血液/腫瘍内科学部門 教授
米田 俊之
28. ビタミンDと骨粗鬆症 [1][4]
慶應義塾大学 医学部 整形外科 特任准教授
宮本 健史
29. 高齢患者で併発するCKDを考慮した骨粗鬆症治療戦略-骨代謝過剰抑制の危険性- [1][4]
大阪市立大学大学院 医学研究科 代謝内分泌病態内科学・腎臓病態内科学 教授
稲葉 雅章
30. 関節リウマチなど関節疾患における高齢者の痛みのケア [6] R
埼玉医科大学 医学部 整形外科 教授
門野 夕峰
31. 内科医の視点で骨粗鬆症性骨折防止を考える〜生活習慣病関連骨粗鬆症〜 [4]
島根大学 医学部 内科学講座 内科学第一 講師
山内 美香
32. 生体の恒常性維持における骨の生理的意義 [1][4]
東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 器官システム制御学講座 細胞生理学分野 教授
竹田 秀
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4),(演題5),(演題6),(演題7),(演題8),(演題9),(演題10),(演題13),(演題14),(演題15),(演題16),(演題17),(演題18),(演題19),(演題20),(演題21),(演題22),(演題23),(演題24),(演題25),(演題26),(演題27),(演題28),(演題29),(演題30),(演題31),(演題32)
2演題1単位 (演題11),(演題12)
(6) 1単位1,000円
(7) 蘆原 めぐみ
〒541-0042 大阪府大阪市中央区今橋4−4−7 京阪神淀屋橋ビル2階
第34回日本骨代謝学会学術集会運営事務局
(06-6221-5933)
(8) 認定番号16-1060, 28.4.25受付

2016.7.16
SS)中津整形外科病診連携フォーラム(第4回)
(1)大橋 弘嗣
(2)平成28年7月16日(土) 15:00〜17:30
(3)大阪府済生会中津病院(大阪府), 100名
(4)1.間欠性跛行症例に対する循環器スクリーニングの重要〜ご紹介いただいた症例から学んだこと〜
  [7] SS  大阪府済生会中津病院循環器内科医長    上月 周
 2.腰部脊柱管狭窄症 ー診断から最新の手術治療までー [7] SS
大阪市大講師   星野 雅俊
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)大橋 弘嗣
  〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2−10−39
大阪府済生会中津病院
(06-6372-0333)
(8)認定番号16-1036, 28.4.4受付

2016.7.16
(Re)近畿手外科症例検討会(第111回)
(1)安田 匡孝
(2)平成28年7月16日(土) 15:00〜18:15
(3)大阪リバーサイドホテル(大阪府), 200名
(4)上腕骨小頭離断性骨軟骨炎の治療[2][9] Re
大津赤十字病院形成外科部長  石河 利広
(5)1単位
(6)1,000円
(7)安田 匡孝 〔参加事前申込・要〕
〒592-8555 大阪府大阪府堺市西区浜寺船尾町東4‐244
馬場記念病院
(072-265-5558)
(8)認定番号16-1048, 28.4.19受付

2016.7.14
堺市医師会整形外科医会(骨粗鬆症フォーラム)
(1)田村 友彦
(2)平成28年7月14日(木) 19:30〜21:00
(3)ホテル・アゴーラリージェンシー堺4階ロイヤルホール(大阪府), 80名
(4) 多様化する骨粗鬆症治療の中での骨代謝調整役の役割[1][4]
阪大助教授  蛯名 耕介
(5)1単位
(6)1,000円
(7)田村 友彦
〒593-8322 大阪府堺市西区津久野町1丁8−12
医療法人 嘉祥会 田村外科
(072-273-1381)
(8)認定番号16-0868, 28.3.17受付

2016.7.9
南大阪整形外科・リハビリテーションネットワーク研究会(第15回)
(1)森川 献志漢
(2)平成28年7月9日(土) 16:00〜18:00
(3)LICはびきの(大阪府), 100名
(4)地域医療で診るリウマチ性疾患[6][13]
藤井寺市民病院 副院長   福嶋 賢三
(5)1単位
(6)1,000円
(7)森川 献志漢
〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2−1−60
 森川医院  (072-939-5888)
(8)認定番号16-0856, 28.3.25受付

2016.7.8
(Re)南大阪整形外科夏季セミナー(第1回)
(1)中村 博亮
(2)平成28年7月8日(金) 17:50〜20:00
(3)大阪マリオット都ホテル(大阪府), 300名
(4)1.腎障害患者における薬物治療の注意点ー安全性を考慮した整形外科領域の薬剤選択ー [14-1]
名大循環器・肝臓・糖尿病(CKD)先進診療システム学寄附講座准教授  安田 宜成
  2.脊椎・関節疾患に対する再生医療およびロボットリハビリテーションの最近の話題 [7][13] Re
筑波大教授   山崎 正志
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)星 学
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8)認定番号16-0967, 28.4.13受付

2016.7.7
(R)Practical ECHO Seminar
(1)乾 健太郎
(2)平成28年7月7日(木) 19:00〜20:30
(3)スイスホテル南海大阪 7階「芙蓉」(大阪府), 60名
(4)関節エコーで診るリウマチ性疾患の病態と治療戦略[6][10] R
千葉大附属病院アレルギー・膠原病内科診療講師   池田 啓
(5)1単位
(6)1,000円
(7)乾 健太郎 〔参加事前申込・要〕
〒558-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学
(06-6645-3984)
(8)認定番号16-0835, 28.3.29受付

2016.7.2
真田山セミナー [運動器疼痛を語る会](第4回)
(1)中村 博亮
(2)平成28年7月2日(土) 16:00〜18:15
(3)阪急電鉄本社ビル エコルテホール(大阪府), 100名
(4)1.変形性膝関節症に対する薬物療法の有効性と課題 [12] 島根大教授  内尾 祐司
 2.脊髄障害性疼痛と神経再生医療 [1][7]
札幌医大教授  山下 敏彦
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)中村 博亮
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851)
(8)認定番号16-0941, 28.4.12受付

2016.6.30
(Re)大阪整形外科・リハビリテーション研究会学術講演会
中村 博亮
平成28年6月30日(木) 18:15〜20:30
ホテル阪急インターナショナル 瑞鳥(6F)(大阪府), 150名
1. リハビリテーションにおけるロボットの活かし方 [13] Re
佐賀大附属病院 リハビリテーション科診療教授
浅見 豊子
2. 変形性膝関節症のリハビリテーションに役立つバイオメカニクス [12][13] Re
大分大教授
津村 弘
1演題1単位 (演題1),(演題2)
1単位1,000円
伊藤 陽一
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科学
(06-6645-3851 内3851)
認定番号16-0766, 28.3.1受付

2016.6.25
(R)(Re)大阪臨床整形外科医会(第286回研修会)
山本 哲
平成28年6月25日(土) 17:00〜19:50
リーガロイヤルホテル大阪(大阪府), 250名
1. 関節リウマチの最新治療戦略〜薬物治療と手術治療の最適なコンビネーションとは?〜 [6][10] R
兵庫県立加古川医療センター リウマチ科・整形外科 部長
中川 夏子
2. 日常よく遭遇する小児上肢の外傷と後遺症-3次元的画像評価と治療- [2][9] Re
大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学(整形外科) 助教
岡 久仁洋
1演題1単位 (演題1),(演題2)
1単位1,000円
宮島 茂夫
〒573-0064 大阪府枚方市北中振3−23−15
みやしまリウマチ整形外科クリニック
(072-837-3100 内072-837-3100)
認定番号16-0731, 28.3.23受付

2016.6.25
(R)(SS)兵庫県整形外科医会(兵庫県整形外科医会 平成28年度第3回学術講演会)
岡田 幸也
平成28年6月25日(土) 16:30〜17:30
生田神社会館(兵庫県), 150名
1. 人工膝関節置換術の現況:What’s New, What’s True, Does it Matter? [6][12] R
阪和第二泉北病院 阪和人工関節センターセンター長
格谷 義徳
2. 運動器検診の概要と事後措置について [14-5] SS
医療法人社団緑生会あらい整形外科 院長
新井 貞男
1演題1単位 (演題1),(演題2)
1単位1,000円
吉田 竹志
〒664-0027 兵庫県伊丹市池尻1丁目202−2
医療法人社団 よしだ整形外科
(072-772-5055)
認定番号16-0483, 28.2.26受付

2016.6.23
(R)(SS)南大阪運動器疼痛治療学術講演会(第5回)
中村 博亮
平成28年6月23日(木) 18:00〜20:10
ホテルモントレグラスミア大阪(大阪府), 120名
1. 変形性関節症と患者QOLを考える [11][12] R
島根大教授
内尾 祐司
2. 難治性慢性疼痛に対する治療対策と心構え [7][8] SS
浜松医大教授
松山 幸弘
1演題1単位 (演題1),(演題2)
1単位1,000円
中村 博亮 〔参加事前申込・要〕
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851)
認定番号16-0676, 28.3.8受付

2016.6.18
(S)関西臨床スポーツ医・科学研究会(第26回)
(1) 堀部 秀二
(2) 平成28年6月18日(土) 09:00〜16:40
(3) 薬業年金会館(大阪府), 100名
(4) 1. 氏か育ちか −スポーツにおける遺伝学とエピジェネティクス− [1] S
阪大病理学教授
仲野 徹
2. 半月板損傷後のスポーツ復帰の問題点 医師の立場から [2][12] S
阪大健康スポーツ科学教授
中田 研
アスリートに対する半月板縫合術の適応と限界 −半月板縫合術の問題点−
岡山大講師
古松 毅之
3. 小児の外側円板状半月損傷 [2][12] S
大阪市大講師
橋本 祐介
アスリートの外側半月板横断裂
明和病院部長
山口 基
4. 投球傷害予防のための野球指導法 [9][13] S
野球解説者
藪 恵壹
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題4)
2演題1単位 (演題2),(演題3)
(6) 1単位1,000円
(7) 小川 宗宏
〒634-8522 奈良県橿原市四条町840
奈良県立医科大学整形外科
(0744-22-3051 内2324)
(8) 認定番号16-0648, 28.3.17受付

2016.6.18
(SS)大阪臨床整形外科医会(特別研修会(Osaka Pain Symposium))
山本 哲
平成28年6月18日(土) 17:00〜18:00
大阪新阪急ホテル(大阪府), 200名
こんな患者さんに御用心ーSNRIの使い方を含めて[1] SS
三重大学 医学系研究科 脊椎外科・医用工学講座 教授
笠井 裕一
1単位
1,000円
宮島 茂夫
〒573-0064 大阪府枚方市北中振3−23−15
みやしまリウマチ整形外科クリニック
(072-837-3100 内072-837-3100)
認定番号16-0647, 28.3.16受付

2016.6.9
(S)(R)(SS)(Re)日本リハビリテーション 医学会学術集会(第53回)
(1) 久保 俊一
(2) 平成28年6月9日(木)〜平成28年6月11日(土) 08:15〜17:00
(3) 国立京都国際会館・グランドプリンスホテル京都(京都府), 5500名
(4) 1. 下肢人工関節置換術後のリハビリテーション [12][13] Re
旭川医大教授
伊藤 浩
変形性膝関節症の保存療法
京大教授
松田 秀一
2. リハビリテーション医学の課題 [13][14-5] Re
昭和大リハビリテーション医学講座教授
水間 正澄
3. 骨関節の3次元動態 −その動きの多様性と画一性からくる関節動態の神秘− [1]
阪大運動器バイオマテリアル学寄附講座教授
菅本 一臣
4. リウマチ足とそのリハビリテーション [6][12] R
聖マ医大教授
仁木 久照
日本のフットケアの現状とリハビリテーションの役割
奈良医大教授
田中 康仁
5. 脳卒中のリハビリテーション ー急性期から生活期ー [8][13] Re
川崎医療福祉大医療技術学部リハビリテーション学科教授
椿原 彰夫
6. リハビリテーションで必要なフィットネスの評価法とその意義 [1][13] Re
東北大障害科学専攻機能医科学講座内部障害学分野教授
上月 正博
7. リハビリテーションの軌轍と融和 [13][14-5] Re
京府医大教授
久保 俊一
8. 脳卒中後遺症 上肢痙縮に対する治療戦略 [8][13] Re
慈恵医大リハビリテーション医学講座教授
安保 雅博
9. 変形性膝関節症の病態 −異常運動の出現と保存治療の動向− [1][12]
新潟医療福祉大健康科学部健康スポーツ学科教授
大森 豪
10. ロボットを使った片麻痺上肢のニューロリハビリテーション [8][13] Re
兵庫医大リハビリテーション医学教室教授
道免 和久
11. Transcranial magnetic stimulation(TMS)治療の現状と未来像 [1][13]
国際医療福祉大三田病院教授
角田 亘
12. 骨形成促進薬の作用機序と有効性 [1][4]
東大教授
田中 栄
13. 関節リウマチのトータルマネージメント [6][13] R
富山大准教授
松下 功
14. 脊髄再生医療 −医師主導治験の概要と現状− [1][7] SS
札幌医大教授
山下 敏彦
15. Chinese action plan to develop and implement the ICF Clinical Tool in rehabilitation and health care [13][14-5] Re
Prof. of Dept. of Rehabilitation Medicine, Nanjing Medical Univ.
Jian-an Li
16. A New Smart Ankle Foot Orthosis as an Ecological Gait Lab for spastic patients [8][13] Re
Prof., Rehabilitation Centre for the Central Region of Portugal, Rovisco Pais Hosp.
Jorge Lains
17. The Importance of Exercise in Elderly [13] Re
Prof. and Chair, Dept. of PM&R, Vanderbilt Univ. School of Medicine
Walter R. Frontera
18. Rehabilitation Robotics: From Analysis to Design to Assessment to Intervention [1][13] Re
Principal Research Scientist & Lecturer, Massachusetts Institute of Technology, Mechanical Engineeri
Hermano Igo Krebs
19. Sharing Best Practice Between Spinal Cord Injury Rehabilitation Specialists and Applied Sports Scientists Supporting the Paralympic Athlete [7][13] S
Prof. of Applied Disability Sport, Loughborough University, UK
Vicky Tolfrey
20. Skeletal Muscle and Exercise: Myokines, Inflammation and Metabolism [1][13] Re
Prof., CIM and CFAS, Univ. of Copenhagen
Bente Klarlund Pedersen
21. Exercise for the Treatment and Recovery of Cancer Patients [5][13] Re
Prof. and Canada Redearch Chair in Phisycal Activity and Cancer, Univ. of Alberta, Edomonto
Kerry S. Courneya
22. 人工肩関節置換術とそのリハビリテーション [9][13] Re
東北大教授
井樋 栄二
人工肘関節置換術とそのリハビリテーション
琉球大教授
金谷 文則
23. 超高齢社会における移動機能低下に対するリハビリテーション [1][13] Re
国立障害者リハビリテーションセンター 総長
中村 耕三
24. Pioneering Rehabilitation Medicine practice in a developing country: The Malaysian Experience. [13] Re
Prof., Albukhary International Univ., Malaysia
Zaliha Binti Omar
25. 脳性麻痺児におけるリハビリテーションの実際 −運動機能を中心に− [3][13] Re
信濃医療福祉センター所長
朝貝 芳美
26. 末梢神経の機能と評価 [1][8]
群馬大環境病態制御系社会環境医療学講座リハビリテーション医学教授
和田 直樹
27. 骨・関節・軟部組織の画像評価 −運動器エコーの発展と可能性− [1][5]
帝京大教授
河野 博隆
骨腫瘍類似疾患の画像診断
香川大教授
山本 哲司
28. 小児のリハビリテーション [3][13] Re
東大リハビリテーション医学教授
芳賀 信彦
29. Training for Upper Limb Amputtees [9][13] Re
Head of the Rehabilitation Dept. of the British Hosp. in Buenos Aires, Argentina
Carolina Schiappacasse
30. 小児整形外科の治療とリハビリテーション [3][13] Re
京府医大病院教授
金 ウッチョル
31. 神経生理学的検査の実際ー神経伝導検査を主体にー [1][8]
東海大専門診療学系リハビリテーション科学教授
正門 由久
32. 脊椎・脊柱疾患の診断と治療の現在 [7] SS
北里大教授
高相 晶士
リハビリテーションに必要な脊椎画像診断
鳥取大感覚運動医学講座運動器医学分野教授
永島 英樹
33. 義肢装具分野のこれからの展開 [13] Re
佐賀大附属病院先進総合機能回復センターリハビリテーション科診療教授
浅見 豊子
34. 小児の高次脳機能障害ーどのように対応するかー [3][13]
国立成育医療研究センターリハビリテーション科/発達評価センター医長/センター長
橋本 圭司
35. 運動器の機能と評価 [1] Re
久留米大教授
志波 直人
36. 手の機能と解剖 [10][13] Re
昭和大教授
稲垣 克記
手の外傷後のリハビリテーション
産業医大教授
酒井 昭典
37. 上肢麻痺の基本と訓練の実際 促通反復療法を基本とした併用療法の展開 [8][13] Re
鹿児島大医歯学総合研究科リハビリテーション医学教授
下堂薗 恵
上肢麻痺に対する活動分析アプローチ−作業療法士の立場から−
健康科学大/山梨リハビリテーション病院 作業療法課 客員教授/課長
山本 伸一
38. 回復期の入院リハビリテーション [13] Re
保健衛生大七栗記念病院病院長
園田 茂
39. 慢性心不全のリハビリテーション [1][13]
埼玉医大国際医療センター心臓リハビリテーション科教授
牧田 茂
40. 急性期リハビリテーションにおける質と安全の管理 [13] Re
亀田総合病院リハビリテーション科部長
宮越 浩一
41. 投球障害肩の診断とリハビリテーション治療 [2][13] S
昭和大藤が丘リハビリテーション病院スポーツ整形外科教授
筒井 廣明
トップアスリートの足部・足関節障害ー競技復帰へのこだわりのプロセスー
奈良医大スポーツ医学講座教授
熊井 司
42. 下肢麻痺の評価と訓練の実際 [8][13] Re
関西医大附属枚方病院リハビリテーション科診療教授
長谷 公隆
片麻痺症例の体幹下肢機能への理学療法
首都大東京健康福祉学部理学療法学科教授
網本 和
43. 認知症のリハビリテーション [8][13]
国立研究開発法人国立長寿医療研究センター機能回復診療部部長
近藤 和泉
44. ICUにおけるリハビリテーション [13] Re
横浜市大リハビリテーション科学教授
中村 健
45. サルコぺニアとリハビリテーション [1][13] Re
岡山大病院総合リハビリテーション部教授
千田 益生
46. スポーツ膝関節外傷とそのリハビリテーション [2][13] S
弘前大教授
石橋 恭之
早期リハビリテーションを行うための骨折治療
北里大メディカルセンター病院整形外科部長
内野 正隆
47. 脳卒中患者への下肢装具の実践的処方とチェックポイント [13] Re
東京湾岸リハビリテーション病院院長
近藤 国嗣
下肢装具のチェックポイント
株式会社洛北義肢代表取締役
坂本 明信
48. 医療供給体制のパラダイムシフト −これからのリハビリ、在宅医療、そして地方創生も見据えて− [13] Re
京都大原記念病院グループ/京府医大代表/客員講師
児玉 博行
49. 看護の本質はリハビリテーション [13][14-5]
聖路加国際大学長
井部 俊子
50. 回復期リハビリテーションの現状と課題 [13][14-5] Re
医療法人社団輝生会理事長
石川 誠
51. 片麻痺患者の歩行練習と練習支援ロボット [8][13] Re
保健衛生大リハビリテーション医学I講座教授
才藤 栄一
52. 日常生活の質の向上を目指した運動器の痛みのマネジメント -被災地での診療から学んだこと- [1] Re
仙台ペインクリニック石巻分院 院長
川井 康嗣
53. 疼痛学的視点からみた変形性膝関節症の評価と治療 [12][13] Re
高知大教授
池内 昌彦
54. リハビリテーションに役立つ新機器 [13] Re
京府医大リハビリテーション医学講師
沢田 光思郎
55. 股関節手術の合併症とリハビリテーション [11][13] Re
医科歯科大准教授
神野 哲也
56. 痙縮治療とリハビリテーション [8][13] Re
慈恵医大リハビリテーション医学講座教授
小林 一成
57. 宇宙医学研究とリハビリテーション先端機器の開発 [1][13] Re
久留米大教授
志波 直人
58. 頚髄症の病態からみたリハビリテーション [7][13] SS
岩手医大教授
土井田 稔
骨粗鬆症を伴った高齢者脊柱変形の治療ー筋力、歩行能力評価も踏まえてー
浜松医大教授
松山 幸弘
59. 運動療法の基本と実際 ー診断と治療方針ー [13] Re
滋賀医科大学 整形外科学教室 教授
今井 晋二
肩の運動療法の基本と実際
信原病院リハビリテーション科 部長
立花 孝
60. 生活期リハビリテーション総論 [13] Re
長崎大理事/副学長
松坂 誠應
61. がんリハビリテーション最前線 [5][13] Re
慶大リハビリテーション医学教室准教授
辻 哲也
62. 腰部脊柱管狭窄症に対する手術とリハビリテーション [7][13] SS
慶大教授
松本 守雄
腰椎椎間板ヘルニアの診断と治療戦略
山梨大教授
波呂 浩孝
63. 関節可動域の評価とリハビリテーション [13] Re
医科歯科大准教授
神野 哲也
上肢関節可動域障害に対する訓練の実際
愛野記念病院手外科センター副センター長
田崎 和幸
64. 生活期リハビリテーションと装具療法 [13] Re
熊本大脳卒中・急性冠症候群医療連携寄附講座特任准教授
大串 幹
65. 骨転移のリハビリテーション [5][13] Re
神戸大外科系講座リハビリテーション機能回復学特命教授
酒井 良忠
66. 小児の股関節・下肢障害や疾患に対する装具の適応と実際 [3][13] Re
名市大生体情報・機能制御医学専攻社会復帰医学講座リハビリテーション医学分野教授
和田 郁雄
骨系統疾患と障害
東大リハビリテーション医学教授
芳賀 信彦
67. 筋力増強訓練の理論 [13] Re
弘前大リハビリテーション医学教室教授
津田 英一
筋力増強訓練の基本と実際
広島国際大総合リハビリテーション学部リハビリテーション学科准教授
木藤 伸宏
68. 生活期における通所・訪問リハビリテーションのあり方ー活動性の向上を目指してー [13][14-5] Re
昭和大リハビリテーション医学講座准教授
川手 信行
69. 骨軟部腫瘍に対する患肢温存手術とリハビリテーション [5][13] Re
金沢大医薬保健学総合研究科医薬保健学域医学類機能再建学講座教授
土屋 弘行
70. iPS細胞由来軟骨による関節軟骨欠損の再生治療 [1]
京大iPS細胞研究所増殖分化機構研究部門細胞誘導制御学分野教授
妻木 範行
脊髄再生医療の実現に向けて
慶大教授
中村 雅也
71. 義足の適応について [13] Re
兵庫県立リハビリテーション中央病院リハビリテーション科部長
陳 隆明
義足の構成要素について
人間総合科学大保健医療学部リハビリテーション学科義肢装具学専攻教授
大塚 博
72. 摂食嚥下リハビリテーションにおける医科と歯科の融和 [8][13]
日本大学歯学部 摂食機能療法学講座 教授
植田 耕一郎
73. 障害者の自動車運転再開の流れ・注意点・可能性 [13]
化学療法研究所附属病院 リハビリテーション科 部長
武原 格
74. 人工股関節全置換術の基本的知識 −有効なリハビリテーションのために− [11][13] Re
金沢大医薬保健学総合研究科医薬保健学域医学類機能再建学講座准教授
加畑 多文
75. 関節リウマチに対する最新の薬物療法 [1][6] R
松原メイフラワー病院院長
松原 司
76. ニューロリハビリテーションの基礎・臨床とその展望 [1][13] Re
兵庫医大リハビリテーション医学教室教授
道免 和久
77. 脳卒中治療ガイドラインから読み解く新しい脳卒中リハビリテーションの流れ [1][8] Re
東海大専門診療学系リハビリテーション科学准教授
藤原 俊之
78. 新専門医制度の最新情報と基本領域リハビリテーション科 [13][14-5]
佐賀大附属病院先進総合機能回復センターリハビリテーション科診療教授
浅見 豊子
79. 転倒予防チームの作り方 ー楽しく継続できる工夫とコツー [2][14-5]
国立病院機構東名古屋病院リハビリテーション科部長
饗場 郁子
80. 大災害時のリハビリテーション支援 ーこれまでの20年とこれからの20年ー [13][14-5]
大阪医大総合医学講座リハビリテーション医学教室准教授
冨岡 正雄
81. 運動器の時間生物学とリハビリテーション [1][13] Re
京府医大運動器機能再生外科学准教授
藤原 浩芳
82. ロボットによる上肢機能評価 [8][13]
應義塾大学医学部 リハビリテーション医学教室 助教
大高 洋平
83. 回復期リハビリテーション病棟における脳卒中リハビリテーションのあり方 [13] Re
森之宮病院 院長代理
宮井 一郎
84. 医療行政の動向とリハビリテーション医学・医療 [13][14-5]
厚生労働省近畿厚生局局長
丸山 浩
85. 脊髄損傷のリハビリテーションの魅力と課題 −脊髄損傷のリハ医療に取り組むにあたって知っておきたいこと− [7][13] SS
独立行政法人労働者健康福祉機構吉備高原医療リハビリテーションセンター 副院長
古澤 一成
86. 地域包括ケアと医療・介護連携 [14-5]
兵庫県丹波県民局 丹波健康福祉事務所 所長
逢坂 悟郎
87. アスレチックリハビリテーションと体幹深部筋 [1][13] S
早稲田大学スポーツ科学学術院 教授
金岡 恒治
88. 脊髄損傷における回復期リハビリテーションと地域連携の課題 [7][13] SS
小倉リハビリテーション病院 部長
大野 重雄
89. 若年人口の減少に対し日本の医療・福祉・リハビリをどのように変えていくべきか [13][14-5]
国際医療福祉大医療福祉学部医療福祉・マネジメント学科教授
高橋 泰
90. 脳神経外科医がリハビリテーションに期待するもの [13]
徳島大学大学院医歯薬学研究部 情報統合医学講座 脳神経外科学分野 教授
永廣 信治
91. 再生医療の前に知っておきたい脊髄損傷におけるリハビリテーションの帰結予測とアプローチ [7][13] SS
神奈川リハビリテーション病院 リハビリ科第一 副リハ局長
横山 修
92. 地域リハビリテーションの未来 [13][14-5]
横浜市総合リハビリテーションセンター 顧問
伊藤 利之
93. 急性期病院における回復期リハビリテーション病棟の課題 [13][14-5] Re
刈谷豊田総合病院 リハビリテーション科 部長
小口 和代
94. 加圧トレーニングとリハビリテーション [13] S
昭和大学医学部整形外科学講座 客員教授
平泉 裕
95. 車いすパラ・アスリートへの褥瘡検診 [2] S
和歌山県立医科大学リハビリテーション医学 講師
西村 行秀
車いすパラ・アスリートへの肩・肘検診
和歌山県立医科大学リハビリテーション医学 助教
尾川 貴洋
96. 人工膝関節は生体内でどのように機能しているのか? -生体内動態解析でわかること- [12][13] Re
大阪大学大学院医学系研究科 運動器バイオマテリアル学寄附講座 准教授
冨田 哲也
人工膝関節術後のリハビリテーション
社会医療法人純幸会 東豊中渡辺病院リハビリテーション科 科長、大阪府立大学非常勤講師、大阪電気通信大学非常勤講師
中江 徳彦
97. リハビリテーション新機器の臨床応用への取り組み [1][13] Re
秋田大学大学院医学系研究科 医学専攻機能展開医学系 整形外科学講座 教授
島田 洋一
98. RA治療の今 −生物学的製剤時代におけるdos and don’ts− [6][13] R
京都府立心身障害者福祉センター附属リハビリテーション病院 院長
徳永 大作
99. 骨粗鬆症診療に関する最新の知見ーdenosumabへの期待ー [1][4]
三重大学大学院医学系研究科臨床医学系講座 運動器外科学・腫瘍集学治療学 教授
湏藤 啓広
100. 着用型随意運動介助型電気刺激装置の開発と今後の展望 [1][13] Re
早稲田大学人間科学学術院 リハビリテーション科学生体計測研究室 教授
村岡 慶裕
101. 片麻痺歩行に対する運動学習と装具療法 [8][13] Re
関西医科大学附属枚方病院 リハビリテーション科 教授
長谷 公隆
102. 海外におけるボツリヌス毒素による痙縮治療の現況と展望 [8][13]
徳島大学大学院医歯薬学研究部 感覚情報医学講座 臨床神経科学分野 教授
梶 龍兒
103. アスリートの腰痛管理 −フィールド復帰に必要なアスレティックリハビリテーション− [2][13] S
徳島大学大学院医歯薬学研究部医科学部門外科系 運動機能外科学 教授
西良 浩一
104. 関節リウマチ治療におけるパラダイムチェンジ [6][13] R
横浜市立大学大学院医学研究科運動器病態学教室 准教授
稲葉 裕
関節リウマチ治療におけるリハビリテーション
大阪医科大学総合医学講座 リハビリテーション医学教室 教授
佐浦 隆一
105. 脊損尿路管理の臨床の実際 [7][13] SS
海南医療センター 副院長
小川 隆敏
106. 神経難病のリハビリテーション [8][13] Re
滋賀県立成人病センター リハビリテーション科 部長
中馬 孝容
107. 回復期リハビリテーション病棟における痙縮治療 [8][13] Re
東京慈恵会医科大学リハビリテーション講座 講師
菅原 英和
108. 骨粗鬆症の病態・診断・治療ーリハ医のための基礎知識ー [4][13] Re
鳥取大保健学科/附属病院リハビリテーション部教授/部長
萩野 浩
リハビリテーション分野における骨粗鬆症診療
新潟大教授
遠藤 直人
109. リハビリテーションロボットに求められるもの [1][13] Re
藤田保健衛生大学医学部 リハビリテーション医学I講座 教授
才藤 栄一
110. リハビリテーションにおける心理と対応 [13]
獨協医科大学医学部 リハビリテーション科学 教授
古市 照人
111. 骨転移の疼痛管理とリハビリテーション [13] Re
高知大講師
川崎 元敬
慢性腰痛に対する多面的アプローチ
福島医大教授
矢吹 省司
112. 障がい者スポーツとパラリンピック ーリハビリテーション科医の役割ー [13] S
和歌山医大リハビリテーション医学講座教授
田島 文博
113. 脊髄損傷者の機能回復と健康増進のこれから [7][13] SS
国立障害者リハビリテーションセンター病院障害者健康増進・運動医科学支援センターセンター長
緒方 徹
114. リハビリテーション医療におけるBrain Machine interfaceの活用 [1] Re
旭川医大病院リハビリテーション科教授
大田 哲生
115. 回復期リハビリテーション病棟のリスクマネジメント [13][14-5]
医療法人社団寿量会熊本機能病院副院長
渡邊 進
116. 地域診療活動で役立つ医療・福祉制度とその活用ポイント [14-5]
医療法人南の風みなみの風診療所院長
今井 稔也
(5) 1演題1単位 (演題2),(演題3),(演題5),(演題6),(演題7),(演題8),(演題9),(演題10),(演題11),(演題12),(演題13),(演題14),(演題15),(演題16),(演題17),(演題18),(演題19),(演題20),(演題21),(演題23),(演題24),(演題25),(演題26),(演題28),(演題29),(演題30),(演題31),(演題33),(演題34),(演題35),(演題38),(演題39),(演題40),(演題43),(演題44),(演題45),(演題48),(演題49),(演題50),(演題51),(演題52),(演題53),(演題54),(演題55),(演題56),(演題57),(演題60),(演題61),(演題64),(演題65),(演題68),(演題69),(演題72),(演題73),(演題74),(演題75),(演題76),(演題77),(演題78),(演題79),(演題80),(演題81),(演題82),(演題83),(演題84),(演題85),(演題86),(演題87),(演題88),(演題89),(演題90),(演題91),(演題92),(演題93),(演題94),(演題97),(演題98),(演題99),(演題100),(演題101),(演題102),(演題103),(演題105),(演題106),(演題107),(演題109),(演題110),(演題112),(演題113),(演題114),(演題115),(演題116)
2演題1単位 (演題1),(演題4),(演題22),(演題27),(演題32),(演題36),(演題37),(演題41),(演題42),(演題46),(演題47),(演題58),(演題59),(演題62),(演題63),(演題66),(演題67),(演題70),(演題71),(演題95),(演題96),(演題104),(演題108),(演題111)
1日最高4単位、2日以上で6単位まで取得可
(6) 1単位1,000円
(7) 池田 巧
〒602-8566 京都府京都市上京区河原町広小路上ル梶井町465
京都府立医科大学大学院医学研究科リハビリテーション医学
(075-251-5324)
(8) 認定番号16-0427, 28.2.20受付

2016.5.21
(R)桜ノ宮RAカンファレンス(第2回)
(1) 日高 典昭
(2) 平成28年5月28日(土) 16:30〜19:00
(3) リーガロイヤルホテル(大阪府), 70名
(4)
1.
関節リウマチの最新治療と画像的評価 [1][6] R
大阪市立総合医療センター整形外科医長
多田 昌弘


関節炎の鑑別診断
大阪市大代謝内分泌病態内科学講師
後藤 仁志

2.
進化したRAーエタネルセプト・トファシチニブの実臨床の経験を踏まえてー [1][6] R
本荘リウマチクリニック 院長
本荘 茂
(5)
1演題1単位 (演題2)

2演題1単位 (演題1)
(6) 1単位1,000円
(7) 日高 典昭 〔参加事前申込・要〕
〒534-0021 大阪府大阪市都島区都島本通2−13−22
大阪市立総合医療センター
(06-6929-1221)
(8) 認定番号16-0365, 28.2.15受付

2016.4.23
(SS)大阪市立大学整形外科開業医会(市整会学術講演会)
(1) 鳴嶋 眞人
(2) 平成28年4月23日(土) 16:00〜19:20
(3) スイスホテル大阪(大阪府), 150名
(4)1.超音波で見る四肢末梢神経と神経ブロック [8][10]
奈良医大助教
仲西 康顕
2.見逃される重要な腰痛:仙腸関節の痛み [7][11] SS
JCHO仙台病院腰痛仙腸関節センター長
村上 栄一
3.腰痛疾患におけるメカニカルな評価と治療ーテリパラチドの適正使用についてー [4][7] SS
岸川整形外科院長
岸川 陽一
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3)
(6) 1単位1,000円
(7) 小竹 志郎 〔参加事前申込・要〕
〒631-0003 奈良県奈良市中登美が丘6−3−3
こたけ整形外科
(0742-52-7779)
(8) 認定番号16-0167, 28.1.27受付

2016.4.22
(SS)南大阪整形外科春季セミナー(第1回)
(1) 中村 博亮
(2) 平成28年4月22日(金) 18:20〜20:30
(3) ホテルグランヴィア大阪(大阪府), 300名
(4)1.高齢者脊椎疾患の病態と治療 [7][8] SS
大阪市大講師
星野 雅俊
2.脊椎腫瘍と腫瘍類似疾患の診断と治療Update [5][7] SS
岩手医大主任教授
土井田 稔
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 寺井 秀富
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8) 認定番号16-0151, 28.1.13受付

2016.4.16
(S)(Re)大阪臨床整形外科医会(第284回研修会)
(1) 山本 哲
(2) 平成28年4月16日(土) 17:00〜19:50
(3) ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 250名
(4)1.我々がおこなう膝関節疾患の診療 [6][12] S
近畿大講師
朝田 滋貴
2.ロコモティブシンドロームの新展開 [7] Re
とちぎリハビリテーションセンター所長
星野 雄一
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 宮島 茂夫
〒573-0064 大阪府枚方市北中振3−23−15
みやしまリウマチ整形外科クリニック
(072-837-3100 内072-837-3100)
(8) 認定番号16-0132, 28.1.14受付

2016.4.8
(S)(R)(SS)(Re)中部日本整形外科災害外科学会・学術集会(第126回)
(1) 松山 幸弘
(2) 平成28年4月8日(金)〜平成28年4月9日(土) 08:00〜18:00
(3) アクトシティ浜松(静岡県), 1500名
(4)1.遷延性術後痛とtherapeutic window [1]
岐阜大麻酔・疼痛制御学教授
飯田 宏樹
2.フットボーラーズアンクルの病態と治療 [2][12] S
帝京大教授
高尾 昌人
3.特発性前骨間神経麻痺の診断と治療 [1][8]
東京都立広尾病院部長
田尻 康人
4.生物学的製剤のテーラーメイド療法 [6] R
東邦大内科学講座膠原病学分野教授
亀田 秀人
5.Surgical treatment in adult spinal deformities: strategy, planning and pitfalls [7] SS
Spine and spinal deformity surgery, BORDEAUX UNIVERSITY HOSPITALS, France
Ibrahim Obeid
6.RA治療における生物学的製剤-第一選択薬の重要性- [6] R
名大教授
石黒 直樹
7.思春期特発性側弯症の手術治療と問題点 [7] SS
慶應義塾大学教授
松本 守雄
8.満足される変形性膝関節症の治療 [12]
三重大講師
長谷川 正裕
9.最近の関節リウマチの外科的治療と周術期管理の実際 [6] R
岡山大人体構成学准教授
西田 圭一郎
10.脊椎前方手術の魅力(頚椎前方除圧固定、LLIFの利点、注意点を中心に) [7] SS
聖隸三方原病院部長
吉田 正弘
11.UKAを中心とした膝部分置換術の実際 [12]
香川大准教授
真柴 賛
12.経営者としての危機管理からみた整形外科医へのメッセージ [14-5]
ヤマハ株式会社 代表取締役社長
中田 卓也
13.原発性骨軟部腫瘍と転移性骨腫瘍における放射線治療の進歩 [5]
静岡県立静岡がんセンター放射線治療科医長
原田 英幸
14.難治性大腿骨骨折手術のコンセプト [2]
順大准教授
最上 敦彦
15.Neuropathic pain and genetics [1][8]
Assistant Professor, Department of Anesthesiology, Harvard Medical School
Michael Costigan
16.TKAにおける三次元的思考ーさらなる進歩のためにー [12]
新潟県厚生農業協同組合連合会新潟医療センター部長
佐藤 卓
17.高度脊柱変形手術への挑戦 [7] SS
北里大教授
高相 晶士
18.The challenges we face on the integration of International spine study group [7] SS
Professor, University of California, San Francisco, USA
Christopher P. Ames
19.骨粗鬆症性脊椎疾患の診断と治療 [4][7] SS
山梨大学教授
波呂 浩孝
20.腰痛患者に対するアプローチ ー病態を考慮に入れたトータルマネジメントー [1][7] SS
富山大准教授
川口 善治
21.脊椎脊髄外科領域における再生医療およびロボットリハビリテーションの最近の進歩 [7][13] Re
筑波大教授
山崎 正志
22.股関節前方アプローチを用いた人工股関節置換術の活用と応用 [11]
保健衛生大准教授
森田 充浩
23.大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭置換術ー基本知識・術前計画のポイント・手術のコツとピットフォールー [2][11]
金沢大准教授
加畑 多文
24.脊椎手術の落とし穴 −ここだけの話ー [7]
岐阜市民病院部長
宮本 敬
25.リハビリテーション新機器開発と臨床応用 [13] Re
秋田大教授
島田 洋一
26.Dysplasia and Femoroacetabular Impingement in the Young Adult. What is the Role of Hip Arthroscopy and Are We Truly Preserving the Hip? [11]
Associate Professor, Pediatric and Adult Sports Medicine, University of Utah
Stephen K. Aoki
27.卒後60年の整形外科医から若手整形外科医へのメッセージ [14-5]
順大名誉教授
山内 裕雄
28.頚椎疾患に対する手術的治療 -脊髄機能診断とマイクロサージャリー- [1][7] SS
広島大准教授
田中 信弘
29.膝関節靭帯損傷の病態と治療 ー動作解析からの検討ー [1][12]
愛知医科大学教授
出家 正隆
30.変形性関節症の疼痛に対する薬物療法の現状と未来 [11][12]
佐賀大学准教授
園畑 素樹
31凍結肩・腱板断裂の診かた治しかた [9]
愛知医科大学教授
岩堀 裕介
32.骨折連鎖を抑制するための骨粗鬆症対策 [2][4]
秋田大学准教授
宮腰 尚久
33.実臨床に役立つ骨粗鬆症性椎体骨折のバイオメカニクス [4][7] SS
金沢大准教授
村上 英樹
34.これからの乳児股関節(発育性股関節形成不全)健診とその治療ー変形性股関節症予防の観点からー [3][11]
国保松戸市立病院部長
品田 良之
35.RA薬物療法の進歩と手の外科治療 [6][10] R
新潟県立リウマチセンター副院長
石川 肇
36.小児における股関節鏡 [3][11]
千葉県こども病院部長
西須 孝
37.地域住民における運動器疾患の長期縦断的研究と運動向上プログラムの開発 [13] Re
名大下肢関節再建学寄附講座教授
長谷川 幸治
38.骨軟部腫瘍切除後の再建 [5][13]
名大形成外科学教授
亀井 譲
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4),(演題5),(演題6),(演題7),(演題8),(演題9),(演題10),(演題11),(演題12),(演題13),(演題14),(演題15),(演題16),(演題17),(演題18),(演題19),(演題20),(演題21),(演題22),(演題23),(演題24),(演題25),(演題26),(演題27),(演題28),(演題29),(演題30),(演題31),(演題32),(演題33),(演題34),(演題35),(演題36),(演題37),(演題38)
1日最高4単位まで、2日以上で6単位まで取得可
(6) 1単位1,000円
(7) 山下 美紀代
〒451-0075 愛知県名古屋市西区康生通2−26
株式会社オフィス・テイクワン
(052-508-8510)
(8) 認定番号16-0097, 28.1.26受付
※ 備考
お知らせ:会の都合により16-0097-018について、講演が中止となりました。(2016.3.7.)
2016.4.2
(R)(Re)城北整形外科フォーラム(第11回)
(1) 日高 典昭
(2) 平成28年4月2日(土) 16:30〜18:30
(3) ホテルグランヴィア大阪(大阪府), 100名
(4)1.日常診療で遭遇するスポーツ傷害と当院での治療戦略 [2][13] Re
大阪市立総合医療センター 医長
山崎 真哉
2.関節リウマチ治療で何を目指しますか? [6] R
白浜医療福祉財団骨リウマチ疾患探索研究所所長
小池 達也
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 伊藤 智康
〒535-0031 大阪府大阪市旭区高殿6−3−27
医療法人成宏会伊藤外科整形外科
(06-6953-0071)
(8) 認定番号16-0026, 27.12.11受付

2016.3.19
(R)(Re)大阪臨床整形外科医会(第283回研修会)
山本 哲
平成28年3月19日(土) 16:00〜18:50
帝国ホテル大阪(大阪府), 250名
1. 関節リウマチ診療における整形外科医の役割 [4][6] R
阪大助教
蛯名 耕介
2. リスクマネジメントのための転倒・骨折予防 [2][11] Re
鳥取大保健学科教授
萩野 浩
1演題1単位 (演題1),(演題2)
1単位1,000円
宮島 茂夫
〒573-0064 大阪府枚方市北中振3−23−15
みやしまリウマチ整形外科クリニック
(072-837-3100 内072-837-3100)
認定番号15-3511, 27.12.15受付

2016.3.12
大阪掖済会病院 病診連絡会(第19会)
五谷 寛之
平成28年3月12日(土) 16:00〜17:00
ホテル大阪ベイタワー 4階 金枝の間(大阪府), 100名
日本のマイクロサージャリー技術はここまできているー四肢外傷を中心に、二期的再建を含めてー[9][10]
大阪掖済会病院副院長・手外科外傷マイクロサージャリーセンター
五谷 寛之
1単位
1,000円
坂口 敏雄
〒550-0022 大阪府大阪市西区本田2丁目1番10号
大阪掖済会病院
(06-6581-2881)
認定番号15-3456, 27.12.14受付

2016.3.12
(Re)近畿手外科症例検討会(第110回)
(1) 香月 憲一
(2) 平成28年3月12日(土) 15:00〜18:15
(3) 大阪リバーサイドホテル(大阪府), 200名
(4) リウマチ手の治療戦略−病態からリハビリテーションまで−[6][10] Re
京府医大大学院医学研究科運動器機能再生外科学講師
小田 良
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 香月 憲一 〔参加事前申込・要〕
〒631-0041 奈良県奈良市学園大和町2丁目27
学園南クリニック
(0742-51-9111)
(8) 認定番号15-3443, 27.12.10受付

2016.3.12
(R)近畿足の外科症例検討会(第27回)
(1) 多田 昌弘
(2) 平成28年3月12日(土) 15:00〜18:30
(3) 天満研修センター9階(大阪府), 100名
(4) 生物学的製剤時代におけるリウマチ足の外科[6][12] R
長岡赤十字病院リウマチセンター長
羽生 忠正
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 多田 昌弘
〒534-0021 大阪府大阪市都島区都島本通2−13−22
大阪市立総合医療センター 整形外科
(06-6929-1221 内6223)
(8) 認定番号15-3442, 27.12.9受付

2016.3.12
(SS)(Re)なみはや整形外傷21世紀フォーラム(特別講演)
佐々木 健陽
平成28年3月12日(土) 15:00〜18:00
アゴーラ リージンシー堺  利休1(大阪府), 50名
1. 骨粗鬆症性椎体骨折の診断と治療 [2][7] SS
大阪市大教授
中村 博亮
2. 腰痛の心理面 [7][13] Re
大阪市大名誉教授
島津 晃
1演題1単位 (演題1),(演題2)
1単位1,000円
坂中 秀樹 〔参加事前申込・要〕
〒590-0064 大阪府大阪府堺市堺区南安井町1丁1−1
清恵会病院
(072-251-8199)
認定番号15-3437, 27.12.2受付

2016.3.5
(R)淀川リウマチカンファレンス(第7回)
高松 聖仁
平成28年3月5日(土) 16:00〜18:05
ナレッジキャピタル カンファレンスルーム(大阪府), 50名
1. 関節リウマチとその鑑別疾患 [1][6] R
淀川キリスト教病院リウマチ膠原病内科 医長
秦 健一郎
関節エコー検査からリウマチ治療のゴールを考える
大阪市大病院講師
岡野 匡志
2. 生物学的製剤時代におけるリウマチ手の外科的治療 [6][10] R
大阪労災病院部長
恵木 丈
1演題1単位 (演題2)
2演題1単位 (演題1)
1単位1,000円
高松 聖仁
〒533-0032 大阪府大阪市東淀川区柴島1丁目7番50号
淀川キリスト教病院
(06-6322-2250 内8623)
認定番号15-3296, 27.11.28受付

2016.3.5
(SS)大阪整形外科症例検討会(第50回)
(1) 上田 孝文
(2) 平成28年3月5日(土) 15:00〜18:00
(3) 北浜フォーラム(大阪府), 70名
(4) 骨粗鬆症治療レビュー 〜骨形成促進剤を中心に〜[2][4] SS
慶大スポーツ医学総合センター講師
岩本 潤
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 日高 典昭 〔参加事前申込・要〕
〒534-0021 大阪府大阪市都島区都島本通2−13−22
大阪市立総合医療センター整形外科
(06-6929-1221)
(8) 認定番号15-3293,27.11.24受付
2016.2.27
(SS)大阪市立大学整形外科開業医会(市整会学術講演会)
(1)鳴嶋 眞人
(2)平成28年2月27日(土) 17:00〜19:30
(3)ホテルモントレグラスミア大阪(大阪府), 100名
(4)1.生理食塩水注射によるエコーガイド下筋膜リリースー適応病態と筋軟部組織疼痛治療における位置づけー [7][8] SS
弘前大附属病院総合診療部助教
小林 只
2.ミノドロネートの骨組織における作用機序−動物モデル実験− [1][4] SS
北大歯学研究科硬組織発生生物学教室教授
網塚 憲生
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)小竹 志郎
〒631-0003 奈良県奈良県奈良市中登美が丘6−3−3
こたけ整形外科 (0742-52-7779)
(8)認定番号15-3229, 27.11.4受

2016.2.27
大阪府保険医協会外科整形外科部会
(1)安藤 元博
(2)平成28年2月27日(土) 14:30〜17:00
(3)天王寺都ホテル(大阪府), 180名
(4)1.整形外科的慢性疼痛 [8]
近畿大堺病院教授  菊池 啓
2.交通事故医療のトラブル−医療者の反省も含めー [14]
長吉総合病院院長  梁瀬 義章
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)三村 翔 〔参加事前申込・要〕
〒556-0021 大阪府大阪市浪速区幸町1−2−33
大阪府保険医協会(代表者診療所 安藤外科整形外科医院)
(06-6568-7721 内3021)
(8)認定番号15-3244, 27.11.24受付

2016.2.26
(R)(Re)日本人工関節学会(第46回)
(1)大園 健二
(2)平成28年2月26日(金)〜平成28年2月27日(土) 08:20〜17:10
(3)グランフロント大阪(大阪府), 2000名
(4) 1.Kinematics of the Bi-Cruciate Substituting TKA [1][12] Re
Chief, the Knee Service, Hospital For Special Surgery
Haas Steven B.
Bi-Cruciate Stabilized TKAのキネマティックスと臨床評価
九大講師 岡崎 賢
2.Trabecular metal cupを用いた臼蓋再建 [11][13] Re
九大准教授 中島 康晴
人工股関節再置換術における脱臼予防のためのインプラントの選択
千葉県済生会習志野病院 千葉関節外科センター部長 原田 義忠
3.日本人大腿骨の形状特性 〜適合するステム形状は?〜 [1][11]
医科歯科大医歯学総合研究科 運動器外科学分野講師
神野 哲也
チェンジャブルネックシステムの有用性
阪大講師  坂井 孝司
4.創外にピンを刺入しないナビゲーションを用いたTKA [12]
福井総合病院 整形外科医長  尾島 朋宏
ExactechGPS - A Novel Approach to Personalized Surgery
Exactech, Inc Engineering and Development   Laurent Angibaud
5.Modulus R Stem: the Modulus System Bridge to Reach Great Outcomes in Complex Case Treatment [1][11]
Professor of Orthopaedics and Traumatology, University of Pavia
Benazzo Francesco Maria
6.変形性膝関節症の痛みに対する人工膝関節置換術の課題と対策 [4][6]
高知大学 医学部 整形外科 教授 池内 昌彦
7.セメントレス人工股関節置換術とその術後合併症対策 [11][13] Re
             佐賀大教授  馬渡 正明
8.Minimally Invasive CAS system for Knee Replacement [12]
The Robotic Joint Center at Prestige Orthopaedics & Sports Medicine  Buechel Frederick F
9.知行合一 〜40年目の整形外科医が実践してきた人工股関節技術〜 [1][11]
関西労災病院 副院長 大園 健二
10.高度変形膝に対する人工膝関節置換術 [1][12]
北海道整形外科記念病院部長  鈴木 孝治
11.Revision Arthroplasty of the Hip 2015 [1][11]
Professor of Surgery, University of Toronto  
Gross Allan E.
12.Algorithm for Revision TKA [12]
Chief, Knee Service, Hospital for Special Surgery  Haas Steven B.
13.超高分子量ポリエチレン製ケーブルの歴史と基礎研究 [2][11]
関西医大助教  おおえ 賢一
セメントレス人工股関節の大腿骨周囲に超高分子量ポリエチレン製ケーブルを使用した症例の経験
海老名総合病院人工関節・リウマチセンター長  近藤 宰司
14.PJIの予防戦略 [6]
関東労災病院整形外科・脊椎外科医長  山田 浩司
PJIの診断と治療:Overview
横浜市大准教授  稲葉 裕
15.Ligament Preservation Knee Arthroplasty; Striving Toward the "Normal" Knee [12]
Professor College of Sciences University of Notre Dame  Klaassen Mark A.
16.変形性膝関節症の病態と治療アップデート [12] R
順大准教授  石島 旨章
17.Third Space for better Patient Outcome [12]
Professor, Co-Director, Spire Southampton Hospital  Barrett David Stuart
18.Medially Stabilized TKA [12]
大阪労災病院整形外科部長  中川 滋
19.Medial Pivot型人工膝関節の現状と展望 [12]
大阪市大講師  箕田 行秀
20.Patient Specific Acetabular Cup Orientation in Functional Positions Using Musculoskeletal Modelling: A Pre-Operative Planning Tool [11]
Clinical Professor, Concord Clinical School-The University of Sydney
Bruce Warwick James Moody
21.Current trends in cementless femoral fixation for primary total hip arthroplasty. The role of a new short, conical, tapered stem. [11][13] Re
Attending Orthopaedic Surgeon, Education Director, Hospital for Special         Surgery Valle Alejandro Gonzalez Della
22.10-year Experience of a New MIS-2 Incision Total Hip   Arthroplasty [11][13] Re
Director, Chonnam National University Hospital  Yoon Taek Rim
23.TKAエキスパート養成講座-TKAエキスパートが知っておくべきポイント- [12][13] Re
東邦大名誉教授  勝呂 徹
24.変形性膝関節症の再生医療を目指して [1][6]
医科歯科大再生医療研究センター教授  関矢 一郎
25.人工肩関節を用いた肩関節再建術〜リバースショルダー(最終手段)選択の前に選択できる事〜 [6][9] R
朋仁会整形外科北新病院上肢人工関節・内視鏡センター センター長
末永 直樹
26.骨温存型カーブドショートステムMiniHipの適応と手術手技 [11]
独立行政法人 地域医療機能推進機構 大阪病院 人工関節センター部長
中田 活也
27.Anterolateral Supine ApproachにおけるMuscle Sparingとは? / 各種ステムデザインにおける実際 [11]
中之島いわき病院院長  岩城 啓好
28.THA後脱臼 -対応と対策- [11][13] Re
川崎医科大学骨・関節整形外科 特任教授  難波 良文
29.Challenges to Meet The Rising Global Demand for Total Hip Arthroplasty [11]
Research Professor, Drexel University  Kurtz Steven M.
30.The German National Joint Registry EPRD. Results from More Than 200,000 Patients Included [11][14]
Chairman of the Vitos Orthopedic Hospital Kassel  Siebert Werner
日本人工関節登録制度
岐阜大教授  秋山 治彦
31.Principles and Results of Kinematically Aligned Total Knee Arthroplasty [1][12] Re
Professor of Biomedical Engineering, University of California Davis
Howell Stephen M.
32.人工膝関節手術における創閉鎖:早期リハビリテーションおよび感染防止におけるbarbed sutureの有用性 [6]
JCHO埼玉メディカルセンター整形外科 副院長  児玉 隆夫
感染制御を目指した外科的取り組みとその歴史〜消化器外科(汚染?)手術における術手技から考える感染制御〜
市立旭川病院外科 診療部長  村上 慶洋
33.難治症例に対する人工股関節全置換術 〜主にセメントレスインプラントを用いた対処法〜 [11]
金沢大准教授  加畑 多文
セメントTHAでの難治症例対処法
浜松医療センター医長  岩瀬 敏樹
34.中堅・若手整形外科医のための失敗しないTKA -プレカットトライアルを用いたギャップ調整- [12]
船橋整形外科病院 人工関節センター人工膝関節部長  金山 竜沢
35.TJA – History, Design, Advantages and Disadvantages of Short Stems Focusing on the Optimys Short Stem 5 Year Results [11]
Chairman of the Vitos Orthopedic Hospital Kassel  Siebert Werner E.
36.三次元積層造形法を応用した人工関節の開発を目指してー取り組みと展望ー [1][11]
阪大講師  坂井 孝司
37.AMIS – the anterior approach R-evolution [11][13]
CMC Paris v. Parise, France  Laude Frederic
38.重度変形性膝関節症における疼痛対策 [1][4]
慶大教室幹事  二木 康夫
39.高齢者に対する人工関節置換術 −機種選択から各種薬物治療まで− [4][11]国家公務員共済組合連合会浜の町病院部長 馬渡 太郎
40.Science-Driven Innovations in Joint Replacement: Beyond Fiction, Speculation, and Economic Interests [1]
京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科 材料制御化学専攻 
セラミック物理学 教授 Pezzotti Giuseppe
Silicon Nitride for Orthopaedics – A Bioactive and Interactive Non-Oxide Ceramic
Department of Orthopaedic Surgery, University of Missouri Health Care
Bal B Sonny
41.リバース型人工肩関節導入後の解剖学的人工肩関節全置換術の適応と限界 [6][9] R
東邦大教授  池上 博泰
42.関節に見る五億年の歴史 [1][3]
東大総合研究博物館教授  遠藤 秀紀
(5)1演題1単位 (演題5),(演題6),(演題7),(演題8),(演題9),(演題10),(演題11),(演題12),(演題15),(演題16),(演題17),(演題18),(演題19),(演題20),(演題21),(演題22),(演題23),(演題24),(演題25),(演題26),(演題27),(演題28),(演題29),(演題31),(演題34),(演題35),(演題36),(演題37),(演題38),(演題39),(演題41),(演題42)
2演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4),(演題13),(演題14),(演題30),(演題32),(演題33),(演題40)
1日最高4単位まで、2日以上で6単位まで取得可
(6)1単位1,000円
(7)中山 尚子
〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町3−6−13
第46回日本人工関節学会運営事務局 (06-6229-2555)
(8)認定番号15-3223, 27.11.11受付

2016.2.20
(S)(Re)大阪臨床整形外科医会(第282回研修会)
(1)山本 哲
(2)平成28年2月20日(土) 16:00〜18:50
(3)ホテルグランヴィア大阪(大阪府), 250名
(4)1.スポーツに伴う関節軟骨傷害の病態と治療 [9][12] S
島根大教授  内尾 祐司
2.転移性骨腫瘍の診断と治療 [5][7] Re
大阪医大講師  馬場 一郎
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)宮島 茂夫
〒573-0064 大阪府枚方市北中振3−23−15
みやしまリウマチ整形外科クリニック
(072-837-3100 内072-837-3100)
(8)認定番号15-3176, 27.11.16受付

2016.2.13
(S)大阪市立大学整形外科フォーラム(第7回)
(1)中村 博亮
(2)平成28年2月13日(土) 16:45〜19:00
(3)帝国ホテル(大阪府), 250名
(4)下肢スポーツ障害に対する鏡視下手術のup to date ー変形性関節症を防ぐためにー[2][12] S   大阪市立総合医療センター医長   山崎 真哉
(5)1単位
(6)1,000円
(7)寺井 秀富
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8) 認定番号15-3126, 27.11.24受付

2016.2.13
(R)堺市医師会整形外科医会(第11回 堺市リウマチ病診連携の会)
(1)田村 友彦
(2)平成28年2月13日(土) 15:30〜18:10
(3)大阪労災病院 3階大会議室(大阪府), 100名
(4)1.ここまでできるリウマチ前足部手術 [6][12] R
大阪労災病院 リウマチ科・リウマチ外科センター 部長  坪井 秀規
2.関節リウマチ治療におけるトファシチニブの有用性について [1][6] R
和歌山医大リウマチ・膠原病科 教授  藤井 隆夫
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)田村 友彦
〒593-8322 大阪府堺市西区津久野町1丁8−12
医療法人 嘉祥会 田村外科 (072-273-1381)
(8)認定番号15-3113, 27.11.7受付

2016.2.13
(S)(R)大阪臨床整形外科医会(第3回リハビリテーション研修会)
(1)山本 哲
(2)平成28年2月13日(土) 17:00〜19:30
(3)ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 200名
(4)1.関節リウマチ治療の更なる新展開ー薬物療法に加えて手術も見据えた治療戦略ー [6][10] R
東女医大附属膠原病リウマチ痛風センター副所長  桃原 茂樹
2.野球肩の治療と予防 [9][13] S
久恒病院 院長 原 正文
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)宮島 茂夫
〒573-0064 大阪府枚方市北中振3−23−15
みやしまリウマチ整形外科クリニック (072-837-3100 内072-837-3100)
(8)認定番号15-3112, 27.11.6受付

2016.2.6
南河内整形外科カンファレンス(第35回)
(1)斉藤 正伸
(2)平成28年2月6日(土) 15:45〜18:15
(3)ホテル・アゴーラ リージェンシー堺(大阪府), 60名
(4)1.人工膝関節置換術における今日の論点 [6][12]
葛城病院 人工関節センター長 中島 幹雄
2.関節軟骨再生医療の現状と将来 [1][2]
武庫川女子大学 健康・スポーツ科学部 教授  脇谷 滋之
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)斉藤 正伸
〒586-8521 大阪府河内長野市木戸東町2−1
独立行政法人国立病院機構大阪南医療センター (0721-53-5761)
(8)認定番号15-2923, 27.10.14受付

2016.2.6
Osaka city Orthopedic Seminar
(1)古瀬 洋一
(2)平成28年2月6日(土) 17:00〜19:00
(3)ヴィアーレ大阪(大阪府), 30名
(4)1.労災・交通事故の紛争に巻き込まれないためのポイント [14]
大阪A&M法律事務所 代表弁護士  小島 崇宏
2.自賠責・第三者行為における疼痛の病態、疼痛治療薬の注意点 [2][8]
阪大疼痛医学准教授  三木 健司
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)西口 早央里
〒536-0023 大阪府大阪市城東区東中浜1−2−23
サトウ病院 (06-6961-3191)
(8)認定番号15-3081, 27.11.8受付

2016.2.5
労災医療研修会(第3回)
(1)茂松 茂人
(2)平成28年2月5日(金) 14:00〜16:00
(3)大阪府医師会館(大阪府), 300名
(4)1.高年齢労働者に着目した作業管理 [1][14]
新日鐵住金株式会社和歌山製鐵所 産業医    岩根 幹能
2.企業におけるストレスチェックの導入経験から [1][14]
三井化学株式会社大阪工場健康管理室室長 西日本統括
井手 宏
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)坂本 徳成
〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町2−3−13 大阪国際ビル16階
(医)坂本整形外科 (06-6266-0666)
(8)認定番号15-2911, 27.10.13受付

2016.2.4
(R)RAネット(第12回)
(1)乾 健太郎
(2)平成28年2月4日(木) 19:00〜21:10
(3)スイスホテル南海大阪(大阪府), 100名
(4)1.関節リウマチにおける糖尿病合併とその対策 [4] R
大阪市大代謝内分泌病態内科学講師     森 克仁
2. 強直性脊椎炎の診断と治療について [6][7] R
順天堂越谷病院内科教授    小林 茂人
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)乾 健太郎
 〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学
(06-6645-3851)
(8)認定番号15-2905, 27.10.31受付

2016.1.30
(R)大阪・奈良・和歌山地区日本リウマチ財団登録医・ケアナース・登録薬剤師研修会(第3回)
(1) 田中 康仁
(2) 平成28年1月30日(土) 13:30〜17:10
(3) 大阪国際交流センター(大阪府), 100名
(4)1.関節リウマチ診療に必要な身体機能評価について [6] R
白浜はまゆう病院 整形外科 部長
小池 達也
薬物療法を実施にあたって合併症を防ぐ方法
NTT西日本大阪病院 副院長
緒方 篤
2.リウマチと鑑別を要する疾患 [6] R
公益財団法人天理よろづ相談所病院 総合診療教育部 部長
八田 和大
乾癬性関節炎の診断と治療
大阪南医療センター 整形外科医長
辻 成佳
3.RAチーム医療の第一歩に向けて考えること [6][14] R
大阪南医療センター 免疫疾患センター 部長
橋本 淳
(5) 1演題1単位 (演題3)
  2演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 田中 康仁
〒634-8522 奈良県橿原市四条町840
奈良県立医科大学整形外科学教室
(0744-22-3051 内3425)
(8) 認定番号15-2884, 27.10.29受付

2016.1.28
南大阪整形外科冬季セミナー(第1回)
(1) 中村 博亮
(2) 平成28年1月28日(木) 18:20〜19:30
(3) ホテル阪急インターナショナル(大阪府), 200名
(4)THA術後合併症とその材料学的抑止戦略[1][11]
東京医科大学 整形外科 主任教授
山本 謙吾
(5)  1単位
(6) 1,000円
(7) 寺井 秀冨
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8) 認定番号15-2845, 27.10.28受付

2016.1.23
(SS)近畿小児整形外科懇話会(第57回)
(1) 宇野 耕吉
(2) 平成28年1月23日(土) 10:00〜17:30
(3) テイジンホール(大阪府), 285名
(4)
1.小児の脊柱変形AtoZ [3][7] SS
福岡市立こども病院整形・脊椎外科科長
柳田 晴久
2.これだけは知っておきたい骨系統疾患 [3]
大阪発達総合療育センター南大阪小児リハビリテーション病院院長付
川端 秀彦
3.発育性股関節形成不全ー診断および治療戦略ー [3][11]
兵庫県立こども病院整形外科部長
小林 大介
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3)
(6) 1単位1,000円
(7) 宇野 耕吉 〔参加事前申込・要〕
〒654-0155 兵庫県神戸市須磨区西落合3−1−1
国立病院機構神戸医療センター
(078-791-0111)
(8) 認定番号15-2673, 27.9.9受付
2016.1.23
(SS)大阪脊椎外科フォーラム(第48回)
(1) 海渡 貴司
(2) 平成28年1月23日(土) 14:00〜18:00
(3) TKPガーデンシティ東梅田(大阪府), 100名
(4)1.ASD after lumbar arthrodesis: Review of literature [7] SS
大阪労災病院整形外科 脊椎外科部長
奥田 真也
PLIF後に繰り返されたASDによる脊柱変形に対するアライメント矯正手術ー固定再下端の破綻から学ぶー
大阪労災病院整形外科医長
山下 智也
2.術式の工夫によりPLIF後ASDは減らすことができたのか?ー単一施設での術式間比較:従来型PS、PPS、Stand alone、CBTー [7] SS
関西労災病院整形外科医長
三輪 俊格
PLIFにおいて椎間の過度な持ち上げはASDの危険因子であるー後向きおよび前向き研究による報告ー
阪大助教
海渡 貴司
3.腰椎変性疾患に対する除圧術の適応と限界 [7][8] SS
大阪市大教授
中村 博亮
(5)  1演題1単位 (演題3)
   2演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 竹内 彩子
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2−2
大阪大学医学部整形外科
(06-6879-3552)
(8) 認定番号15-2795, 27.10.6受付

2016.1.23
(SS)(Re)大阪臨床整形外科医会(第281回研修会)
(1) 山本 哲
(2) 平成28年1月23日(土) 17:00〜19:50
(3) ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 250名
(4)1.胸椎後縦靱帯骨化症ーハイリスク手術への挑戦ー [7][8] SS
名大講師
今釜 史郎
2.日常診療における末梢神経障害の診断のポイントと治療 [8][10] Re
阪大助教
田中 啓之
(5)  1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 宮島 茂夫
〒573-0064 大阪府枚方市北中振3−23−15
みやしまリウマチ整形外科クリニック
(072-837-3100 内072-837-3100)
(8) 認定番号15-2809, 27.10.20受付

2016.1.16
堺市医師会整形外科医会(平成28年度堺臨床整形外科医会新年学術講演会)
(1) 田村 友彦
(2) 平成28年1月16日(土) 17:00〜18:00
(3) ホテル・アゴーラリージェンシー堺26Fクリスタル(大阪府), 50名
(4)
骨軟部腫瘍との鑑別を要する病変ー関節リウマチ性疾患を含めてー[6]
ベルランド総合病院副院長
倉都 滋之

3次救命救急センター開設に伴う整形外科的外傷治療−リウマチ診療は内科、外傷治療は救急外科でよいのか?−
堺市立総合医療センター副院長
河野 譲二
(5)
2演題1単位
(6) 1,000円
(7) 田村 友彦
〒593-8322 大阪府堺市西区津久野町1丁8−12
医療法人 嘉祥会 田村外科
(072-273-1381)
(8) 認定番号15-2663, 27.9.30受付

2015.12.19
(SS)Chiba Spine Youth Meeting(第13回)
(1) 藤由 崇之
(2) 平成27年12月19日(土) 16:00〜19:00
(3) ガーデンシティ千葉4階(千葉県), 70名
(4)
1.
臨床研究におけるinnovationーオンラインデータベースで加速する多施設研究ー [7] SS
岡山大助教
杉本 佳久

2.
骨粗鬆症性椎体骨折治療の課題と展望 [4][7] SS
大阪市大講師
星野 雅俊
(5)
1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 藤由 崇之 〔参加事前申込・要〕
〒292-8535 千葉県木更津市桜井1010
君津中央病院
(0438-36-1071)
(8) 認定番号15-2554, 27.8.31受付

2015.12.19
なにわ手外科・マイクロサージャリー懇話会(第3回)
(1)五谷 寛之
(2)平成27年12月19日(土) 15:00〜18:00
(3)梅田スカイビル会議室(大阪府), 100名
(4)
1.上肢重度外傷の再建ーマイクロサージャリーと骨軟部組織延長を中心にー [8][10]
大阪掖済会病院副院長手外科外傷マイクロサージャリーセンター  五谷 寛之
2.手関節TFCC損傷の診断と治療 [2][10]
医療法人財団順和会山王病院部長  中村 俊康
3.マイクロサージャリーを用いた治療 [2][10]
琉球大診療講師  普天間 朝上
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3)
(6)1単位1,000円
(7)五谷 寛之
〒590-0024 大阪府大阪市西区本田2丁目1番10号
大阪掖済会病院 手外科・外傷マイクロサージャリーセンター
(06-6581-2881)
(8) 認定番号15-2640, 27.9.20受付

2015.12.11
労災医療研修会(第2回)
(1) 茂松 茂人
(2) 平成27年12月11日(金) 14:00〜16:00
(3) 大阪府医師会館(大阪府), 300名
(4)
1.
職業曝露後対策について−HIVを中心に [1][14]
(独)国立病院機構大阪医療センター 臨床研究センター エイズ先端医療研究部長
白阪 琢磨

2.
メンタルヘルスによる休職・退職を巡るトラブル−その解決の実態と産業医のかかわりー [1][14]
色川法律事務所弁護士
夏住 要一郎
(5)
1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 坂本 徳成
〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町2−3−13 大阪国際ビル16階
(医)坂本整形外科
(06-6266-0666)
(8) 認定番号15-2540, 27.8.25受付

2015.11.28
(SS)(Re)大阪臨床整形外科医会(第280回研修会)
(1)山本 哲
(2)平成27年11月28日(土) 17:00〜19:50
(3)リーガロイヤルホテル大阪(大阪府), 250名
(4)
1.慢性疼痛患者に対する認知行動療法に基づいたリハ診療 −いきいきリハビリノートの活用法− [1][13] Re
新潟大医歯学総合病院総合リハビリテーションセンター病院教授  木村 慎二

2.成人脊柱変形に対する新しい低侵襲手術 [7][8] SS 和歌山医大准教授  山田 宏
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7) 宮島 茂夫
〒573-0064 大阪府枚方市北中振3−23−15
みやしまリウマチ整形外科クリニック
(072-837-3100 内072-837-3100)
(8) 認定番号15-2474, 27.8.22受付

2015.11.21
大阪ハンドフォーラム(第4回)
(1)古瀬 洋一
(2)平成27年11月21日(土) 15:30〜18:00
(3)ホテルモントレグラスミア(大阪府), 50名
(4)手の難治性病変に対する治療[2][10]
産業医大教授 酒井 昭典
(5)1単位
(6)1,000円
(7)高松 聖仁
〒533-0024 大阪府大阪市東淀川区柴島1−7−50
淀川キリスト教病院
(06-6322-2250 内8623)
(8) 認定番号15-2391, 27.8.7受付

2015.11.14
中津整形外科病診連携の集い(第4回)
(1) 大橋 弘嗣
(2) 平成27年11月14日(土) 15:00〜18:00
(3) 大阪府済生会中津病院(大阪府), 200名
(4)
腎臓にやさしい整形外科医とはー鎮痛薬の選択に関連してー[1][6]
独立行政法人国立病院機構京都医療センター腎臓内科医長、地域医療連携室長
瀬田 公一
(5)
1単位
(6) 1,000円
(7) 大橋 弘嗣
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2−10−39
大阪府済生会中津病院
(06-6372-0333)
(8) 認定番号15-2331, 27.8.27受付

2015.11.14
(Re)近畿手外科症例検討会(第109回)
(1) 大谷 和裕
(2) 平成27年11月14日(土) 15:00〜18:15
(3) 大阪リバーサイドホテル(大阪府), 200名
(4)
手の外科医に必要な橈骨遠位端骨折の話題ー疼痛管理を含めてー[10][13] Re
昭和大学医学部整形外科学講座主任教授
稲垣 克記
(5)
1単位
(6) 1,000円
(7) 大谷 和裕 〔参加事前申込・要〕
〒596-8501大阪府岸和田市額原町1001
市立岸和田市民病院
(072-445-1000)
(8) 認定番号15-2173, 27.7.31受付

2015.11.13
なみはや整形外傷21世紀フォーラム(第30回)
(1) 佐々木 健陽
(2) 平成27年11月13日(金) 18:30〜22:00
(3) ホテルグランヴィア大阪 20階 『名庭』(大阪府), 100名
(4)
1.
骨折・外傷後合併症に対する外科的処置 [2]
帝京大教授
渡部 欣忍

2.
整形外科領域における感染症の予防と治療 [1][6]
兵庫医大感染制御学主任教授
竹末 芳生
(5)
1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 坂中 秀樹
〒590-0024 大阪府堺市堺区向陵中町4−2−10
清恵会病院
(072-251-8199)
(8) 認定番号15-1843, 27.6.24受付

2015.11.7
(S)(SS)OSAKA運動器フォーラム(2015)
(1) 吉川 秀樹
(2) 平成27年11月7日(土) 16:45〜19:15
(3) ANAクラウンプラザ大阪(大阪府), 100名
(4)
1.
膝蓋骨脱臼に対する治療戦略 [2][12] S
愛知医科大学医学部整形外科学講座主任教授
出家 正隆

2.
運動器慢性疼痛の治療実態とその問題点 [7] SS
慶應義塾大学医学部整形外科学教室 教授
中村 雅也
(5)
1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 竹内 彩子
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2−2
大阪大学整形外科
(06-6879-3552)
(8) 認定番号15-2279, 27.8.21受付

2015.10.31
(Re)北大阪整形外科フォーラム(第6回)
(1) 高松 聖仁
(2) 平成27年10月31日(土) 16:00〜18:55
(3) ホテル新大阪コンファレンスセンター(大阪府), 50名
(4)橈骨遠位端骨折の治療 〜合併する尺骨遠位端骨折、骨粗鬆症を含めて〜[4][10] Re
淀川キリスト教病院整形外科 副部長
川端 確
骨折治療と骨粗鬆症治療 〜治療薬の選択について〜
淀川キリスト教病院整形外科 部長
高松 聖仁
(5)  2演題1単位
(6) 1,000円
(7) 高松 聖仁
〒533-0024 大阪府大阪市東淀川区柴島1丁目7番50号
淀川キリスト教病院
(06-6322-2250)
(8) 認定番号15-2089, 27.7.29受付

2015.10.31
骨粗鬆症地域医療連携シンポジウム
(1) 黒川 正夫
(2) 平成27年10月31日(土) 16:40〜18:40
(3) 済生会吹田病院 東館センターホール1(大阪府), 100名
(4)1.医師が主導する骨粗鬆症の積極的治療戦略 [4][13]
井上病院整形外科副院長
佐藤 宗彦
2.済生会吹田病院におけるテリパラチドとラロキシフェンの使用経験 [4][6]
大阪府済生会吹田病院整形外科科長(部長)
藤井 敏之
(5)  1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 黒川 正夫
〒564-0013 大阪府吹田市川園町1−2
大阪府済生会吹田病院
(06-6382-1521 内4171)
(8) 認定番号15-2082, 27.7.24受付

2015.10.30
(S)(Re)日本股関節学会学術集会(第42回)
(1) 菅野 伸彦
(2) 平成27年10月30日(金)〜平成27年10月31日(土) 08:00〜18:00
(3) グランフロント大阪(大阪府), 2000名
(4)1.EL1 股関節鏡手術の術中トラブルと対処法 [2][11] S
神奈川リハビリテーション病院副院長
杉山 肇
EL1 失敗しない股関節鏡視下手術
大阪医大助教
大原 英嗣
2.EL3 寛骨臼骨折に対するアプローチ -適応と整復- [2][11]
宮崎大教授
帖佐 悦男
EL3 大腿骨転子部骨折の整復法
国立病院機構岡山医療センター医長
佐藤 徹
3.IL1 What is the histology and pathogenesis of an "Adverse Local Tissue Reaction (ALTR)" around a hip arthroplasty? [6][1]
Dept. of Pathology, Orthop. Surg. and The Spine Center, The Cleveland Clinic Foundation
Thomas W. Bauer
4.LS2 THA 後側方アプローチ 脱臼防止の極意 人工股関節置換術 ー脱臼抵抗性を高める関節包・短外旋筋群処理の工夫ー [13][11] Re
福島医大准教授
青田 恵郎
LS2 THA 後側方アプローチ 脱臼防止の極意 人工股関節置換術 −後方アプローチにおける脱臼防止のポイントー
富山市民病院関節再建外科部長
坂越 大悟
5.LS5 骨粗鬆症に対する治療薬剤の選択 [4][2]
産業医大教授
酒井 昭典
LS5 実臨床における骨代謝回転から考える骨粗鬆症・骨折二次予防治療
沖本クリニック院長
沖本 信和
6.LS8 セメントレス寛骨臼コンポーネントの歴史的発展とその進化 [1][11]
Prof. Head for Hip Arthroscopy and Arthroplasty Center for Hip, Knee and Foot Surgery, ATOS Hospital
Fritz Thorey
LS8 寛骨臼形成不全に対する人工股関節全置換術 -寛骨臼側再建の手技とインプラント選択
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 運動器外科学分野 講師
神野 哲也
7.LS9 日本人大腿骨データから設計されたAnatomical stemの使用経験ー [1][11]
北水会記念病院水戸股関節センターセンター長
平澤 直之
Anatomical “SHORT” stem with Changeable neckの開発
市立豊中病院、整形外科/リハビリテーション科部長
李 勝博
8.LS1 セメントレスステムのインプラントテクノロジー -基礎的事項からflat tapered wedgeデザイン、ショートステムまで- [1][11]
慈恵医大附属第三病院教授
大谷 卓也
9.LS3 Mechanical Optimization of Modular Neck [1][11]
Director, Orthop. Traumatology and Prosthetic surg., Rizzoli Orthopaedic Institute
Aldo Toni
10.LS4 Supercapsular percutaneously-assisted total hip arthroplasty (SuperPATH): My 7 year experience [13][11] Re
Director of Orthopaedics: Hip & Joint Surgery for Phoenix St. Luke's Medical Center
James C. Chow
11.LS6 変形性股関節症の外来での治療−単なる経過観察ではない積極的保存療法 [13][11] Re
川崎医大骨・関節整形外科学教授
三谷 茂
12.LS7 THAとTKAの相違点 [12][13] Re
京大教授
松田 秀一
13.LS10 カーブドショートステムoptimys ptimysの適応と実際 ー骨温存への挑戦ー [1][11]
地域医療機能推進機構大阪病院人工関節センター人工関節センター長
中田 活也
14.SL 股関節周辺の骨軟部腫瘍の診断と治療 [5][11]
阪大教授
吉川 秀樹
15.IL2 The latest knowledge of biomechanics of the hip joint [13][1] Re
Prof., Barnhart Department of Orthopedic Surgery, Baylor College of Medicine
Philip C. Noble
16.EL2 大腿骨頭回転骨切り術  −変法を中心に− [3][11]
佐々総合病院整形外科名誉院長
渥美 敬
EL2 寛骨臼回転骨切り術(CPO)ー手術手技の実際ー
福岡大教授
内藤 正俊
17.ES4 股関節鏡視下手術のセットアップー股関節外科医が股関節鏡を始めるために、そして続けていくためにー [2][11] S
北里大助教
福島 健介
ES4 股関節鏡のススメ
広島大医歯薬保健学研究院人工関節・生体材料学講座准教授
山崎 琢磨
18.ES5 Curved periacetabular osteotomyにおける3次元術前計画とcutting deviceを使用した術中支援 [1][11]
新潟大助教
宮坂 大
ES5 側臥位THAにおける、簡易骨盤固定器及びカップ設置ガイドによるカップ設置精度 ーナビ無しでも、ここまでできるー
白庭病院関節センター
岩切 健太郎
19.ES1 Making the Direct Anterior Approach Easier; using a shorter stem, with or without a specialty table [13][11] Re
Director, Hip Replacement Coon Joint Replacement Institute Napa Valley, California
John N. Diana
20.ES2 ガイドラインに基づいた骨粗鬆症治療ー大腿骨近位部骨折を減らすためにー [4][2]
三重大教授
須藤 啓広
21.ES3 セメントレスステムを用いた人工股関節再置換術 ー10年間の経験に基づくリビジョンテクニックー [1][11]
久留米大特命教授
樋口 富士男
22.EL4 Modified Watson-Jones approachによる人工股関節置換術 [13][11] Re
日産厚生会玉川病院 股関節センター 副院長
松原 正明
EL4 股関節に対する後側方進入法の原理原則、利点、欠点
東京慈恵会医科大学 整形外科 教授
大谷 卓也
23.IL3 Current Status of Thromboprophylaxis of VTE after Joint Replacement Arthroplasty in Korea [12][11]
Prof., Dept. of Orthop. Surg., Inha Univ., School of Medicine, Korea
Kyung Ho Moon
IL3 Fretting Corrosion in THA -Causes & Solutions: What is the Best Bearing Combination Based on Clinical Evidence?
Research Associate Prof., School of Biomedical Engineering, Science & Health Systems, Drexel Univ.
Steven M. Kurtz
24.IL4 生体医療インプラント表面における生体不活性および非化学量論性について [1][11]
京都工芸繊維大セラミック物理学研究室教授
Pezzotti Giuseppe
IL4 The latest clinical knowledge of bearing materials
Director, Orthopaedic Traumatology and Prosthetic surgery, Rizzoli Orthopaedic Institute
Aldo Toni
25.LS12 大腿骨頚部骨折に対する治療戦略 骨接合術を再考する [2][4]
昭和大藤が丘病院准教授
小原 周
LS12 大腿骨頚部骨折に対する治療戦略 関節外科医からみた人工骨頭&関節置換術
久留米大医療センター准教授
大川 孝浩
26.LS13 Advanced ceramic bearings - chasing the missing link between in-vitro and in-vivo observations [1][11]
Vice President of Scientific and Clinical Affairs, CeramTec GmbH, Germany
Robert M. Streicher
LS13 CoC bearings: Safe, reliable and efficient also for DDH patients? Clinical evidence based on more than 8.000 cases
Director, Orthop. Traumatology and Prosthetic surg., Rizzoli Orthopaedic Institute
Aldo Toni
27.LS11 Rectangular short stemのコンセプトとTHAの実際 [1][11]
札幌医科大学生体工学運動器治療開発講座 教授
名越 智
28.LS14 The AMIS (Anterior Minimally Invasive Surgery) technique and soft tissues changes in abductor muscles after THR [13][11] Re
Vice-chairman, Dept. of Orthopedics Univ. of Zürich, Balgrist
Claudio Dora
29.LS15 Clinical results of 490 consecutive THA with dual mobility cup (Saturne, Amplitude) and an imageless computer navigated system (Amplivision) [1][11]
Clinigue du Parc, Lyon
Olivier Tayot
30.LS16 高齢者に対する人工股関節置換術ー機種選択と各種薬物治療までー [4][11]
国家公務員共済組合連合会浜の町病院部長
馬渡 太郎
31.LS17 骨質・大腿骨髄腔形態に応じたセメントレスステムの選択ーショートステムの適応と限界ー [4][11]
千葉県済生会習志野病院副院長
原田 義忠
32.LS18 Taper Cone型 ModulusおよびModulus R人工股関節の適応と臨床成績 [1][11]
関西ろうさい病院副院長
大園 健二
33.LS19 股関節の安定性における梨状筋の機能と役割 [13][11] Re
富山大学 整形外科学教室 診療教授
松下 功
34.LS20 医療経済的側面からみた前方進入法による人工股関節全置換術 [14][11]
船橋整形外科病院人工関節センター人工関節センター長
老沼 和弘
35.PL 大阪大学で培った股関節外科 [1][11]
阪大運動器医工学治療学寄附講座教授
菅野 伸彦
36.EL5 骨代謝と股関節疾患のかかわり [4][6]
岐阜大教授
秋山 治彦
EL5 病理・分子生物学からみた関節疾患の病態と治療法の開発
山形大教授
高木 理彰
(5)1演題1単位 (演題3),(演題8),(演題9),(演題10),(演題11),(演題12),(演題13),(演題14),(演題15),(演題19),(演題20),(演題21),(演題27),(演題28),(演題29),(演題30),(演題31),(演題32),(演題33),(演題34),(演題35)
2演題1単位 (演題1),(演題2),(演題4),(演題5),(演題6),(演題7),(演題16),(演題17),(演題18),(演題22),(演題23),(演題24),(演題25),(演題26),(演題36)
1日最高4単位まで、2日以上で6単位まで取得可
(6) 1単位1,000円
(7) 高尾 正樹
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2−2
大阪大学大学院医学系研究科運動器医工学治療学
(06-6879-3271)
(8) 認定番号15-2070, 27.7.23受付

2015.10.29
南大阪整形外科秋季セミナー(第1回)
(1) 中村 博亮
(2) 平成27年10月29日(木) 18:30〜20:30
(3) ホテル阪急インターナショナル(大阪府), 200名
(4)1.人工膝関節置換術における周術期total management 〜インプラント選択・出血疼痛対策における課題と展望〜 [1][12]
なにわ生野病院 整形外科統括部長
岡島 良明
2.腫瘍の特性と診断,治療 [1][5]
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 運動機能修復学講座 整形外科学 教授
小宮 節郎
(5)  1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 寺井 秀富
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8) 認定番号15-2058, 27.7.23受付

2015.10.24
南大阪骨折研究会(第40回)
(1) 中村 博亮
(2) 平成27年10月24日(土) 13:00〜18:00
(3) エコルテホール(大阪府), 200名
(4)1.骨盤骨折:急性期の治療戦略と手術加療 [2][11]
大阪市立総合医療センター救命救急部部長
宮市 功典
2.助骨助軟骨移植術による関節形成術ー上肢外傷例を中心にー [9][10]
慶応義塾大学医学部 整形外科学教室 専任講師
佐藤 和毅
(5)  1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 岡田 充弘
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8) 認定番号15-2015, 27.7.14受付

2015.10.24
(Re)堺市医師会整形外科医会(平成27年度第2回講演会)
(1) 田村 友彦
(2) 平成27年10月24日(土) 16:45〜18:45
(3) ホテル・アゴーラリージェンシー堺(大阪府), 80名
(4)1.股関節痛の鑑別疾患 [2][11] Re
大阪労災病院 整形外科 股関節外科部長
山村 在慶
2.ロボットリハビリテーション [1][13] Re
兵庫県立リハビリテーション中央病院 ロボットリハビリテーションセンター長 リハビリテーション科部長
陳 隆明
(5)  1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 田村 友彦
〒593-8322 大阪府堺市西区津久野町1丁8−12
医療法人 嘉祥会 田村外科
(072-273-1381)
(8) 認定番号15-2013, 27.7.12受付
2015.10.17
(R)(Re)大阪臨床整形外科医会(第279回研修会)
(1) 山本 哲
(2) 平成27年10月17日(土) 17:00〜19:50
(3) ウェスティンホテル大阪(大阪府), 250名
(4)1.痛風・高尿酸血症の最新知識 [1][6] R
東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター 客員教授・公益財団法人 痛風財団 理事長 鎌谷 直之
2.スポーツによるアキレス腱断裂とリハビリテーション ー保存療法を主としてー [2][12] Re
杏林大学整形外科 非常勤講師
林 光俊
(5)  1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6) 1単位1,000円
(7) 宮島 茂夫
〒573-0064 大阪府枚方市北中振3−23−15
みやしまリウマチ整形外科クリニック
(072-837-3100 内072-837-3100)
(8) 認定番号15-1972, 27.7.14受付

2015.10.17
(Re)秋季整形外科生涯研修コース(平成27年度)
(1) 吉川 秀樹
(2) 平成27年10月17日(土) 15:30〜19:00
(3) 梅田スカイタワーウェスト23F(大阪府), 100名
(4)1.腰椎変性疾患の治療戦略 [7]
大阪労災病院整形外科 部長
奥田 真也
転移性脊椎腫瘍の治療
国立病院機構大阪医療センター整形外科 医員
角永 茂樹
2.上肢のスポーツ外傷と障害 [13] Re
星ヶ丘医療センター整形外科 部長
栗山 幸治
膝蓋骨脱臼に対する対処・治療
関西労災病院 スポーツ整形外科 部長
鳥塚 之嘉
3.日本における国際医療の現状 [14]
阪大附属病院 未来医療開発部国際医療センター 特任講師
史 賢林
適正な保険診療と診療報酬請求について
社会保険診療報酬支払基金大阪支部:医療顧問
河井 秀夫
(5)  2演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3)
(6) 1単位1,000円
(7) 恵口 真奈
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2番2号
大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学整形外科
(06-6879-3552)
(8) 認定番号15-1957, 27.7.3受付

2015.10.15
(Re)天王寺運動器疾患治療フォーラム(第4回)
(1) 林田 賢治
(2) 平成27年10月15日(木) 19:00〜21:00
(3) ホテル ヴィアーレ大阪(大阪府), 200名
(4)変形性膝関節症における疼痛制御の現状と展望ー保存療法、人工関節周術期についてー[12][6] Re
医療法人社団あんしん会あんしん病院院長
水野 清典
(5)  1単位
(6) 1,000円
(7) 林田 賢治 〔参加事前申込・要〕
〒543-0035 大阪府大阪市天王寺区北山町10−31
大阪警察病院
(06-6771-6051 内06-6775-2838)
(8) 認定番号15-1769, 27.6.28受付

2015.10.14
(Re)大阪運動器疼痛治療セミナー(第2回)
(1) 中村 博亮
(2) 平成27年10月14日(水) 19:00〜20:30
(3) 大阪マリオット都ホテル(大阪府), 70名
(4)疼痛治療における最新の知見[1][8] Re
大阪医大麻酔科学教室教授
南 敏明
(5)  1単位
(6) 1,000円
(7) 中村 博亮
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(0666453851)
(8) 認定番号15-1759, 27.6.29受付

2015.10.10
(Re)おおさか脊椎カンファレンス病診連携会
(1) 寺井 秀富
(2) 平成27年10月10日(土) 16:00〜18:00
(3) ホテルグランヴィア大阪(大阪府), 200名
(4)1. 腰部脊柱管狭窄症の治療法[4][7] Re
淀川キリスト教病院 整形外科 医長
堂園 将
2. 骨形成促進剤としてのDailyPTH製剤 WeeklyPTH製剤は?
近畿大学医学部堺病院 整形外科 診療助教
伊東 靖宜
3. 患者視点からみた骨粗鬆症治療
井上病院 副院長
佐藤 宗彦
(5)  3演題2単位
(6) 1,000円
(7) 寺井 秀富
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8) 認定番号15-1919, 27.7.23受付

2015.10.8
(SS)Abeno Bone Anabolic Symposium (A-BAS)
(1) 中村 博亮
(2) 平成27年10月8日(木) 18:20〜20:15
(3) 大阪マリオット都ホテル(大阪府), 60名
(4)さまざまな脊柱変形の診断と治療[4][7] SS
北里大主任教授
高相 晶士
(5)  1単位
(6) 1,000円
(7) 中村 博亮
〒543-0031 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(0666453851)
(8) 認定番号15-1740, 27.6.26受付

2015.10.8
(R)Practical ECHO Seminar
(1) 乾 健太郎
(2) 平成27年10月8日(木) 19:00〜21:00
(3) スイスホテル南海大阪(大阪府), 50名
(4)リウマチ診療における関節超音波の有用性[1][6] R
横浜市立大学附属市民総合医療センター リウマチ膠原病センター 准教授
大野 滋
(5)  1単位
(6) 1,000円
(7) 乾 健太郎
〒558-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学
(06-6645-3984)
(8) 認定番号15-1899, 27.7.7受付

2015.10.3
大阪市立大学整形外科開業医会(市整会 学術文化講演会)
(1) 鳴嶋 眞人
(2) 平成27年10月3日(土) 16:15〜17:15
(3) 梅田スカイビル タワーウエスト22階(大阪府), 100名
(4)「分院」脊椎ケアセンターでの骨粗鬆性椎体骨折の治療[4][13]
和歌山県立医科大学附属病院紀北分院 院長
川上 守
(5)  1単位
(6) 2,000円
(7) 小竹 志郎 〔参加事前申込・要〕
〒631-0003 奈良県奈良県奈良市中登美が丘6−3−3
こたけ整形外科
(0742-52-7779)
(8) 認定番号15-1881, 27.7.10受付

2015.10.2
(S)(R)(SS)(Re)中部日本整形外科災害外科学会・学術集会(第125回)
(1) 大塚 隆信
(2) 平成27年10月2日(金)〜平成27年10月3日(土) 09:00〜18:00
(3) ウインクあいち(愛知県産業労働センター)(愛知県), 1000名
(4)1.多数回腰椎手術例の原因と対策-インフォームドコンセントをまじえて- [7] SS
医療法人社団我汝会えにわ病院整形外科副院長
佐藤 栄修
2.先天性股関節脱臼に対する手術的治療の変遷と最近の動向 [3][11]
千葉こどもとおとなの整形外科院長
亀ヶ谷 真琴
3.アスリートとスポーツ医学の関わりーオリンピックチャレンジの経験からー [2][4] S
明治国際医療大学客員教授
室伏 由佳
4.骨盤輪損傷:止血から適切な固定法選択までの考え方 [2][11]
帝京大救急科・外傷センター病院教授
新藤 正輝
5.非特異的腰痛に対する運動器疼痛症候論による治療戦略 [7][13] SS
山王整形クリニック院長
橋 弦
6.関節リウマチ患者のRA治療戦略ーMTXの使い方とBio製剤をどう使い分けるか?ー [1][6] R
香川大血液・免疫・呼吸器内科講師
土橋 浩章
7.訴訟事例からみた整形外科領域の適正診療について [14]
仁邦法律事務所弁護士
桑原 博道
8.慢性痛の課題から治療戦略へ [1][7]
島根大麻酔科教授
齊藤 洋司
9.大腿骨転子部骨折における内固定の選択と術中整復のコツ [2][11]
岡山医療センター整形外科医長
塩田 直史
10.運動器慢性疼痛患者の最新治療 -リハと認知行動療法の普及を目指して- [13][14] Re
新潟大学医歯学総合病院総合リハビリテーションセンター教授
木村 慎二
11.スポーツと睡眠障害ーオレキシン受容体拮抗薬を用いた治療戦略ー [1][2] S
早大スポーツ科学学術院教授
内田 直

12.変形性膝関節症の外科治療:特にUKAとTKAについて [6][12] R
近畿大学整形外科教授
赤木 將男
13.整形外科専門医の未来像 [14]
九大教授
岩本 幸英
14.数学から見た医数連携について [1]
京大数理解析研究所教授
森 重文
15.腰部脊柱管狭窄の様態と治療 [7] SS
福島医大教授
紺野 愼一
16.悪性骨腫瘍への新たな治療戦略 [5]
鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学教授
小宮 節郎
17.膝骨壊死の病態と治療 [6][12] R
横浜市立大学整形外科教授
齋藤 知行
18.骨粗鬆症の治療目標とその戦略:骨折連鎖を断つ [2][4]
新潟大教授
遠藤 直人
19.小児足部疾患の病態と治療 [3][12]
仙台赤十字病院整形外科副院長
北 純
20.スポーツに伴う膝関節軟骨傷害の病態と治療法の現状と課題 [2][12] S
島根大学医学部整形外科学教授
内尾 祐司
21.スポーツによる脊髄損傷と神経再生医療 [2][7] SS
札幌医科大学整形外科教授
山下 敏彦
22.『治療のゴール』を考える〜2ndBioをどのように選択するか〜 [1][6] R
聖隷浜松病院膠原病リウマチ内科部長
宮本 俊明
疾患活動性維持目的におけるゴリムマブの有用性
三重大学整形外科講師
若林 弘樹
23.TKA術後正座可能膝の生体内動態解析 [12][13] Re
大阪大学大学院運動器バイオマテリアル学准教授
冨田 哲也
CR型TKAで“正座膝”を得るための術式と動画紹介
総合大雄会病院人工関節センターセンター長
中根 邦雄
24.静脈血栓塞栓症:大いなる変貌を遂げた治療戦略 [1][12]
三重大循環器内科講師
山田 典一
25.見逃しやすい脊椎関節炎の診断と治療 [6][7] R
東京大学整形外科准教授
門野 夕峰
26.リスクマネジメントのための転倒・骨折防止 [13][14] Re
鳥取大保健学科教授
萩野 浩
27.顕微鏡下脊椎固定術 −All microscopic TLIF− [1][7] SS
名古屋市立西部医療センター整形外科部長
稻田 充
28.整形外科医のためのH. pylori関連疾患の治療と予防 [1]
音羽病院消化器病センター副院長
蘆田 潔
29.新しい国民病、慢性腎臓病(CKD):CKD患者における薬物療法の注意点 [1]
名古屋大学医学部CKD先進診療システム学寄附講座准教授
安田 宜成
30.中高年の肩関節疾患の診断と治療ーリバース型人工肩関節の位置づけー [6][9] R
船橋整形外科病院肩関節肘関節センターセンター長
菅谷 啓之
31.上肢外傷 最近のトピックス [2][10]
琉球大学整形外科教授
金谷 文則
32.3次救急と重度整形外傷と外傷整形外科医 [1][2]
福山市民病院整形外科科長
小川 健一
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4),(演題5),(演題6),(演題7),(演題8),(演題9),(演題10),(演題11),(演題12),(演題13),(演題14),(演題15),(演題16),(演題17),(演題18),(演題19),(演題20),(演題21),(演題24),(演題25),(演題26),(演題27),(演題28),(演題29),(演題30),(演題31),(演題32)
2演題1単位 (演題22),(演題23)
1日最高4単位まで、2日以上で6単位まで取得可
(6) 1単位1,000円
(7) 渡辺 裕一
〒460-0004 愛知県名古屋市中区新栄町2−13
株式会社コングレ中部支社
(052-950-3369)
(8) 認定番号15-1877, 27.7.31受付

2015.9.19
(Re)変形性膝関節症を考える会(第7回)
(1) 戸田 佳孝
(2) 平成27年9月19日(土) 17:30〜19:00
(3) 千里ライフサイエンスセンタービル(大阪府), 30名
(4) 膝の痛みを切らないで治すために〜寿命まで元氣に生きて、ポックリ向こうへ行くために〜[13] Re
湘南鎌倉総合病院 人工関節センター センター長
巽 一郎
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 大坪 睦
〒564-0051 大阪府吹田市豊津町14−1 ブレスビル5F
戸田リウマチ科クリニック
(06-6387-4114)
(8) 認定番号15-1623, 27.6.15受付

2015.9.12

(S)(R)(Re)大阪臨床整形外科医会(ロコモ対策「運動器疾患/骨・関節フォーラム」大阪会場

(1) 山本 哲
(2) 平成27年9月12日(土) 16:00〜19:10
(3) コングレコンベンションセンター(大阪府), 250名
(4) 1. 整形外科医が診る関節リウマチ治療の実践 [6][12] R
国立病院機構 大阪南医療センター 整形外科
南平 昭豪
2. 手と手関節の超音波診療ー最近の話題と取り組みー [8][10] S
奈良医大助教
仲西 康顕
3. 骨の生体イメージングで明らかになった骨代謝ダイナミクス研究の新展開 [1][4] Re
阪大生命機能研究科免疫細胞生物学教授
石井 優
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3)
(6) 1単位1,000円
(7) 宮島 茂夫
〒573-0064 大阪府枚方市北中振3−23−15
みやしまリウマチ整形外科クリニック
(072-837-3100 内072-837-3100)
(8) 認定番号15-1449, 27.5.27受付

2015.9.11
(S)(SS)(Re)日本整形外科スポーツ医学会学術集会(第41回)
(1) 久保 俊一
(2) 平成27年9月11日(金)〜平成27年9月12日(土) 09:00〜17:00
(3) ウェスティン都ホテル京都(京都府), 1500名
(4) 1. 手関節周囲スポーツ損傷の診断と治療 [2][10] S
弘前大附属病院院長
藤 哲
2. 整形外科医にも必要なドーピング防止の知識 [1][14] S
埼玉県立大学教授
橋 邦泰
3. Hip arthroscopy for extra-articular hip disease [2][11] S
Department of Orthopaedic Surgery, Chungnam National University School of Medicine, Daejeon, Korea
Hwang Deuk-Soo
4. スポーツ整形外科における画像診断のポイント [1][2] S
宮崎大教授
帖佐 悦男
5. 2020東京オリンピック・パラリンピックとスポーツ医学 [2] S
国立スポーツ科学センターセンター長
川原 貴
6. Management of Ankle Osteoarthritis [2][12] S
Department of Orthopaedics and Traumatology of the Pain Clinic, Basel
Valderrabano Victor
7. アスリートにおけるgroin pain(股関節部痛を含む)の診断 [2][11] S
川崎医大教授
三谷 茂
8. アスリートの肩関節外傷・障害の特徴とその対処法 [2][9] S
船橋整形外科病院肩関節・肘関節センターセンター長
菅谷 啓之
9. 足・足関節におけるスポーツ傷害の診断と治療 [2][12] S
奈良医大教授
田中 康仁
10. スポーツにおける頚部傷害 発生機序と予防対策 [2][7] SS
早稲田大スポーツ科学学術院教授
金岡 恒治
11. スポーツと腰椎分離症:フィールド復帰のための方程式 [2][7] SS
徳島大教授
西良 浩一
12. 身体能力の客観的評価および移植腱の血行動態を基盤とした競技復帰へのリハビリテーション [12][13] Re
京都鞍馬口医療センタースポーツ整形センター長
原 邦夫
13. 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けたスポーツドクターの役割 [14] S
国立スポーツ科学センター主任研究員
奥脇 透
14. 前十字靭帯再建術:スポーツパフォーマンスの向上と再損傷予防 [2][12] S
医科歯科大教授
宗田 大
15. グロインペインの診断と治療・予防(MRIによる新たな病態解明への進歩の可能性) [2][11] S
JIN整形外科クリニック院長
仁賀 定雄
16. スポーツ選手における半月板損傷の治療戦略 [2][12] S
弘前大教授
石橋 恭之
17. スポーツに伴う膝関節軟骨傷害の病態と治療 [2][12] S
島根大教授
内尾 祐司
18. ハイパフォーマンスアスリートに対するメディカルサポート: 競技復帰(RTP)、アスリートの外傷や障害の予防(IP)、ハイパフォーマンス(HP)のミッションとHealth Care Provider連携 [2][14] S
阪大教授
中田 研
19. スポーツによる手・手関節の外傷・障害 [2][10] S
琉球大教授
金谷 文則
20. リハビリテーションロボットの開発 [1][13] Re
藤田保健衛生大学教授
才藤 栄一
21. チームワークとコミュニケーション [14]
プロサッカー指導者
佐々木 則夫
(5) 1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4),(演題5),(演題6),(演題7),(演題8),(演題9),(演題10),(演題11),(演題12),(演題13),(演題14),(演題15),(演題16),(演題17),(演題18),(演題19),(演題20),(演題21)
1日最高4単位まで、2日以上で6単位まで取得可
(6) 1単位1,000円
(7) 三川 圭祐
〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町3−6−13
株式会社コングレ
(06-6229-2555)
(8) 認定番号15-1565, 27.6.23受付
2015.9.5
(SS)おおさか脊椎カンファレンス(第3回)
(1) 寺井 秀富
(2) 平成27年9月5日(土) 14:55〜19:00
(3) ホテルモントレグラスミア大阪(大阪府), 200名
(4) 顕微鏡視下脊椎・脊髄手術のコツとPitfall[7][8] SS
安佐市民病院整形外科部長
藤原 靖
(5) 1単位
(6) 1,000円
(7) 寺井 秀富
〒545-8585 大阪府大阪市阿倍野区旭町1−4−3
大阪市立大学大学院医学研究科整形外科
(06-6645-3851 内3851)
(8) 認定番号15-1546, 27.6.16受付

2015.8.29
(Re)なみはや整形外傷21世紀フォーラム(第29回)
(1)佐々木 健陽
(2)平成27年8月29日(土) 13:00〜19:00
(3)帝人ビル 2階会議室(大阪府), 100名
(4)1.よくわかる髄内釘の基礎 [2][13] Re
済生会千里病院 整形外科部長 兼 リハビリテーション科部長   安原 良典
2.大腿骨遠位部骨折 〜髄内釘治療のアップデート〜 [2][12]
岡山大講師   野田 知之
3.上腕骨近位端骨折に対する髄内釘治療法 〜手術成功のための秘訣〜 [2][9]
順天堂大学医学部附属 静岡病院  准教授  最上 敦彦
4.外傷治療 〜難治例、経過不良例から学ぶ〜 [2][14] Re
兵庫県立西宮病院 整形外科 部長   正田 悦朗
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3),(演題4)
(6)1単位1,000円
(7)坂中 秀樹
〒590-0024 大阪府堺市堺区向陵中町4−2−10
清恵会病院 (072-251-8199)
(8)認定番号15-1355, 27.5.8受付

2015.8.29
(S)(R)(Re)近整会夏期研究会(第24回)
(1)赤木 將男(2)平成27年8月29日(土) 14:45〜18:20
(3)ホテルリバティプラザ(大阪府), 150名
(4)1.股関節の機能解剖と股関節手術のコツ [1][11] Re
鹿児島大教授  小宮 節郎
2.RA荷重関節破壊阻止を目指したTNF阻害療法 [6][13] R
富山大附属病院整形外科・リハビリテーション部准教授  松下 功
3.難治性上腕骨外側上顆炎の病態と治療 [9][2] S
聖マ医大名誉教授  別府 諸兄
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2),(演題3)
(6)1単位1,000円
(7)赤木 將男
〒589-8511 大阪府大阪狭山市大野東377−2
近畿大学医学部整形外科学教室
(072-366-0221 内3212)
(8)認定番号15-1222, 27.4.15受付
※ 備考
お知らせ:会の都合により会場に変更がございます。変更前:ホテル第一堺⇒変更後:ホテルリバティプラザ 大阪府堺市堺区翁橋1-1-17(2015.6.15.)

2015.8.29
(Re)大阪整形外科症例検討会(第49回)
(1)上田 孝文
(2)平成27年8月29日(土) 15:00〜18:00
(3)浜フォーラム(大阪府), 50名
(4)関節リウマチの疼痛コントロールー痛みゼロを目指してー[6][13] Re
大阪市立総合医療センター整形外科医長    多田 昌弘
(5)1単位
(6)1,000円
(7)上田 孝文
〒543-8555 大阪府中央区法円坂2−1−14
国立病院機構大阪医療センター  (06-6942-1331)
(8)認定番号15-1358, 27.5.13受付

2015.8.26
(R)都島リバーサイドフォーラム(第1回)
(1)日高 典昭
(2)平成27年8月26日(水) 19:00〜21:00
(3)帝国ホテル大阪(大阪府), 50名
(4)1.関節エコーでリウマチの診療がどう変わるか? [6][1] R
大阪市大講師   岡野 匡志
関節リウマチ患者の腎障害に注意しよう
大阪市立総合医療センター腎臓・高血圧内科医長  濱田 真宏
2.関節リウマチと骨粗鬆症のインタラクション [6][4] R
大阪市立総合医療センター医長   多田 昌弘
(5)1演題1単位 (演題2)
2演題1単位 (演題1)
(6)1単位1,000円
(7)日高 典昭
〒534-0021 大阪府大阪市都島区都島本通2−13−22
大阪市立総合医療センター (06-6929-1221)
(8)認定番号15-1329, 27.5.25受付

2015.8.22
(R)(Re)大阪臨床整形外科医会(第277回研修会)
(1)山本 哲
(2)平成27年8月22日(土) 16:30〜19:20
(3)ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪府), 250名
(4)1.骨粗鬆症治療薬の適切な使い分けーUpdateー [1][4] R
独立行政法人地域医療機能推進機構東京新宿メディカルセンター
脊椎脊髄センターセンター長   川口 浩
2.整形外科領域の超音波ガイド下伝達麻酔 [2][10] Re
奈良医大臨床研修センター助教  仲西 康顕
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)宮島 茂夫
〒573-0064 大阪府枚方市北中振3−23−15
みやしまリウマチ整形外科クリニック
(072-837-3100 内072-837-3100)
(8)認定番号15-1315, 27.5.19受付

2015.8.8
(SS)(Re)大阪臨床整形外科医会(OCOA特別研修会 第4回疼痛・ロコモフォーラム)
(1)山本 哲
(2)平成27年8月8日(土) 17:00〜19:45
(3)リーガロイヤルホテル(大阪府), 200名
(4)1.失敗しない慢性疼痛の薬物療法 [7][12] SS
獨協医大麻酔科学講座主任教授  山口 重樹
2.新たに公表されたロコモの臨床判断値の根拠と意味 [1][13] Re
NTT東日本病院整形外科主任医長  大江 隆史
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)宮島 茂夫
〒573-0064 大阪府枚方市北中振3−23−15
みやしまリウマチ整形外科クリニック
(072-837-3100 内072-837-3100)
(8)認定番号15-1282, 27.5.2受付

2015.8.8
(R)大阪リウマチカンファレンス(第35回)
(1)村田 紀和
(2)平成27年8月8日(土) 14:30〜17:00
(3)北浜フォーラム(大阪府), 120名
(4)1.添付文書に関する医師の注意義務(抗リウマチ薬の事例も含て) [14][6] R
弁護士 渡辺 直大
2.関節リウマチにおける骨粗鬆症とその対策 [4][7] R
近畿大奈良病院整形外科・リウマチ科教授   宗圓 聰
(5)1演題1単位 (演題1),(演題2)
(6)1単位1,000円
(7)村田 紀和 〔参加事前申込・要〕
〒530-0021 大阪府大阪市北区浮田2−2−3
医療法人行岡医学研究会 行岡病院リウマチ科
(06-6371-9921)
(8)認定番号15-1181, 27.4.15受付

2015.8.1
(S)近畿足の外科症例検討会(第26回)
(1)神崎 至幸
(2)平成27年8月1日(土) 15:00〜18:30
(3)天満研修センター 9階イベントホール(大阪府), 200名
(4)スポーツによる足関節インピンジメント症候群−病態と治療− [2][12] S
大阪医大講師
安田 稔人
(5)1単位
(6)1,000円
(7)神崎 至幸
〒650-0017 兵庫県神戸市中央区楠町7−5−1
神戸大学医学部整形外科
(078-382-5985)
(8)認定番号15-0915, 27.3.9受付

2015.8.1
OCUM整形勤務医会
(1)高見 勝次
(2)平成27年8月1日(土) 16:00〜18:30
(3)大阪新阪急ホテル(大阪府), 150名
(4)1.人工膝関節置換術におけるGap計測の役割 [1][12]
大阪市立総合医療センター医長   松井 嘉男
ACL2重束再建術の有用性・限界、そして次の治療戦略
島田病院医長  富原 朋弘
2.TFCC損傷−内視鏡治療の問題点− [2][10]
近畿大教授  柿木 良介
(5)1演題1単位 (演題2)
2演題1単位 (演題1)
(6)1単位1,000円
(7)坂中 秀樹
〒590-0024 大阪府堺市堺区向陵中町4−2−10
清恵会病院(072-251-8199)
(8)認定番号15-1146, 27.4.15受付

[編集]
CGI-design